日々是鍛錬:エアー・ブロージョブ

<br /> TitleDPNY.jpg

***

「ストレートの世界で疲れた後、ゲイバーに行くとほっとする」
というのは、たしかカケル青年が言っていたと思う。
私も同意見だ。
癒しのような、温泉のような、そんな場でもあるし、自分を解放できる場と言っても過言ではないかもしれない。

ストレート男性ばかりの中で過ごすと、本来の自分を隠して振る舞っていることに気がつく。
「女」であることを意識して、ストレート男性に受けが悪いことは決してしない。
しかし、ストレート男性に受けが悪い事は、ゲイガイズには受けが非常に良い場合が多々ある。

例えば、エアー・ブロージョブことフェラチオの真似だ。
ストレート男性の前では御法度だ。
生々しいので、しゃれにならないからだと思う。
その点、エア・ブロージョブことフェラチオの真似はゲイガイズの中では
得意になってできるし、更にゲイガイズとならばどっちが巧いか競いながらできるという楽しさも倍増する。

***

突然ですが、英会話ポイント!
フェラチオとそのまんまカタカナ読みで言っても全く通じませんのでご注意を!
フェレイシオと発音する。
レイを強調するといいかもしれない。
時と場所を選んでお試しあれ!

fellatio
ラテン語の「吹く」という語から生まれた英語だ。 
発音が聞けるオンライン辞書はこちら。

***

しかし、実際の技巧よりは、見た目が重要なエアー・ブロージョブ。
全く別物である。
私のエアー・ブロージョブのテクニックは全く上手ではない。

頬に舌を突き出すことと手の動きを同時にしかも早くするのが上手なエアー・ブロージョブ。
私の場合、これが巧くいかない。う〜ん。
頬の突き出しが大きければペニスが大きいように見えるので、上級者のテクニックといえよう(笑)。

鏡を見ながら、練習に励む。
ゲイガイズに受けるために日々鍛錬に励むのであ〜る。
特に、カールくんの大笑いを見たいというのがあるのだが。

もっと違うことで努力すればいいのにという声も聞こえないではないが、
人間、好きこそものの上手なりと先人も言っている通り、エアー・ブロージョブの技巧系として
世界に名を馳せるやもしれない。
芸(ゲイ)は身を助く!

コテコテのおやじギャグで今日のブログはおしまい(失笑)!
(ゲイガイズは私の人生を助けてくれているのは事実!)

lapridepornstar
LAのゲイプライドから。彼らはゲイ・ポルノスターと判明したが、彼らのブロージョブは上手なんだろうな。