12

カリフォルニア州ではゲイ同士の結婚禁止、という悲しい結果に・・・。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

先日の大統領選挙では、他にも上院議員を選んだり、州の問題を二者選択で賛否を問う州民投票にかけられた。
日本でも衆議院の議員を選ぶ他に、最高裁判所の裁判官に○や×をつけたりするが、選挙はひとつだけでなく、
まとめていろいろアメリカでも行うようである。

カリフォルニア州では大統領を選ぶ以外に、Proposition 8 にYESかNOかを問う
州民投票の案件があった。
Proposition 8 というのは、「州法から同性婚を認める一文を排除する」という案だ。
この決定を州民の意志に委ねるというものだ。

投票結果、投票者の52%が、Proposition 8 にYESと投じた。
つまり、ゲイ同士の結婚を認める文を削除、つまりゲイ同士の結婚は認めないという結果になったのだ。
6月にゲイの結婚が認められたばかりだったが、なんとこれを直接州民投票に問いかけるように働いた人(または団体)
がいたわけだ。

カリフォルニア州はリベラルで素晴らしい州だと思っていたが、投票の結果は、宗教に縛られた保守的な人々の州だということが明らかになった。

他にアリゾナ州もフロリダ州も同性婚は禁止になり、
アーカンソー州では事実上、ゲイが養子をもうらうことは禁止された。

しかし、マサチューセッツ州や最近、同性婚が合法されたコネチカット州は引き続き、
ゲイ同士の結婚は認められている。
アメリカは終わっていない・・・。
東部は変わらずリベラルである。

***

オバマ次期大統領が、勝利演説で「ゲイ、ストレート」と公言したが、実際、退行してしまった。

ニュースによると選挙の翌日、結婚式を挙げようとロサンジェルスのシティホールに来ていたカップルは投票結果により、式を挙げることができなかった(アメリカでは戸籍がないので、結婚証明の発行のために市役所の教会で牧師の前で宣誓しなければならない)。
結婚ビジネスも当然、大打撃を受けた。
結婚パーティー、結婚指輪、花屋さんと全てゲイ同士の結婚禁止という投票結果のためにキャンセルされたのだ。

ところで、Proposition 8に反対するキャンペーンは、キャンペーンとしては最大のお金が掛けられた。
スターも有名人もこのキャンペーンに多額の寄付をしたのだ。
プラビもジョージ・ルーカスもスピルバーグも日本円で換算するとそれぞれ約1千万円を寄付した。

ブラピ ($100,000)
ジョージ・ルーカス&ルーカス映画 ($100,000)
スビルバーグと奥さん ($100,000)
エレン・デジェネレス ($100,000)

しかし、それは功を奏さなかった。
スターが賛同しようが、有名人がサポートしようが、それでもカリフォルニア州民はゲイ同士の結婚には
反対だったのだ。

どうして?
どうして??
どうして???

人が幸せになることは悪いことなのか?

カリフォルニア州ではこれまで3万8千組のゲイ・カップル(レズビアン・カップルも含む)が誕生した。
しかし、その結婚がそのまま合法なのか、それとも違法になり否認されてしまうのか?
それは州の判断が下るまで待つしかないとのことだが、それにしても酷い話である。

ban
まだまだ負けない!ファイト・バック!