失う恐怖とずるい気持ち

TitleDPNY.jpg 

***

カールくんとよく会っている。
一緒にいて楽しい反面、恐怖もある。

彼がデートの相手と本格的に付き合うようになり、
女の友達の私なんてどうでもよくなる日がカールくんにやって来る恐怖である。
友達といるよりは好きな相手と一緒にいたいのはよーく分かる。
今の私は好きな人はいなし、カールくんと一緒に過ごすのが一番の楽しみなのだが、
それが消滅してしまう恐怖である。

幸せな日々が永遠に続かないことは嫌という程、経験してきた。

***

ストレートのラテン系の男性からテキストが来た。
「ボクのテキストに返事もくれないということはボクとは友達になりたくないということですね?」
そう言われて、無視するか、「はい、そーです!!」とはっきりと言えずに、「そんなことはありませ〜ん。会いたいのですが、忙しくて会う時間がないのです。時間ができたら連絡します!ちょっと待っていてください」と少々下手に出る返事を送ってしまった。

本当は連絡なんて絶対したくないし、会いたくもないのだが、「会いたい」と言ってくれるストレートの男性をキープしておきたいずるい気持ちがわき起こったからだ。

***

ゲイ友カールくんを失う恐怖で、ストレートの男性をキープ。
しかし、ストレートの男性はゲイ友を失った場合の心の穴埋めには決してならない。

まだまだカールくんと私の友情蜜月は続いているというのに
私はなぜこんなに心配していのだろう。

彼といてとても幸せだからだ。
幸せに慣れていない私は怖いのだ。

***

***

失う恐怖とずるい気持ち」への8件のフィードバック

  1. やっぱり存在しないのかな~。妥協したりとかしなきゃいけないのかな。月日が経つにつれて人の気持ちも変わりゆくし。
    だけど私の知人に一人ほんとに愛されてる人がいるんです!結婚するまでも子供ができてもう大学生なのに、それでも君のことが大好きなんだ~って。子供がよく「お父さんいい加減お母さんを解放してあげなよ。」って言うらしいです(笑)

    • momoたん

      前回では、ネガティヴに書きましたが、「あなたじゃなきゃダメ!」「momoたんじゃなきゃダメ!」という人に出会えるはずです!!願えば叶うと私は信じているので、出会いたいと思えば、ぴろぴろーんといつの日か現れるはずです!

      出現したら、ご報告待ってまぁ~す!

  2. 色々あって、とりあえず「絶対」ということはないのかなと思ってるので、めぐたんの気持ちよく分かります。
    自分の気持も変わっていくし、相手の気持も変わっていく。永遠に楽しい瞬間は続きませんよね。
    めぐたんじゃなきゃダメなんだ!momoたんじゃなきゃダメなんだ~!っていう素敵な人(もちろんゲイメン含む)が現れるかもしれません!

    • momoちゃま

      そーゆー人って現れるのかなぁ~?と思います。
      それに、そーゆー風に思える人、この世に存在するのかな?
      そーゆー風に絶対思えない人ばかりです。
      でも、ゲイ友は、「あなた達しかいない」って思えます!

  3. 幸せなのに不安なのは幸せに慣れていないから・・・

    うわぁ、私もです。すごい良くわかってしまう。
    ずっと続くはずがないと思ってその時間を過ごすのです。
    切ないですよね。

    恵さんの幸せが続きますように。

    キープは悪いことではありませんよ。

    • Coppeさん

      そーなんですよね~。
      ずっと続くはずがないって分かっているこの気持ち・・・
      過去はどうだったかなぁ~と過去のデータベースから引き出して
      思い出して対処法を取ろうと思っています(笑)

      キープはOKということで、安心しました!

  4. 僕も仲良しの友達が恋人に夢中になるとすごく胸が苦しくなります。
    僕自身恋人に夢中!!ってあんまりならず、あぁ、そういやぁいたなぁ。程度にいつもなってしまうので、いっつも一緒に遊んでいる子が恋人できるとその恋人にやきもちを焼き、僕の方が君より友達の事100倍好きだ!と言い張ります。笑 恋人と言う関係にはいつか終わりが来るけれど、友達と言う関係はずーっとそばにあるからそういう点友達と言うのは良いものだなぁ。と思います。

    • 誠次さん

      仲良しの友達に恋人ができて、つれなくされるって、悲しいもんですよね~。
      分かっていただき嬉しいです。
      ゲイガイズは恋人だったけど別れて、それから友達になってずっと仲良くしていることが多々あるようですが、それはストレートの世界には余りないことなので羨ましいぃ~なと思います。

コメントは受け付けていません。