だめんずばかり選ぶのは女ばかりではない、そんなゲイもいる。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ルームメイト氏宅には3人のハウスメイトが住んでいる。
ルームメイト氏はその中のひとりジェイソンのことを非常に気に入っていて、それは付き合いたいとか
そういうことではなく、明るい性格で場を盛り上げるのも得意な青年なので、
一緒にいて楽しいので好きということだったのだが、
ジャスティンが引っ越した後に入ったクリスという役者の青年とジェイソンが夜な夜なベットを共にするようになり、
2人は恋に落ちたとか、そういうことを一切口に出さないが、夜になるとジェイソンの部屋は空っぽでクリスの部屋は
ドアが閉められ2人が一緒の部屋にいることは明らかだった。

ルームメイト氏は疎外感から苦しむようになった。

自分の家なのにハウスメイト2人が夜な夜なセックスをしているが、自分は恋人もいず、太って髪の毛も薄くなり
醜くなる一方で、お気に入りのジェイソンはルームメイト氏と一緒にゲイバーに行かなくなり、
自分のプールでジェイソンとクリスはいちゃいちゃ泳いでいる。

お気に入りのジェイソンを盗ったクリスが憎い。
早く家から追い出したい。
ルームメイト氏はクリスを追い出す作戦に出た。
ジャスティンが結局出て行ったようにルームメイト氏はいろいろ難くせをつけてクリスに引っ越すを促すように仕向けた。

最近、ルームメイト氏に忠実な恋人ができた。
フランス人の青年、セバスチャンだ。
現在、キッチンのリノベート中なのだが、その手伝いも率先してやってくれる。
仕事から疲れて帰ってきたルームメイト氏のために夕飯を作って待ってくれている、まるで妻のような存在。
しかもボトムなフランス人である。

セバスチャンは仕事をしていない。
だから、料理をしたり家の用事をする時間があるのだ。
クリスは追い出され、ルームメイト氏の恋人セバスチャンが引っ越して来る。
ルームメイト氏は恋人との同棲生活が始まる。
それは彼の憧れであり、夢であった。

去年の今ごろ、彼は付き合っている男性がいた。
結局、2月に振られた。
その男性は30代前半なのに母親と住む、自分の靴代さえ出せないくらい稼ぎの悪いゲイだった。
そんな男にルームメイト氏は振られたのである。
「ルームメイト氏の想いの方が強いので重荷だ」という私からしたら許せない理由でた。
とんでもない。

***

現在の恋人は求職中で、それもなかなか仕事が決まらない。
ルーザーの臭いがプンプン漂ってくる。

今までの仕事の内容を聞くと、ユニバーサルスタジオの(アミューズメントパークの方である)
アトラクションのスタッフとか、クリージング(船の方の)のスタッフとかサービス業のアルバイトをしつつ役者を目指しているらしいが、写真を見たかぎり、お仏蘭西人なら、ジャン・レノぐらい個性的であって欲しいが、エキストラだったら使ってもらえるだろうの十人並みの容姿である。

もう1人のハウスメイト、タイラーはまだ家賃を払わず住んでいるし、引っ越してくる恋人も仕事がない。
自分のために働いてくれるからとそんなルーザーばかりを家に住まわせて大丈夫なのだろうかと心配になってくる。

自分を盲目的に愛してくれるからと経済的に自立していない恋人を住まわせて果たしてルームメイト氏の
財政状況は大丈夫なのだろうかと人ごとながら思う。
金の切れ目が縁の切れ目ということわざがある。
セバスチャンの失業状態が続くのであれば、この関係は3ヶ月と保たないであろうと予想する。

それにしても「だめんずばかり選ぶゲイ」それはルームメイト氏。
あ〜あ、心配だ。

だめんずばかり選ぶのは女ばかりではない、そんなゲイもいる。」への10件のフィードバック

  1. momoたん

    仕事をしていないと暇だから、今はルームメイト氏のために時間を使えるけど、仕事を始めたら・・・? 
    ルームメイト氏は寂しい気持ちになるのでしょうかねぇ。

  2. 玲さん

    ルームメイト氏は玲さんの仰る通り、お金を稼いで家庭に持ってくる夫として頑張っていただき、社会的にはだめんずだけど、家庭的な夫としてお仏蘭西人のダーリンには献身的な愛を注ぐ・・・、これでうまくいけばいいなぁと思います。

  3. birukoさん

    きゃぁ〜〜〜!
    完結していないまま時が経ってしまったこと、ずっと気がかりでした。
    あんなものでも気にかけてくれていたんですね!
    嬉しいです!感激です!
    近々アップ致しますので、お待ちくださ〜い。

  4. akiさん

    暇な時間を趣味に費やすような相手よりは、その時間を自分のために使ってくれる相手が彼にはいいのだと思います。

    ストレートの関係では専業主婦という立派な地位があるわけですから、
    ゲイの関係でも専業夫がいてもいいわけですよね。でも、ゲイの場合は
    法律で保証されていない関係なので同じとはいえないかもしれませんが、でも2人の関係ではあり得ることですよね。

  5. かかしさん

    『だめんず』は自分を頼ってくれて、自分だけを愛してくれそうな気がするから好きなのかもしれません。

    会う度に、そして写真を送ってくれる度に髪の毛が薄くなっていく
    ルームメイト氏ですが、はげは男の魅力ですから!

    かかしさんの仰る通り、人間で一番大切なのは『自己肯定』だと私も思います。ルームメイト氏もやっとゲイとしての自己肯定をしたようですし、幸せはこれからかもしれません。

  6. う~ん、「理想」は専業主婦を持つ事なんでしょうけどね・・・・。
    料理をしてくれて、家のことをしてくれて、あれこれ面倒をみてくれる、自分の帰りを待ってくれる。
    これは女性でも共稼ぎだと困難な専業主婦(女性)の姿ですよね・・・。
    男性にそれを求めると難しいでしょうね・・・。
    あるいはバリバリ働いて昼間浮気なしない貞淑な専業主婦(男性)を持つか。

    でも、いつも一緒のタイラーさんだけでは満足できなくて、ジョイソンさんの関心を奪ったクリスさんに嫉妬して・・・なおかつ恋人のセバスチャンも家にとなると、ハーレムですかね(笑)。

    いっそバリバリ働いて、身寄りの無い女の人全部住まわせた「光源氏」
    のように暮らすか(ゲイガイを全員養う)。
    なんかそれはそれで、金銭面がクリアーになっても感情的にいざこざ起きそうで大変ですけど。

    ゲイガイは性的には男性が好きでも、本当に根っから「男」なんですね~。
    価値観を含めた意識改革をしないと、同性婚が合法になっても「穏やかな愛ある暮らし」にはまだ道のりがありそうですね。

    上で「かかしさん」が書いておられますが、「ゲイの恋愛って、ある意味男同士の負けず嫌いのぶつかり合い、のように私には見えます。切磋琢磨して、はりあって。」
    これは結構しんどい事だと思いますよ。
    競争心理から一歩降りないと・・・。

    とりあえず私ならルームメイト氏には「稼げ!」としてか言えないような感じがします。
    同性なのに、色恋が絡むと見抜けないのかなぁ・・・やっぱり。
    女が駄目男に嵌るのなんて、同性ですら見抜けないだからって気持ちになりますね(笑)

  7. 働いてて、普通に家賃も払ってくれて、それでいて愛してくれる男って絶対いると思います!!ルームメイトがだめんず好きなのは何ででしょう?女の子にも毎回だめんずばかりを選ぶ子がいますが、聞いてみると容姿がいいだの言ってます。ちょっと容姿がよくて、だめんずじゃない人も絶対いると思うのです。ルームメイト氏に待つ気持ちがあれば出てくるかもしれないけど、即席で家のことやってくれる、自分に尽くしてくれる人を探すと、自ずと時間がある人たちを選んでしまってるような気がします・・・。

  8. ミクシーの話の続きが気になりかれこれ一年以上になります。

  9. 職業を持たない事より、別のモノを求めているのではないでしょうか?愛もお金も時間も全部大切です。ルームメイト氏にとっては、お金より愛(もしくは、自分が不足しているものを充足する事)が大切な気がします。

    私はルームメイト氏の気持ちがわかる気がします。

  10. めぐみさん、心配が絶えないですね。
    男も女も、ゲイもストレートも、自分に自信をもったほうがいいですね。
    虚勢ではなく、自己肯定。これにつきるでしょう。
    ゲイの恋愛って、ある意味男同士の負けず嫌いのぶつかり合い、
    のように私には見えます。切磋琢磨して、はりあって。
    だから、自分が確かでない人は
    恋愛シーンで厳しいかもしれないですね。

    がんばれ、ルームメイト氏と私もいいたい。
    禿げていたってかっこいい人はかっこいいでしょう。
    そういうもんです。
    知り合いにはげてはいますが、背が高く、美しいブルーアイで、
    とても声のいい精神科医(ゲイ)がいます。
    あの声だけで、彼の患者は安心するだろうと。
    魅力的ですよ。はげなぞ何するものぞ。
    努力をしても髪は生えませんが
    身体は絞れるんだから。

    好きな男のタイプを変えることも
    時として幸せのために必要な考察かと。
    いるんですよね、だめでしょうそれは・・・という人ばかり追い求める人。

コメントは受け付けていません。