取り残されて・・・。

TitleDPNY.jpg 

***

カールくんのお友達のフランクがLAから再びニューヨークに遊びに来たのも重なって、この週末、ゲイガイズとのパーティー、ゲイバー・ホッピングに、ゲイ・ガイズ・ブランチX2, ゲイガイズとディナーX2、そしてゲイだけでなくストレートのパーティーにも行き、
休む暇なく、昼夜と食べて朝まで連日飲んだ。

***

ところで、フランクは前回ほど「やりたい」オーラを出していない。
パーティーで全くノリノリではなかった。

前回はずっとi phoneテキストしまくって、オンラインで一夜の相手を探していた。

「どうしたの?」
と質問してみる。
全く様子が違うから心配した。
つまらいなのだろうか。

「元彼が戻っておいでって言っていて、戻ろうかなぁと思っている。だから、あんまり遊ぶ気持ちになれないんだ」とフランク。
そういうことなのか。
自分から嫌いになったわけではなく捨てられたわけで、彼のことは忘れられずまだまだだ大好きなのだ。
遊ぶ気が全くない態度でフランクの気持ちが分かった。

カールくんは「絶対また同じをことをするよ。こういうことは続くよ」とフランクが元の彼に戻ることは賛成ではない。

私は戻りたければ戻ればいいと思う。
例え、また彼が他の男を好きになって、フランクが再び家を出て行かなければならなかったとしても(お家は彼氏の名義)。
他人が止めさせようとしても人の気持ちは変えられない。
フランクが完全に元彼の想いを断ち切れるような状況にならない限り、フランクが彼以上に好きになる男性に出会わない限り、フランクは浮気した元彼への所に戻りたいと思うはずだ。

***

カールくんは、カールくんでスウェーデン人のデートの相手のことを「正式にボーイフレンド」として受け入れることをスウェーデン人の彼に言うと言っていた。
もう周囲は付き合っている2人とみている状況である。
スウェーデン人の彼はみんなに「ボクのボーイフレンドです」とカールのことを紹介しているが、カールくんはボーイフレンドとしてコミットできずにいた。

スウェーデン人の彼は大騒ぎするカールくんを「うっとうしい奴!」なんて思わず、
「子供ぽっくって、なんてかわいくて、面白い人なんだ!」と暖かい目で見ている。

自分にない陽の部分を持っているまさに暖かい土地のカリフォルニア生まれのカールくんのことが好きな寒い出身のスウェーデン人の彼は大人しく、物静かで、大酒を飲んで騒ぐタイプではなので、パーティーの場合は物足りない感じもするが、
羽目は外さず、安定志向だし、それに浮気はしないと思う。
恋人いうよりは「夫」に最適なタイプである。

カールくんは「別れるのは辛くて心が痛いことだから、コミットしないで、楽しくしていたかったけど、ボーイフレンドを持つことは、愛情もたくさん相手に注げるし、また相手からたくさんもらえるし、かけがえのない素晴らしいことだから・・・」と神妙な顔で言う。

***

イースト・ビレッジ系のゲイ友ビルも「知り合って1年になるラテン系の男の子がいるんだけど、セックスだけじゃなく付き合うことに決めたんだ。
今度紹介するよ」とボーイフレンド宣言!

***

ストレートだけのパーティーもカップルばっかりで、非常に退屈してしまった。
お互いの家族に会った話や彼の好きな自分の料理の話など、あくびが出そうだった。

そんな退屈な話を聞けたのも「私にはシングル・バリバリのゲイ友がいるわ!」と彼らが私の心の支えになっていたのは事実だ。
私の仲の良いゲイ友はみんな「リレーションシップ」(恋愛関係)に入ってしまった・・・。

***

遅い春が訪れるニューヨークにも春の兆しを感じる今日この頃。
つがいの季節!
発情の季節!
交尾の季節!

でも、でも、北風が私の心の中に吹くのはなぜ?

でも、でも、「リレーションシップ」(恋愛関係)にない、ストレート女と遊んでくれるゲイガイズとの出会いを求めて今年の目標「ゲイ友100人」の旅は諦めない。
続行であ~る。

取り残されて・・・。」への10件のフィードバック

  1. 誠次さん

    東京はニューヨークより大都会だと私も思います。それに東京はまぶしいくらいピカピカしているし、規模が違う。東京は世界一の都会ではないかと思います。上海に行ったことがないので分かりませんが。ニューヨークは古くてあちらこちら壊れています。地下鉄もラットが走っている恐ろしいところです(笑)。汚いし。
    そこがI LOVE NEW YORKなんですけどね。

    ジェイク・ギレンホール・・・ブロークバック・マウンテンズですね~。私はヒースの方が好みです。パートナーさん、夏には床で!冷房が効き過ぎて寒い場合はベッドに戻れるのでしょうか? 

    ところで、ESCOクラブはラティーノ系のゲイクラブです。ラティーノはセクシーだとは思うのですが、心がそれほどときめかないので行ったことがありません。

    近所のゲイバーにはムキムキ系のGO-GO MENが踊っているので、
    ご案内しますよ!きっと虜になるはずです。
    私のゲイ友もたまらない!と言っておりましたので。

  2. 夏場はベットは僕で相手は床で眠ってもらいます。毛深くて毛がうっとおしいので。あの時、寒さしか頭になかった自分に後悔ですね。
    僕も毛深い人好きです。ジェイクギレンホールのフェイシャルヘアーはがたまりません。でも僕が好きなアンダーソンクーパーがあれだったら嫌ですね。笑

    いやぁ、シアトルでもティッシュ配っておらず、むしろ金くれっていつもホームレスにせがまれますねぇ。笑でも、ニューヨークは超都会だぜ、ってニューヨークから来た人が自慢げに言っていたから、まさか!東京のほうが都会だ!!と言い合いになり、ニューヨークが都会だと言い張ってるならティッシュ配ってるかなぁ。と思いましてね。笑

    僕は、ムキムキが大好きです。最近やたらとマイスペースにESCO CLUB NYCと言うサイトからフレンズリクエストが来ます。知ってますか?
    有名なんですかね?ESCOクラブ

  3. 誠次さん

    素敵なご関係で私は非常に羨ましくなりました。
    教授だなんて!
    毛が濃い人、私も好きです!
    おならができるかできないかの関係って重要ですよね〜。

    残念ながらニューヨークでは街角でティッシュは配っていません。
    シアトルでは配っているんですか???

    「水にぬらしても絞ってまた使えるタイプ」をご持参でいらっしゃるんですね〜。
    お待ちしていま〜す!
    私が知っているGO-GOボーイのお店は2軒!
    誠次さんのお好みはムキムキ〜GO GO? 
    それとも少年的なかわいい感じ?

  4. ははは、それは無駄な妄想をしましたねぇ。笑
    僕全然ハンサムでもなければモテモテでもなく。
    酔っ払うと視力が悪くなるらしく、一応そばに居る人に近づいておこうと。。。笑
    パートナーと付き合いだしたきっかけが・・・

    ・僕が相手を気にせずオナラができるという点
    ・教授をしているせいか環境オタクすぎて周りに友達があんまりいなくてかわいそうという点
    ・宿題やってくれるだろう。という点
    ・出会った時が冬で相手が毛深かったからこりゃ一緒に寝たら暖かいだろうという点。
    ・寝る前の話が「今日見つけた石について」とかだと全然眠くなかったのに、すーぐ眠れるからたまに便利だなぁと思う点。

    とかですからねぇ。それに、パートナーも死んだ大好きなおじいちゃんの目が茶色かったから茶色の目の人と付き合ってみよぉー。ぐらいですからね。
    付き合ってくれるイケメンが居たら僕はすぐにでもついていきたい気分ですけど。イケメンのそばにはいつもイケメン居るんですもん!!笑

    一緒にゴーゴーボーイ見に行ってくれるんですか!?
    ニューヨークのゴーゴーボーイって!!
    僕たぶん鼻血出しちゃいますよ。ニューヨークは街角でティッシュ配ってますかねぇ?
    その時は心配だからキッチンペーパー(水にぬらしても絞ってまた使えるタイプ)シアトルで買ってから飛行機乗ります!

  5. 誠次さん

    パートナーさんがいらっしゃるのですね(羨望の眼差し)
    しかもパートナーさんがいてGo-Goさんともデート!(さらに羨望の眼差し)
    パートナーさんにはしっかり愛されていて・・・。
    もてもて誠次さんはハンサムなんだろうなとあれこれ想像しています。これを妄想と言うのでしょうか。

    南の国の出身の人と北国の人の気になる点とは違うと痛感します。
    総合して南の人はおおらかですよね~。

    ニューヨークにお越しの際は一緒にGO-GOボーイのいるクラブに行きましょう!

  6. やっぱり、生まれた土地によって人間性というものがあるんですね!!
    僕のパートナーはシアトル生まれシアトル育ちなのでやっぱり寒いから
    無口だったんですね。当人に「シアトル生まれだからっぽいね、君の無口は」と言ったら、「寒いからね。あまり口を開けたくないんだ。君はラッキーだね。僕が無口じゃなかったら今頃、君は毎日僕に怒られているよ。」と言われ渡されたのが毎月1回パートナー発行によります、僕へ対する不満の書かれたお便り4ページでした。なんと言うタイミング、そして今月号のタイトル”GO GO B”、お便りによりますとゴーゴーダンサーと会うのはいいが携帯に”GO GO B”という名前は辞めなさい。と書かれていた時は無口なわりには良く知ってるなコイツ!と下唇をかみました。

  7. akiさん

    私の心の中に北風が吹いたのは、みんなに恋人ができて、取り残されたような気持ちになって、寂しくなって、akiさんのご指摘のように、ゲイガイズではなく、ストレートの旦那さんが側にいてくれたらなぁ〜と思ったからです。

    鋭いですね〜。

  8. 玲さん

    こんな私で良ければお話を聞きます。
    メールください。
    右端のブログの筆者をクリックするとメルアドがあります。

    二丁目に私も行きたいです!

  9. 北風が吹くのは恵キャッスルとは別の夢が出来たのでしょうか?
    それとも新たな夢を探し中ですか?

  10. ご無沙汰しておりました。
    日々、覗いてはいたんですが、なかなかコメントできず・・・。
    愛し、愛される・・・そんな相手を見つけるというのは本当に難しいものだとおもいます(相手の性別、組み合わせに関わらず)。

    人が人を愛するというの一体全体どういうことなのでしょうね~~~。
    最近、全くわからなくなりました。

    と、公共の場(図書館のPC)から書き込んで見ました。

    今年は2丁目デビューしたい私です!(SEXが絡まない、男友達募集により❤)
    誰か「私を2丁目に連れてって!」ってな感じで。

    あと、恵さんにご相談したい旨があります。
    メールしても良いですか?

コメントは受け付けていません。