再会の喜びと邪魔者

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ルームメイト氏はひとりでサンフランシスコに来たのではない。
ハウスメイトのタイラーと一緒に6時間ものの距離をドライヴして来たのである。

待ち合わせのホテルのロビーで、最初に目が合ったのはタイラーだった。
ルームメイト氏は背中しか見えなかった。
タイラーはルームメイト氏に目で合図をした。

振り返るルームメイト氏。

これが映画だったらスローモーションという効果を入れて劇的にするシーンだ。

「メグミィ〜〜〜〜」と両手を広げるルームメイト氏。
ちなみに彼は英語のお姉言葉を話す人なので、私の名前の「ミ」の部分は高音である。

「あ〜〜!ルームメイト氏ぃ〜〜」

痩せたみたい。
でも、髪の毛が・・・、髪の毛が・・・。
後退している。
薄くなっている・・・。

この僅かな一瞬の間に全体チェックをしつつ、後退のことは考えないようにした。
実物の彼に会える喜びと来てくれたという事実に感動し、胸がいっぱいになる。

映画だったら私が走って彼の胸に飛び込むのだろうが、
私は走るのが苦手なので早歩きで彼の胸に飛び込む。

ぎゅう〜と抱き締められ、額にちゅっとキスをしてくれた。
6月、LAの空港で別れた以来、3ヶ月半ぶりの再会である。

「メグミィ〜、来たわよ!私の愛を感じてくれる?愛の証よ!今度、私のことが嫌いになったり、
むかついた時に思い出すのよ!こんな遠くまで来てくれた私のことをよ〜!」
と、「愛の証よ」で終わればいいのに、一言余計だが、面白いことを言う、ルームメイト氏。
二丁目のバーでカウンターに入れば、毒舌バリバリなので人気者になるだろう、と思わずにはいられない。

私が滞在しているホテルの部屋に彼らも泊まるので、再会後、ホテルの部屋に行く。

***

タイラーは3人いるルームメイト氏のハウスメイトの一人だ。
お家の修理をしてくれる代わりに家賃を3ヶ月無料にするという条件で入居した人だ。
テキサスからロサンジェルスに引っ越してきた。
3ヶ月以上経った現在も求職中!
つまり無職状態なのでルームメイト氏は現在も家賃を無料にしていると言っていた。

ジャスティン無き後、彼がルームメイト氏の一番近い友達になり、よく行動を共にしていると
メールに書かれてあったし、実際、「今、何しているの?」とテキストを送ると、タイラーと一緒に
いるとよく返事が最近来る。

ルームメイト氏は経済の部分でタイラーを助け、精神的に支えてもらっているのだ。

ルームメイト氏はタイラーがまるで自分の家のように、ルームメイト氏のお家の修理をしてくれるので
感謝していると言っていた。
先週、タイラーが酔った時に「愛している」とルームメイト氏に告白したということも聞いていた。

5分も2人と一緒にいれば、2人が非常に仲が良いのが分かった。
2人だけのギャクはあるし、言葉を交わさなくても通じてる雰囲気がある。
共にジャスティンの悪口を言っていた。

多分、2人はセックスをしていると感じた。
セックスをしているのか事実を知りたかったが、真実を知って傷つくよりは知らない方がいい。

タイラーと肉体関係があるのはビシビシ感じる。
ルームメイト氏のことは以前程大好きではないにしても、事実を本人の口から聞いたら、
嫉妬でもがき苦しむ自分がはっきり見える。
だから、聞かない方がいいのだ。
後退と同様にセックスの事実の有無も忘れることにする。

夕食をレストランで食べて、カストロ(サンフランシスコのゲイ・エリア)に出掛けようということになり、
ルームメイト氏は服選びに忙しい。

ルームメイト氏は何度も何度も「これでいい? この服、メグミは好き? 髪型はどう?」と私に聞いて来るが、
タイラーには「これがいいんじゃない?」とまるで世話女房のようにTシャツを選ぶ。

ストレートの関係で言ったら、ルームメイト氏が妻で、タイラーが夫のようだ。

家賃を無料にしているし、家はルームメイト氏のものだから、経済的にタイラーをサポートして
精神的な支えをタイラーがしているという感じがした。
妻がバリバリ働いて、夫は主夫業に専念している、そんな関係が見えた。

でも、2人は友達以上の関係ではい。
ルームメイト氏(32歳)はお医者さんとデートしているし、無職でもタイラー(38歳)は15歳下の若い男の子とデートしている。

ストレートには分かり難い、ゲイの友達関係だ。
性的な興味も友情も全て同じ性である男性に向けられる。
セックスをしても友達でいられるし、逆に言えば、セックスをしてしまえば友達でいられる。
セックスをしてしまえば性的興味が失われるからだ。
ストレート同士の場合、セックス後、友情が継続するのはかなり難しいと思う。

***

6月、ルームメイト氏に会った時に、私が愛されていないと感じたが、そのひとつの大きな理由が
ライラーの存在だった。

6月の過去のブログに書いた、悲しいサンタモニカの出来事のハウスメイトとはタイラーのことだ。

私はタイラーのことが好きではない。
ルームメイト氏に会えて嬉しかったが、タイラーが・・・邪魔だった。

***

再会の喜びと邪魔者」への10件のフィードバック

  1. かかしさん

    書き込みありがとうございます!

    ROLE MODEL。
    かかしさんがその位置にいると思います。

    私の知っているゲイメンの多くは親友と呼べるストレート女性の友達がいないと言っています。

    ジャスティンがLAに帰ってから私のアパートに泊まりに来てくれるようなゲイの友達はいませんし、ルームメイト氏とは毎日コンタクトしていますが遠くで会えないし、ベスト・ゲイ・メル友の存在です。

    身近にゲイの親友がいて、かかしさんが非常にうらやましいです。

  2. さらなる書き込みでうるさかったらごめんなさい。

    そうですねぇ、やっぱり年代が30代後半から40代前半、
    ということが大きいのでしょうか。
    周りのゲイカップルは10年クラスが多いですし、
    社会的にも成功していて、二人で築いてきた生活基盤とか
    資産とか、時間とか。まぁ、ごく普通に連れ合いを持つということから
    生まれる安定感と責任だと思います。

    だからといって実際のところよそのカップルの性生活が
    どうなっているのかなんて知りようもないですし。
    でもみんなもう、若いときにいろいろやったし
    今は生活が大切という印象を受けます。
    とはいってもゲイの友人同士の付き合いは盛んだし、
    友人の輪というか、サークルもある程度決まっている感じですね。

    やっぱり年が上がってきたということなのかな。
    やりたいだけのぎらぎらした部分よりも
    ほかの部分で満たされているのでしょうね。

    いやまぁ、そうでないカップルもいるみたいですし
    やっぱりいろいろです。
    私の友人のところは身持ちが固いですよ。
    夜中までプールで騒ぐビーチハウスでのパーティーでは
    きわどく手を出されそうになることも多々あるみたいですけど
    さらりとうまく逃げてきます。
    私なんてボーっとしているから、
    その場に居合わせても気がつかない(笑)
    そっそう、まさしく水面下でそんなことになっていたの?!
    とあとで聞いていつも驚くののです。

    めぐみさんは内なるゲイマンとしての日々の苦労があるみたいですが
    私の場合、role modelがいないのが悩みです。
    ストレートの女友達は、
    「ほんと、あなたたちのところってWill & Graceみたいだよね」といいますが
    私も見ていないのですよ。
    私の友人いわく、
    「世の中のゲイには、みんな女の親友がいる」ということですが、
    私はどの集まりに行ってもたいてい紅一点だし、
    なんとなく自分の目指している関係と似ている女性に
    あったことがないので
    なんとなく、めぐみさんのブログにも伺ってしまうんですね。

    でも最近、まぁ、これはこれでこんな感じかなぁという
    気もしないでもないです。

  3. かかしさん

    ビーチハウスでサプライズ・バースデー・パーティーとはうらやましいです。それに帰属社会もゲイ・コミュニティーだなんて。
    さらにうらやましいです!
    落ち着いたゲイのカップル………会った事がないので興味津々です。

  4. 合宿のようなお泊りは、私の友人のびっくり誕生日パーティーを奴のパートナーが大々的に企画したせいです。普段は彼らのビーチハウスに泊まるのですが、何せ「びっくりさせる」のが目的ですから、私は別の友人のそのまた知人のビーチハウスにほかの友人たち数名と留めててもらったのですが・・・。もう噂話と陰口大会で(笑)私たちは恵さんの周りよりももう少し世代が上なのですが、もうおとな気ないこと著しく。個人的な諸般の事情でここ数年、隠遁生活のような日々の中、気がつけば帰属社会、ゲイコミュニティーという私です。私の周りはもうみんな落ち着いたカップルで、家庭的ですよ。アジア人の女で東海岸のゲイコミュニティーにいると、ほんとーにマイノリティーです。だから目立ちます。ですから目立たないようにしています。ですがゲイバーなどにいくと、友人と話したい一心で、周りの人が話しかけてくるんですよ。ははは。

  5. 舞姫さま
    振り回されないように・・・!!!!!!
    その通りです!
    気がつけば振り回されている!
    その通りです!
    いいとこ取り!それいいですね!

  6. 何だか、自分の人生を垣間見ているようなお話です・・・6月のブログも今読ませていただいてもっとそう感じました。

    わたくしのルームメイトも、前にも言いましたがそんな感じ。二人だといいんですけどね。親友やら、お気に入り男子が一緒だと、わたくしの存在は忘れます!一緒に住み始めた頃なんて、ルームメイトとその親友、そしてわたくし、と三人でいるのに、ルームメイトが一度もわたくしに話しかけなかったことも。あまりにも続くので文句を言ってみたら「無意識だからわかんないわ」と一蹴されました。

    最初の頃は楽しくて、それこそこのまま行けるなら結婚してもよいくらいでしたが、今では(誰と一緒にいても)本当に対等な関係にならない限り嫌!と思っています。やはりゲイという人種は、心は男そのものなのね~と、諦めていいとこ取りするように心がけている次第です。

    何だかわたくしの話になってしまいましたが、メグミさんと同じ状態の女がここにもいると思って慰められていただければ幸い♪お互い、振り回されないよう、自分をしっかり持って強くまいりましょっ!!!!

  7. こんにちは。うーん、運転の交代要員が必要だったことは理解できますが、やっぱりこの場合、めぐみさんと対して親しいわけでもないタイラーくんを伴って現れたルームメイト氏に問題を感じるかも。西海岸と東海岸に離れている友達と久しぶりに会うのだから、私だったら一人で来て欲しいですね。飛行機で来いよ、と思うのは私だけでしょうか?うーむ。

    しかしあれですね、ゲイの陰口(talk behind the back)ってもうあのカルチャーの一部ですね。みんながやっているから気にならないのか。私もいやだなと思って、今年の夏はゲイの友人たちと合宿状態で泊まったときにきっぱりと「あんたたち、人の陰口が多すぎ!」といってやりました。まぁ、私の親友はそういうタイプでないからいいんですけど。

    だれかまじめにゲイの男とストレートの女の複雑な人間関係について本を書いて欲しいと思うときがあります。でも既存の言葉の枠にはまらないし、はめてしまえばそれはそれでまた新しいカテゴリーを作るだけだから無理なのかもしれません。でも世の中には多いですね、この組み合わせ。そしてみんながそれぞれにとても独自の関係を作っているのだと思います。

  8. めぐみさん こんにちわ!
    あ~ルームメイト氏、(髪が)薄くなって来ましたか。
    32歳・・私と同級生ですね(一つ下かな?)、薄くなり盛り(笑)

    その場にいない人(ジャスティン)の悪口を言うルームメイト氏とタイラーさんの態度は嫌ですね。
    そういった何とも言えない無神経さのような部分が、6月の出来事といい、恵さんを不快な気持ちにさせるんでしょうね・・・多分。

    もともとどちらかというと女性的なルームメイト氏、大工仕事をしてくれるタイラーさんが頼もしくみえるのかもしれませんね。

    ルームメイト氏、そのうちタイラー氏との友情にも飽きる日が来るのでは?
    或いは、タイラー氏に仕事が見つかって、気が変わるか・・?
    いずれにしても、秋の空のように変わりやすい「ゲイ心」達観して眺めるのが良いのではないでしょうか?
    案外、性欲から蚊帳の外な女友達は貴重かもしれませんし。

    なんやかや言っても、長~く続いた関係こそが本物かもしれません。
    自信をもって!
    可愛い余計な一言に免じて、今回は赦すということで。

コメントは受け付けていません。