場末のゲイバーが一転してサロン(社交の場に・・・)

<br /> TitleDPNY.jpg

***

近所の場末のゲイバーだが、早い時間はビルくんとその仲間が飲みに来ているので、
顔を出すとビルくんをはじめ、博士課程のブラジル人M氏(ゲイ)、いつも悲しいと言っている黒人のMくん(ゲイ)、そして悲しいMくんの高校時代からの女友達ステファニー(ストレート)など
「知り合いのゲイガイズ」と女友達に会えるようになって、アメリカのドラマでは
必ず登場人物が集まるカフェやバーなどがあるが、場末のゲイバーがまさにそんな存在になった。

博士課程のブラジル人M氏には大学院について質問したり、言葉のセンスがあって
分かりやすく英語を説明するのが大得意なビルくんに英語の質問をしたり、
ダラダラ〜ガンガン飲むのではなく、日頃、自分では解決できない問題を相談できる。
とうとうこのレベルのゲイのお友達が出来た!とジーンと胸をいっぱいにしている。

ところで、スティファニーは典型的なニューヨークの独身女である。
部下もいる専門職。
アパートも自分のだ。
「男=ボーイフレンド」がいない。
そして「男」といえば、ゲイ。

「リカーストア(酒屋)のお兄さんがすごい親切だったのよ。もしかして私のこと誘っているのかなぁ〜と思ったのよ。私のこと気に入っているのかなぁ。今度行った時に発展があればいいなぁ」と中学生のような、30代後半の女が言うのは痛過ぎる内容を話していた。
私もスティファニー同様に「痛い」女のカテゴリーに入っているのは確かだ。
家族がいたら子育てに忙しく、恋人がいたら一緒に過ごす時間を場末のゲイバーで過ごしているのだから。

スティファニーも積極的に私をビルくんとその仲間のイベントに誘ってくれる。
それも嬉しいことではあるが、ビルくんとその仲間と疎遠になるくらいの男性がスティファニーに
登場すればいいなぁと人ごとではあるがそう思う。

場末のゲイバーが一転してサロン(社交の場に・・・)」への6件のフィードバック

  1. かかしさん

    ゲイ友がいるからデートしないのか???
    デートの相手がいなからゲイ友とつるむのか???

    ゲイ友とも遊びながら、ストレートの男性ともデート!
    これが理想ですが、どうでしょうか?

  2. momoたん

    こんにちは!アイスランド女性首相の記事、私も読みました。
    ニューヨークタイムズによると以前は結婚もしていて子供もお孫さんもいるそうです。相手の女性も離婚歴がある母親だそうです。
    2人に歴史あり〜と、どんな人生を歩んだのか想像してしまいました。
    お互いいろいろ経験をしてレズビアンとして生きられることになったんでしょうね〜、きっと。

  3. 地元に定点ができて楽しいですね。
    私もステファニーをぜんぜん笑えません・・・
    そうしてデートの相手がいないからゲイの友人とつるむのか、
    ゲイの友人がいるからデートをしないのか…微妙な線なのですよね。
    痛いといわれるかも。

    といいつつ、私もこの週末、また友人カップルの家で過ごしてきました。
    土曜日にCostcoに二人で買い物の行ったら
    あまりにもおいしそうで大きなマグロのステーキを見つけてしまい
    むこうの家でお夕飯をしてそのまま月曜の朝までだらだら。
    外に出かけないから余計に出会いもないわけです。
    いいのだろうかこれで?

  4. 恵さんこんにちは。
    おおっ!まさにアメリカのドラマを地で言ってるようなNYライフですね。
    性別を超えいろんな話をできる友達って素敵。
    私も痛いカテゴリーに思いきり属してるのでステファニーの話は他人事じゃないわ。

  5. いいレベルに達してきましたね(笑)。バカ話も楽しいけど、常々バカでは居られない。難しい話をすると、日本ではひかれてしまったり。。。いいお友達できてきて良かったですね!
    痛いと人から思われたくはないですよね~。自分が一人でも輝いてれば誰も痛いとは思わないと思うんですよね。外も中も美的追求を女性はなくしちゃいけません!
    今yahooに載ってたんですけどアイスランドの首相はゲイだそうです!女性であり、そしてゲイでもある。そんな力のある女性素敵ですね☆

コメントは受け付けていません。