ゲイに公民権を!プロテストに参加!デモ行進をする!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

カリフォルニア州で先の大統領選挙と共に州民に直接問う市民投票の案件にあがった同性婚。
「ゲイ同士の結婚を認める権利を州法から削除」にYESかNOが問われた。
ドクター・カールと話したのだが、この問いかけがトリッキーだというのだ。

つまり、英語をあまり理解しない移民の人が大勢いるわけで、YESとNOと問われれば、
YESの方が良い方と勘違いして一票を投じてしまったのではないか。
カールくんのお友達で移民の祖父母を持つ人がカールくんに言ったらしいのだが、
どう説明しても分かってもらえず、YESに投票してしてしまったからなのだ。

Prop 8は、”Eliminates Right of Same-Sex Couples to Marry.” と英語で言うが、
このEliminateは見たまんま否定的な意味だと分かるNOTもUNもないが、思いっきり
ネガティブな意味(削除する、排除する、解除する)なのである。

もっと分かりやすく書かれていたら事情は違っていたかもしれないというのは
気休めだろうか?

ところで、カールくんからPropositon 8のプロテストに行こうと誘われた。
抗議しに行くのである。
抗議先はモルモン教会。
Propositon 8にYESを投票するように!のキャンペーンが行われたが、
その費用の40%に当たる20million ドル、日本円に換算すると20億円の費用をモルモン教会が寄付した。
カリフォルニア州の隣のユタ州はモルモン教の聖地であり、カリフォルニア州にも信者が多数居住していると
思われる。

ニューヨークにはリンカーンセンターの近く、65丁目とコロンバズ・アベニューにモルモン教会がある。
教会の前に6時30分に集まり抗議をする!という抗議活動だ。
主催は申し訳ないが分からない。

***

タイムワーナーのビルの前でカールくんと待ち合わせのだが、待っている間、
抗議文を書いたボードを持った男性達が
次から次へと私の前を通り過ぎた。
私の気分も高揚して気分は抗議態勢になる。

カールくんの元彼氏のデヴィットも来て3人でモルモン教会に行く。
彼は弁護士で、医師と弁護士のゲイのカップルなんて完璧過ぎだ。

教会の前には既に大勢の人々が集まり、シュプレヒコールを上げている。
「ゲイに平等の権利を〜」
「ホモフォビアは出て行け〜」
「今、ゲイに公民権を〜」

ヘリコプターが上空を旋回し、ごまんという警察官もいたが、物々しいムードではなかった。

デモ行進が始まり、私たちもデモの列に入り、シュプレヒコールを上げながら、
コロンバス・アベニューを南下して行く。

抗議デモ参加者は、ストレートもいるだろうが大半はゲイだと思われる。
ゲイメンの方が圧倒的人数だった。レズビアンは少なかった。

protest2
プラカードにFight The H8とあるが、なぜPではないかというと、HATEの頭文字を取ったからだ。

***

私は、プラカードを持っていかなかったが、その代わり、タキシードを着た二体のKENとミニレインボー・フラッグを
持ってデモ行進した。KENは花婿2人を表したのは言うまでもない。

withken
一体はルームメイト氏からのプレセントであ〜る。

ルームメイト氏に電話を掛ける。
彼は電話に出なかったが、メッセージを残す。

「ルームメイト氏聞こえる?」と電話の話口をシュプレヒコールを上げている人々の波に向ける。
 「ニューヨークでデモ行進しているんだよ!カリフォルニアのために、そして全てのゲイのためにプロテストしているんだよ」

カールくんも私のケータイに向かって叫んでくれる。
「ゲイに公民権を〜」

しばらくして、ルームメイト氏からテキストが来た。
「ありがとう!メッセージ聞きました。私たちのために行動してくれて、本当にありがとう!!」

protest1
トランプタワーの前もデモ行進した。

***

デモ行進はコロンバス・サークルまでのわずか8、9ブロックを下っただけだったが、
世間にアピールできたと思う。
しかし、モルモン教会に声が届いたかどうかは疑問だが。

腐女子高生に続き、花婿ゲイKENがゲイガイズに大大大人気だった。
なんとデモ行進中、たくさんのゲイガイズに写真を撮られた。
私とKENの記念写真はつまらないと思ったので、「アナタと一緒に撮る?」と聞くと
みんな喜んで花婿KENを両手に持って、そしてレインボーフラッグも持って写真に収まった。

カールくんから「ハロウィーンも人気だったけど、今日も大人気ね〜」とうらやましそうに言われて、
抗議のデモにも関わらず、不謹慎と知りつつも非常に嬉しくなってしまった。

一体のKENはルームメイト氏からもらったものだということを付け加えて、ルームメイト氏にKENの写真を送った。
「メグミ、ありがとう!KENたちもありがとう!」と返事が来た。

願いはいつか叶う、そう信じて、KENを抱き締めた。

kens

ゲイの結婚が認められますように。
コネチカット州では州最高裁が同性婚を合法化し、今日から正式に結婚ライセンスが発行された。

ゲイに公民権を!プロテストに参加!デモ行進をする!」への4件のフィードバック

  1. Coppeさんも参加したい!と読んで感激しました。

    ウーピー参加はインターネットの記事で読みましたが、
    残念ながら見ていません。

    http://ap.google.com/article/ALeqM5hZmLBrL36NObNyMR0ghXN7vB5hYwD94E69EO0

    日本にもモルモン教の宣教師がたくさん滞在していますよね。
    私の分も睨みつけてください。

    モルモン教徒にも同性愛者はいるわけで、自分の信じている宗教が
    自分のセクシャリティーに反対しているなんて辛い立場だと思います。

    ところで、寒くなってきましたので風邪など引きませんように。
    Coppeさん、お体の方は大丈夫ですか?
    私は、風邪を引いて臥せっていました。

  2. akiさん

    自分の時間とお金を使うことって、確かに、「愛」がないとできませんね!個人レベルではあるけれど時間とお金を使ってくれたことで愛を感じます。
    akiさんはいつも良いことを言いますね〜(感涙)。

    同性婚合法のために、時間は割きましたが、お金はゲイバーへの酒代ですけど、これじゃダメかな?

  3. 私もNYにいることができたら、ぜひ参加したかったです。
    ウーピー・ゴールドバーグさんも参加していたみたいですね。

    近所のモルモン協会の近くを通る際に、車のなかから睨み
    つけときます(笑)
    昔は無料で英語を教えてもらったりしたんですけど・・

    KEN、大人気で良かったですね。!腐女子といい、恵さんの
    発想はすばらしいですね!

  4. 人のために何かできることって、自分の時間か力かお金を使う事だと思っています。そして、助けが必要な場合はどれも必要だとも。全部が出来ない場合が多いですが、「出来る事をする」というのが素晴らしいなと。

    恵さんの気持ちから出てくる言動はGayGuysに十分伝わっていると思います。

コメントは受け付けていません。