去らない、逃げない安心。DVの渦。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ルームメイト氏のハウスメイトの一人、タイラーが引っ越したとメールがあった。
タイラーは出て行ったのである。

彼氏が出来て、一緒に住むようになったのか、それとも故郷に帰ったのか、理由は不明。
ルームメイト氏に聞いても返事がなかった。

ルームメイト氏のプールの管理をはじめ、お家の修理をしていたタイラー。
テキサスからLAに移り住んだが、仕事はずっと見つからなかったようで、
お家のことをしてくれるからとルームメイト氏は約10ヶ月間、家賃を請求しなかった。

昨年、サンフランシスコで会った時に、ルームメイト氏がタイラーの言うことだけに耳を貸し、私の意見などは無視されて、タイラーの言いなりになっていたことに腹を立てた。

ルームメイト氏に聞くと「彼のやりたいことに添うことが家のことをしてくれるタイラーへの
感謝の気持ちを表すことだと思っているから・・・」と言いなりの理由を答えたが、家賃がタダだけで十分じゃないかとそんなも自分というものがなさ過ぎるルームメイト氏に私は呆れたのも確かだ。

***

「ハウスメイトを募集するんだけど、どうならない?LAに来て、いっぱい子供を産んで
一緒に育てるのはどう??」とルームメイト氏から言われた。
カリフォルニア州で人工授精により8つ子が生まれたから、ルームメイト氏は冗談で、
そんなことを言ったのだと思うが、アホな私は嬉しくなってしまったのも事実。

DVボーイフレンド、セバスチャンがもう一人の父親になるのは嫌だが、
ルームメイト氏と彼のパートナーと私と子供達と暮らす「夢」を再び描いてしまった。
ホント、懲りていない。

最近、婦人科に行き、医師にこう言われた。
「人工授精をするのは早く決断した方がいい。32歳の2年後と今のあなたの2年後は全く違うのよ。
個人差はあるけど、体はもう若くはないんだから・・・」。

分かっているけど・・・だ。

***

ところで、ジャスティンから電話があった。
ジャスティンはルームメイト氏とは会ってないどころか、一切連絡を取っていないという。
しかし、ルームメイト氏のお母さんとお姉さんには会っているとのことだ。
お母さんもお姉さんも恋人セバスチャンの怒りがコントロールできないことは知っていて、
なんとルームメイト氏もセバスチャンの影響からか暴力的になっているとジャスティンに言ったらしい。

「前の奥さんの方がいいって言っていた。お母さんもお姉さんも彼女のことが恋しいってさ」
とジャスティン。
現恋人セバスチャンは前の奥さんの影が消えないくらい悪い男なのだろう。
そりゃそうだ、DV暴力男だもの。
私が前妻のイメージを消してあげるわ!と言えないのも悲しいなぁ~と思う自分も悲しい。

ルームメイト氏もセバスチャンのことは愛してはいないが、行くところもないし、頼れるのは私だけ~と思っている。
DVの渦にはまっている。

無職だし、住むところもない男だから、前妻のように自分から離れて行くことがない
・・・という安心感で一緒にいるに違いない。
安心は何ものにも替えがたいのは分かるのだが・・・。

タイラーが去り、セバスチャンとの家庭作り・・・はどうなるのだろう。

去らない、逃げない安心。DVの渦。」への2件のフィードバック

  1. momoちゃまちゃま

    バスでも移動できるんですね!
    車の免許すらないので、そこがLA移住の難点です。

    セバスチャンと私を秤に掛けたら、そりぁ私ではなく、セバスチャンを取ると思います(泣)。私は女でセバスチャンは男。そしてルームメイト氏は男を愛するゲイですから。彼の子供の母親になることはできてもパートナーにはなれません(泣)。

  2. そっか。ジャスティンはルームメイト氏の家族とは会ってるんですね。それは素晴らしい関係だと思います。
    セバスチャン・・・。悪い影響をルームメイト氏に与えてますね。2人セットで周りから見られるようになったら、お互いが良い方向に努力してないと悪いとこって必ず見えますよね。

    LAに移住。素敵だな。車がいるけどいいとこだもん。(私は滞在中は車の運転できないので専らバスを利用しました。以外にどこまでもバスで行けますよ!)ルームメイト氏にセバスチャンが出て行くなら、LAに移住してもいいよって言ったら何て答えるでしょうか?

コメントは受け付けていません。