4

いよいよニューヨークでも!

TitleDPNY.jpg 

***

朝はいつもニューヨークのパブリック・ラジオ放送を聴いている。
テレビだと観ないといけない気になってしまうが、ラジオは聴きながら他のことができるので
ラジオは好きなのである。

そのニュースで、今日ニューヨーク州知事デビット・パターソンが「同性婚」の議案を提出するというのが伝えられた。
2007年に議案提出は破棄されたが、再挑戦するという。

***

全米の大都市を全部行ったわけではないが、ニューヨークほどゲイの街は見たことがない。
ロサンジェルスよりも、それこそサンフランシスコよりもゲイ・ゲイ・ゲイの街だ。
ロサンジェルスのゲイ・プライド・パレードとニューヨークのゲイ・パレードの規模を比較すれば、ロサンジェルスはニューヨークには勝てない。

ゲイバーだけではない!
ブロードウェイにファッション・インダストリーに美術館にアートギャラリーに、ファンシーなレストラン!
ゲイガイズが心をときめかすものがたくさんあるニューヨーク。

ゲイがキラキラ輝き、ストレートの男が肩身の狭い街、それがニューヨーク。

しかし、どこの州よりも同性婚が合法化されるべきであるゲイ・エレメントがたくさんあるニューヨークだが、調査によると、ニューヨーク州民のゲイ同士の結婚については・・・

ゲイの結婚賛成 41%
CIVIL UNIONのみで結婚は認めない 33%
合法化すべきではない 19%

という結果で、賛成が大多数を占めていないのが現実だ。

ニューヨーク市では同性婚はOKだが、州レベルになるとまだまだ保守的なのかもしれない。

***

アイオア州で同性婚が合法化されたのに、遅れを取っているニューヨーク。
日本で例えるのならば、福島県で同性婚が認められたのにもかかわらず、
東京都議会では議案提出を恐れている。
あんなド田舎の福島県ですら、同性婚がOKなのに大都会のクールな東京でしかも新宿二丁目を擁する東京で否決されたら・・・?

今後のゲイ権利運動が暗礁に乗り上げてしまう。
という否決だったらの恐怖感があるのだと思う。

***

ところで、パターソン州知事は、黒人で盲目だ。
買春がばれてしまった(好色)エリオット・スピッツァー氏が知事が辞任したことより、
副知事だった彼が昨年知事に就任した。

「ゲイとレズビアンのCivil Unionのゲイカップルが(ニューヨークは州はCivil Unionを認めていないはずだが、この点は不明)結婚していないという理由で、パートナーを健康保険に加入するのを断られたりしているのが1,000件以上ある。民法の元で、みんな平和に幸せに暮らす権利がある。同性婚について最初の一歩を喜んで踏み出すのは誰か? それは私しかいない!!」とパターソン知事のコメントが新聞の記事に掲載されていた。

large_paterson2
パターソン州知事は、黒人で盲目だ。