今夜はオスカー・ナイト。短編映画賞を予想してみた。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

カケル青年から、映画館IFC CENTERで、オスカー・ノミネートの短編映画が上映されると教えてもらった。
去年はこの時期、日本に帰っていたので観ることができなかったが、毎年、オスカー・ノミネートの短編映画を鑑賞するのは私の恒例行事になっている。私自身、短編映画自主製作に関わっているので、どんな作品がオスカーのノミネートになるのか大変気になる。
刺激にもなるし、勉強にもなる。

そして、ついつい考えてしまうのがズバリ、お金だ。
どれくらいの費用で撮影したのかが気になってしまう。
インディペンド(英語にすると響きは格好良いが自主制作だ)は、まさに名前の通り、自主でする映画なので
お金は自分で出さなければならない。
Yahooの辞書から:自主とは・・・他からの干渉や保護を受けず、独立して事を行うこと。
オスカーにノミネートされる短編映画は個人で出せるお金では到底無理な設定や機材を使っているので、つまり企業や基金から助成金が出ている作品ばかりである。

ところで、ニューヨークは非常に嫌なことやムカつくことも多々あるが、全然王道ではない短編映画を観られるという貴重な機会を得られるという文化的に素晴らしいところである。

***

下記が、今年のオスカー短編映画(実写版)のノミネートである。
あらすじを書いているが、ネタバレなのでご注意を。
邦題は私が勝手につけたので、アシカラズ。
最後に、予想もしてみた。

***

auf
AUF DER STRECKE (ON THE LINE)
『あなたを見つめて』
Germany, Switzerland/30 mins/2007
Director: Reto Caffi

デパートの警備員は、本売り場の女性に恋をしている。
監視カメラで彼女を追う日々。
彼はロシアからの移民だ。
帰りの電車もチェックして一緒に乗り合わせるようにしている。ある時、大好きな彼女が彼氏連れで
乗ってきた。面白くない警備員。表情は嫉妬にかられている。
すると彼女と彼氏は車内で大げんかして彼女は電車を降りてしまった。
その様子を見ていた若者4人が彼氏をからかい始め、喧嘩になる。4対1では彼氏が形勢不利なのは明らかだ。
警備員は助けもぜず、電車を降りる。
翌日、地下鉄で男性が撲殺されるという事件が報道され、被害者は書籍売り場の彼女の「兄」だった・・・!!!

***

newboy_3
NEW BOY
『ルワンダからの転校生』
Ireland/11 mins/2007
Writer/Director: Steph Green

ルワンダから転校生がアイルランドの小学校に来た。
悪ガキがやたらちょっかいを出す。
おませな女子が助け舟を出すのだが、からかいは止まない。
ルワンダからの転校生の父親は小学校の先生だったが、反政府軍の兵士に殺されてしまった。
それも彼の目の前で・・・。
ロディー・ドイルの短編小説が原作。

***

spielzeugland
SPIELZEUGLAND(TOYLAND)
『おもちゃの国』
Germany/14 mins/2007
Director: Jochen Alexander Freydank

1942年ドイツ。隣に住むピアノの先生の家族はユダヤ人だ。
先生の息子と大変仲が良く、一緒にピアノの連打をするドイツの少年。
お母さんは言う「お隣さんは、『おもちゃの国』にいつか旅立つのよ」
少年は「ボクも一緒に行きたい。ずっと一緒にいるって約束したんだ(隣の少年と)』
お母さんは「あなたは行けないのよ。テディベアもいるけど大きくて恐ろしいんだから!」と言うが、
少年は小さな鞄に旅支度をする。
ある朝、母親は息子がいないことに気付く。お隣もナチスによって連行されてしまった後だった。
息子は隣のユダヤ人家族と一緒に行ってしまったのか・・・?

***

thepig
GRISEN (THE PIG)
『豚の絵』
Denmark/22 mins/2008
Director: Dorte Hogh

腸にあるポリープの切除のため入院した老人。
さみしい病室、手術の心配でナーバスになっている。
壁を見ると、豚の絵がある。
豚がジャンプしている絵だ。
かわいらしく、ひょうきんな豚。
豚の絵を見ると、つい笑顔が出でしまう老人。
ポリープ切除後、もしかしてガンの可能性がと医師に言われ、ショックを受けるが、
豚の絵を見ると心がなごんでしまうのだった。
しかし、翌朝、目を覚ますと、豚の絵がなくなり、隣には新しい入院患者が入って来た。
大挙してお見舞いにやってくる。お隣さんは、イスラム教徒だった・・・。

***

mano
MANON SUR LE BITUME (MANON ON THE ASPHALT)
『私がこの世で最後にしたこと・・・』
France/15 mins/2007
Writer/Directors: Elizabeth Marre, Olivier Pont

マノン(20代後半か30代前半の女性)はボーイフレンドに会うために自転車に乗っている。
しかし、車に轢かれてアスファルトの倒れる。

私は死ぬ・・・。
同じアパートの友達がきっとみんなに連絡してくれると思う。
部屋が片付いていないままだった。
友達と最後にディナーをしたのは、
最後に雨に打たれたのは、
恋人と最後に愛を交わしたのは・・・。
最後にお母さんと話したのは、まさか死ぬなんて思ってもみなかったから
こんなそっけなく冷たいことを言ってしまった。
「今、出掛けるところで忙しいから。電話切るね」。
お母さん・・・。
マシュー(恋人の名前)、待ち合わせに行けない・・・。

***

オスカー受賞予想!

ノミネート作品はアメリカの作品は全くなく、ドイツが2作品で、ヨーロッパのみ。
ナチスドイツSPIELZEUGLAND(TOYLAND)は当時の列車も登場し、
お金がかかっているなぁ〜とついついセットの事ばかり考えてしまった。

女性監督のMANON SUR LE BITUME (MANON ON THE ASPHALT)は、
やはり女性として心に響くものがあり、私が死ぬ瞬間も彼女と同じようなことを思うんだろうなと思った。
私が死ぬ時に、愛する男性がいればもっと劇的にロマンチックになるのだろうが。
個人的には、MANON SUR LE BITUME (MANON ON THE ASPHALT)にオスカー受賞と思いたいのだが、やはり政治的な内容が強い方が受賞する傾向にあるので、
イスラム教徒が登場しているデンマークの映画、GRISEN (THE PIG) か、
ルワンダの難民の子供の主役のNEW BOY、そしSPIELZEUGLAND(TOYLAND)の3作品からだろうかと思ったが、ドイツ映画のAUF DER STRECKE (ON THE LINE) にオスカー像が行くと思う。

今夜はオスカー・ナイト。短編映画賞を予想してみた。」への6件のフィードバック

  1. むいむいさん

    ありがとうございます!
    カロリー計算ですね。
    参考になりました。

    ダイエットについてはいつも考えておりまして、最近、また太ってきて
    困っています(泣)

  2. 私は栄養や医学の知識がないので体にいいダイエットではありません。
    改めてざっと調べても急激なダイエットやリバウンドは体に悪くて読んでて恐くなりました。
    健康に不安があったりホルモンの影響で心が不安定だったりすると悪影響だし
    1人暮らしだと具合が悪くなってもすぐに病院に行けなかったりすると大変なことになるので
    反面教師ということで話半分に読んでください。

    しているダイエットは食べたものと摂取カロリーの記録とカロリー制限と運動です。
    記録はエクセルを使ってカロリーの1日と1週間の集計、運動の消費カロリーと体重の記録をしています。
    カロリー計算はインターネットや本などで調べていますが大雑把です。
    初めはめんどくさいですがよく食べるものはあらかじめコピーして入力しています。
    量を減らしても高カロリーだと気付いたりこれを食べるのとこれを消費するのにどれだけ運動が必要かと考えると
    自然と食べる量やカロリーに敏感になり気をつけるようになります。
    でも短期にやせたかった私は暴挙にでました(^^;)1日1食か2食の日を設けるです。(p_;)
    食べているものは野菜スープと牛乳、豆腐、納豆、卵、ヨーグルト、チーズなどのたんぱく質もの2品、かさ増しのこんにゃく、きのこ、海草です。
    あと家族が食べる低カロリーのもの、どうしても食べたいものと果物(私ははっさくとかいちごとか)です。
    少食になれて少しカロリーを増やすととたんにリバウンドします。
    でもいつもカロリー制限だととてもストレスがたまるので
    朝牛乳、野菜スープ、卵、昼はたくさん(外食)、夜は野菜スープと豆腐とか、
    週末は炭水化物も食べて(運動を増やすけれど)平日は控えめにとかしています。

    ダイエット前は炭水化物と砂糖と油分が多かったと思います。
    食べるメニューのレパートリーは減りましたが今のほうが野菜やたんぱく質など栄養のレパートリーは増えたと思います。
    でも体型的にそんなに変わってないということは(お腹、背中、二の腕が嫌)やはり失敗例だと思います。
    ただ肥満の人よりリバウンドを繰り返す人のほうが成人病になる危険が増すようなことが書かれていました。(>_<)恐い。

    マクロビオティック体にとてもよさそうですね。
    体によい物をしっかり食べて適度な運動ゆるやかな減量が体にはいいと思います!
    普通の食事をいろいろ食べれたときとても幸せを感じます。食べることって大切(*^^*)

  3. 勝手に邦題、とうか邦題を予想しましたね?(w
    当たってると思います(w

  4. むいむいさん

    MILKが主演男優賞と脚本賞を受賞したことは本当に嬉しかったです。
    むいむいさんが仰るように、よい風(追い風)が吹くと良いですね!

    私も痩せたいです!
    今は、マクロビオティックはどうだろうと本を買いました。
    どんなダイエット方法をしているのですか?

  5. ミッキー・ローク残念でしたね。。。
    でもミルク、脚本賞やショーン・ペンがとったのでゲイの人々へよい風が吹いたらいいですね!
    日本も2作品受賞しましたね!
    今度は恵さんの番です(^O^)ノ~応援してまーす☆彡

    せっかくのスキー旅行とりやめになりました(T_T)
    骨折しないようにカルシウムのウエハースとついでに鉄分のサプリメントまで買ったのに。
    ダイエット続行中です。。。あと4kg痩せたい。。。

コメントは受け付けていません。