いじけ鬱

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ニューヨークに戻って来て、カールくんから早速「お帰りなさいぃ〜」のテキスト
とルームメイト氏からもメールが来た。

土曜日の夜ならばゲイバーに行きたいとカールくんにテキストで送り、カールくんから電話が来て
「じゃ、土曜日に行こう!」という話になった。
すると金曜日の深夜「明日、メディカルスクールの時のストレートの友達と会うことになっているから
会えないかも」とテキストが送られて来た。
なんだ話が違うじゃないと思いながらも、「それでは来週会おう」と返事を送った。

翌日、土曜日の午後にカールくんからテキストが来た。
クリス(ゲイ友でカールくんの事が好き。しかし、フィアンセがいる)と映画を観ていると。
なんだぁ〜、誘ってくれないなんだとがっかり。
そして深夜0時近く、「ストレートの友達と会うのをキャンセルした。みんなHKラウンジに行きたいって言っているから行こう」とテキストが来た。

みんなって誰よ?

私は彼がストレートの友達と会うことになっていると言っているから、今週は出掛けずに静かに過ごそうと
もうベットに入っていた。
それに子宮がパンパンに膨張している感じがあって、お腹が痛かったのもある。
今から支度をしてHK ラウンジまで行く気にもなれない。
ちと遠い。
近くのイースト・ビレッジならまだしも。

今度は、カケルくんから電話があった。
「カールから、メグミさんもHKに来るから、おいで〜!というテキストがあったんですけど、行くんですか? 
ボク、今、マイケルと一緒なんですけど・・・」

カケル青年もゲイ友と一緒だったのね。
私は一人ぼっちで、腹痛に苦しんでいる。
激しく取り残されているような気がして、階段からボールが落ちて行く如く、気分が落ち込む。

「カールにイースト・ビレッジのゲイバーは?って言ったんですけど却下されました」とカケル青年。
HKラウンジに行きたかったのは「みんな」ではなく、カールくんなんじゃない。ふん。

「ごめん、今夜は止しておく。みんなで楽しんで来てね」とカケル青年に言う。

ケータイを閉じると、なんと今度はルームメイト氏から電話が掛かって来た。
大忙しの私であ〜る。

「ハニィー!元気だったぁ? あのね、明日から私、セバスチャンとクルージングでメキシコまで行ってくるわね」
「えええええええ〜?」
「あっ!言ってなかった?ごめんねぇ〜。明日から1週間、テキストもメールもできないからね」
ルームメイト氏の声は踊っている。
「楽しんで来てね!」
と言うしかない。
セバスチャンの仕事はどうなったのか?とか、もう引っ越ししたのか?
という質問をする前に
「準備で忙しいから、帰って来たらまた電話するわねぇ〜」と電話を一方的に切られた。

幸せなルームメイト氏。
しかし、私は、彼との間に子供が授からなくて良かったと思った。
ニューヨークで今、現在妊娠もしくは子育てしていたらと考えるとぞっとする。
子供の父親が恋人とメキシコまでクルージングである。

メキシコまで追いかけて「なんて自分勝手な人なの!」と怒鳴りに行ってしまうかもしれない。
それにしても前もって何も言ってくれていないなんて、私への優先順位はは恋人が出来たことで
ガーンと下降したのは事実だ。

子宮の膨張感と時々、肛門が引きつけるような痛みが襲ってくる体調の中で、人の幸せは非常に辛い。

***

日本に里帰りする前に、カールくんとその友達マットと行ったセラピーで、カールくんもマットも
それぞれ愛されるゲイガイズに出会い、一夜でもひと時の愛を育んでいた。
ルームメイト氏と違ってカールくんは「だめんず」を引き寄せない。
カールくんを気に入ったゲイはイタリア人の弁護士でニューヨークに出張に来ていて3日後、国に帰らなければならない。イタリア人の弁護士は必死だった。
私に「カールはボトム?トップ?それともバーサタイル?」と質問してきた。
それに「カールのペニスは全然、勃起していないんだけどボクのこと好きじゃないのかな?」とも聞いて来た。

イタリア人の弁護士のペニスは鋼鉄のように固く、大きく太かった。
一応、調査した(笑)。

ところで、カールくんと弁護士は彼が帰国する前にメイク・ラヴした。
一方、カケル青年からも報告があり、QAFのブライアン似と某ゲイバーで出会い、メイク・ラヴしたそうだ。

***

ルームメイト氏は無職の仏蘭西人「だめんずゲイ」とクルージングに出掛け、カールくんもカケル青年も
一夜の愛とはいえ、しっかり欲望をリリースしているわけだし、私がゲイバーに行っても何も起こらない・・・。
こんなにゲイメンが大好きなのに性の対象とは決して見てくれない。
ゲイバーに行っても仕方がない。
時間とお金の無駄。
いじけて、いじけて、落ち込んで鬱になった。

お腹、痛い・・・。

italianlawyer
イタリア人の弁護士のためにカールくんの勃起の度合いを調べる。
真ん中、カールくん。左がイタリア人弁護士。
所詮、私はゲイガイズに使われているだけよ。おもちゃよ!いじけぇ〜。

いじけ鬱」への8件のフィードバック

  1. momoたん

    リンクありがとうございます。
    逮捕されたイギリスの御仁は、お馬さんにしたようですね。
    お馬さんのを挿入したのはないようです。
    どっちなのか気になってしまいました。

    世の中、広いようでして、豚さんのペニスを肛門に挿入している
    男性もいるようです。
    その話を聞いた時は驚き、私の耳を疑いましたが、未知のことってたくさんあるんだなぁと思いました。

    ご心配ありがとうございます!
    元気です!

  2. かかしさん

    お友達本人から連絡がなく、パートナーさんから連絡が。
    パートナーさん、やさしい方ですね。
    本人から連絡があるのとないのとはで大きく違いますよね。
    事情は分かりませんが、その後、お友達本人さんとはお話ができたのでしょうか?

  3. むいむいさん

    ナンバーズ当選するといいですね〜。
    私も触発されて宝くじを買います。
    アメリカなので20億円という金額も夢ではないですからね〜。
    キャッスルが築城できます!
    うふふ〜。この妄想を買うのが宝くじですよね〜。

    mixiは気がつけば1年以上、更新していませんが、どうぞお越しください。近々更新致します。

  4. akiさん

    ありがとうございます!
    高熱も腹痛も嫌ですよね。
    孤独死・・・頭をよぎります。
    たくさんの人に看取られて旅立てるようにしたいです。

  5. またしても、お馬さんと性交しちゃった人が捕まったニュース・・・。mixiに載ってました。抑えられないんでしょうね。性の衝動。。。
    http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/3543414/Man-jailed-for-having-sex-with-a-horse.html

    カール君、超自己中だけど、そこがまた魅力的なんでしょうね。TシャツにDRINKって書いてあるのが、めちゃめちゃウケます(笑)。

    体調はどうですか??

  6. おかえりなさい!コタツにみかん・・・うらやましいです。
    昨年は今頃日本に戻っていたのですが、
    滞在したどこの家にもコタツがなく悲しかった・・・

    私もちょっといじけていました。
    Thanksgivingの日に、友人から電話がなかったので。
    パートナーからはすご~くやる気なさそうな声で
    (でも義務だと思ったらしく)
    “Happy Thanksgiving!”という電話がかかり、
    一緒に祝っていた友人のお母さんからも
    友人と一緒にディナーの席で取った写真とともに
    メッセージが携帯に届いたのに。

    おい!本人はどうした!!
    と無言で怒っていました。
    なにか、自覚が足りない気がします。

  7. 日本でもおかえりなさいで、NYでもおかえりなさいですね!
    日本帰国お疲れ様です!
    ブログの再開嬉しいです(^○^)

    ナンバーズ3という宝くじを買っているのですが1度も当たりません。ルーザーのむいむいです(^^;)
    買わないときに限って考えてた数字が当たります。←運命におちょくられている ヽ(`Д´)ノ くぅぅぅぅぅ~

    恵さんの体調がすぐれないのが心配です。体を大事にしてください。
    体が元気になれば心が元気になるし、心が元気になれば体も元気になります。
    ゆっくり休んで、英気を養って、楽しい気分になればよいことも起こりそうです!!!私にも自己暗示!(^^;)

    mixiでも書かれているのですね!お邪魔させてくださいね!

  8. 体調が悪いと必要以上に気分が落ち込むものです。
    私なんて、高熱が下がらないだけで、「このまま孤独死?」なんて思いますもの。

    恵さんの体調が気になります。何かあったら(無くても)電話かメッセージくださいね。

コメントは受け付けていません。