演技をする。

TitleDPNY.jpg 

***

カールくんのお母さんとブランチではなくディナーを共にした。
他にも、カールくんのデートの相手、カールくんの友達の精神科医ゲイカップルも来た。
合計6人で食事をした。

カールくんのお母さんはこっそりカールくんに「どうして他の男の子達は女の子を連れて来ないの?
女の子を連れて来たのはアナタだけね〜」と質問したらしい。
カールくんは余計なことは言わず、「分からない」とだけ答えたそうだ。

ゲイの精神科医カップルとカールくん達と最近一緒に遊ぶことが多いのだが、
精神科医はやさしい眼差しの白人男性で、物腰も柔らかく、185cmの長身で
「お願いですから、恋人に!妻にしてください」とお願いしたくなる思いっきり私のタイプである。

カールくんは参加者全員にGAYのGの字も口にしてはいけない箝口令を出していた。
しかし、精神科医カップルが無意識に食べ物をシェアできたりするのは友達以上を思わせる行動だし、
隣同士に座り、しかも男同士なのに太ももが密着しているのも端から見たら、
ゲイ・カップルなのは明らかで、私はひとりでハラハラしてしまった。

***

ところで、カールくんとお母さんは非常に仲が良く、
「カールの弟は冗談も通じないシリアスタイプなのに、誰に似たのか、この子は本当に面白いのよ〜」
と言っていたのが印象的だった。

ルームメイト氏のお母さんが「ゲイボーイズはきれいよね〜」と言っていたのも思い出す。
美しい息子と3人の美青年に囲まれ、お母さんは幸せだったに違いない。

もし私に息子がいて、しかも私の息子は美しいゲイで、息子の友達も美しいゲイガイズで、
家に遊びに来たり、一緒に外食したり・・・とカールくんのお母さんに自分を投影させて、
妄想の世界に入ってしまった。

きゃぁ〜〜〜〜。

***

カールくんのお母さんは私に何も質問しなかった。
いろいろ突っ込まれるかと思ったが。

でも、私の名前を会ったときから呼んでくれた。
それはカールくんが私のことをお母さんに話している証拠だ。
うっげっ、カジュアル・セックス・パートナーと思われているんだろうなぁ〜。

***

いきなりですが、妄想の世界に突入!

「この泥棒ネコ!私の息子をたぶらかして〜。年上のくせにーーー」とお母さんに責められる。
「たぶらかしていないです。だってアナタの息子は・・・」と真実が喉から出そうになるが、
うつむき、何も反論せず、黙ったまま。
顔は斜め横。

激高したお母さんは、「何か言いなさいよ〜」と叫び、私に平手打ちをお見舞いをする。
私は叩かれた頬を手でさすりながら、
「実は、私のこのお腹の中にはカールくんの赤ちゃんが・・・」と告白。

なんていうのはどう?

こんな展開も面白いのになぁー。

***

私は精神科医にこっそり「カールくんは私のことをカジュアル・セックス・パートナーと言ったらしいのよ。
カジュアル・セックス・パートナーはあっちなのに」とカールくんのデートの相手を見る。
精神科医はくすくす笑った。

***

食事が終わり、レストランを出ると、精神科医カップルの友達が外で待っていた。
待ち合わせをしたらしい。
その友達が思いっきりのゲイだった。
つまり、なよーなよーしていて、ポースがいちいちしなるおネエ系だったのだ。

精神科医は「ゲイであることを隠すように言うのを忘れた。こ、こ、これじゃ、カールのママにばれちゃうね」
と焦っていたが、カールくんのお母さんは普通に挨拶していた。
ドラマのエピソードになりそうな「オチ」つきだった。

カールくんのお母さんとカールくんはタクシーに乗って親子で仲良く帰っていた。
別れ際に、私はお母さんとハグした。

私のカジュアル・セックス・パートナーの役は終了!!
ゲイ友もストレートの役を終了!

果たして私たちは、助演女優賞そして助演男優賞はもらえるだろうか?

私たちはゲイバーに向かった(笑)。

***

息子がゲイであろうが、ストレートであろうが、健康に育ち、自分で稼ぐようになり、
社会的にも自立していることは親としてはこの上なく嬉しいことなんだろうなぁとカール親子を見て思った。

しかし、私は自然に妊娠することは不可能なので、息子も娘も我が子を持つことはないと思われるが、
子供がいるということは生きる力をもらうことなんだろうなぁと思った。

子供欲しいなぁ〜。
母になりたいなぁ〜。

***

今日、子宮体癌の検査結果が出た!
医師から電話が掛かってきて、「異常なし」と言われた。
「イェーーーーイ」と叫んでしまった。
痛い検査だった。
これから何の検査もしなくていいのだと思うとほっとした。

でも、子宮頸癌の方は、必ず4ヶ月後に検査に来てくださいとは言われた。
軽度の細胞異常の現在、癌化しない確立は85%。
自然に消えてしまうらしいので、ウィルスに負けない免疫力をつけるのが今後の課題であ〜る。

***

演技をする。」への20件のフィードバック

  1. 検査結果が何よりです!!
    先日わたしは25になりましたが、どうも足腰がいきなりずどーんと弱くなりまして、やばいなーって連日悩んでます(まじでまじで

    今回の日記、大笑いして読みました。ゲイの方たちがストレートを演じるって想像できないです。私が行ってた高校では90%以上がゲイボーイズだったので未だにストレートの男の子には慣れずにいます↓

    • roiさん

      你好!
      roiさんの行っていた高校の90%以上がゲイボーイズ!?
      おおおお〜〜!
      すごいですね!
      どんな高校だったのでしょうか? 気になります。
      アート系の学校かな?

      まだ25歳!!!
      でも、25歳は体調が変わる歳でした。
      ちょっと大変だったことを思い出しました!
      お気を付けてください!!
      あっ、私はFOREVER21でした・・・おほほほほ〜(汗)

  2. はじめまして!
    ゲイの友達に勧められてblog拝見しました(´ 口` )
    タイトル通り、恵さんのDEEPなLIFE in NY、ハマっちゃいます♪

    僕は2年ほど前にNY3ヶ月滞在していたんですが、チェルシーとか全然行かず、今となって悔やんでいます。。。(笑)
    友達がNYかなり行きたがってて、恵さんに会いたいと言っています(笑)

    • Yoheyさん

      はじめまして!
      私に会いたいと言ってくれているゲイ友の方がいらっしゃるんですね〜。感激です!感涙です!

      お友達とニューヨークにいらっしゃるときはぜひご連絡ください。
      チェルシーに行きましょう!

  3. 検査結果が良くてよかったですね!
    私も花粉症がどうやらましになったようなので
    今日は久しぶりに晴れたので窓全開でお掃除しました(^○^)

  4. こんばんは!
    はじめて書き込みさせていただきます。日本在住の女性です。
    昨日メールもさせていただいたのですが5/23からNYに
    ゲイ友達と2人で行く予定なのですがもしめぐみさんが
    お暇でしたら私達とNYのゲイバーに行っていただきたいのですが。
    もし可能でしたらお返事お待ちしております。

    • tamaさん

      こんにちは!
      メールいただきまして返信しました。

      同じく23日から私は日本に帰国します!
      ごめんなさい!ゲイバーツアコンとしてご一緒したかったのですが、
      日本にいます。

      今度、いらっしゃる時には。

      ニューヨーク!楽しんでください!
      防犯にも気を付けて!特にバック!

  5. ゲイとバレてはいけないのに三人のゲイメンを呼ぶのはなぜ?
    カール君、面白いですねえ。

    異常なしの結果でよかったですね。
    安心しました。
    免疫力アップにクランベリージュースがよいそうですよ。
    (あっ、でもアレルギーでちゃうかな?)

    • Coppeさん

      お母さんにゲイであることは言えないけど、自分と仲良くしている友達を紹介したい気持ちで連れて来たのと思います。

      クランベリージュースは膀胱炎になった時もいいって聞きました。
      試してみたいと思います。

      ご心配ありがとうごおざいました。

  6. 検査の結果が良くてよかったですー。ほっ。^^
    身体の抵抗力を上げるのに「笑う」って良かったと思うので、適度にwお酒も楽しんで、ゲイ友つくりに邁進してくださーい!

  7. 検査の結果、良かったですねーーー!!!

    ストレスってひとによって全然違うから一概にはいえないですよね。
    お酒をあびるほど飲んだほうがへんに我慢するよりよっぽどストレスなしって人もいるだろうし、
    私は全くお酒が飲めないので「毎日健康の為に飲むこと」なんて言われても
    絶対守れませんw

    あ~ でもホントによかったですねーーー !!! =)

    • どりこさん

      ご心配ありがとうございます。

      ストレス解消法も人それぞれという事ですね〜。
      どりこさんにとってお酒は毒以外の何ものでもないんですもんね。

  8. 検査結果、本当に良かったです!!
    結果が出るまでは、本当に気になってしまい・・・。

    私も人の事は言えませんが、お互いになるべく規則正しい生活リズムと食生活を心懸け、免役を高めていきたいですね(^_^;)

    まずは・・・野菜を沢山取れる食事を作ろうと思います。

  9. ちょっと飛ばし読みをしてしまい、「妄想」とは知らずに妄想部分を読んでビックラこきましたw。
    でも、その妄想、オモシロイですし、ありえなくもない展開ですよね。
    たまに米国ドラマ「アグリー・ベティ」の再放送を見ているんですが、少しだけ似たようなシチュエーションを描いたエピソードがありました。ゲイの男性がゲイであることをずっと母親に隠していたんですが、遂にカミングアウト。しかし母親はゲイのことをswishyという軽蔑的(?)言葉で表現するくらいゲイ嫌い。結局、そのエピソード内ではお互い理解し合えなかったという、ちょっと悲しい結末でした。いろんなケースがあるでしょうが、なんか・・・難しいですね。

    検査結果、良かったですね!引き続き、お体ご自愛ください。

    PS
    小生の場合、バレエダンサーが穿くタイツやスポーツ選手が穿くスパンデックスには興味あるんですが、光沢があるラバーやラテックスにはほとんど興味がないんですよね~。 ただ、ラバー系やラテックス系のコスチューム姿のSM女王様を見るとゾクゾクドキドキしてしまいますw

    • Blue-Spiderさん

      「アグリー・ベティー」のエピソードでそいうことがあったのですね。息子と一緒にゲイバーに行く母親もいますが、宗教観も絡んでいたりしてなかなか難しいのかもしれませんね〜。

      ラテックス系は女性に萌え〜なんですね。
      タイツ系や全身タイツを着用するには体が締まっていないと
      お笑い系になってしまうので素敵に見せるのは大変ですよね。

コメントは受け付けていません。