パンク・ロッカーはゲイ?

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

最近、友達になったインデペンデント・ホラー映画監督のニックくんに映画を観に行こうと誘われた。
ニックくんはホラー映画を自ら監督するくらいなのでホラー映画に詳しい。
私の興味は「ゲイ」である事はすぐに判明してしまった。
私の話の話題といえば全て「ゲイ」と言っても過言ではないからだと思う(笑)。

ニックくんの知り合いに「ゲイ映画のプロデュサー」がいるので、もし脚本が良ければお金を出して
くれる可能性もあることをニックくんから言われた。
日々どんな内容にするか考えているが、「ゲイのロマンス」ではなく「ゲイ・ホラー」にジャンルが
限定されているのだ。そこはホラー専門家ニックくんの知り合いである。

つまり、ゾンビがゲイメンとか、吸血鬼がゲイメンとかそういう設定である。
暴力シーンも入れないといけないらしい。
「私の大好きなゲイメンに暴力をふるうの?」と真剣に質問した私に、ニックくんは
「映画は娯楽なんだから、必ず入れなければならい要素があるんだよ」と言われた。

暴力の他に必要な要素はセックスである。暴力以上に必要な要素であ〜る。
それがなくて誰がわざわざ映画を観るのだ!!!
ゲイのセックスも必須事項というわけだ。

吸血鬼はゲイで、夜な夜なストレートマンを襲う!という設定はどうだろう?
安直過ぎ?

***

さて、ニックくんに誘われた映画はWhat We Do Is Secretというタイトル。パンク・ロック・バンドの映画だった。
何の予備知識もなく誘われるまま観に行ったわけだが、バンドのメンバーのインタビューが所々に挿入されるドキュメンタリー風に作られている。

パンク・ロックといえば、全く詳しくない私も知っているくらい、一般に知れ渡っているSEX PISTOLS、The Clashのイギリス系、ニューヨーク・パンクといえばRamones。

映画What We Do Is Secretの主人公はThe Germsというパンクが全く似合わないそうなLAのパンク・バンドだ。

私と同レベルのパンクの知識の方なら、LAでパンク!?と思われるだろう。
そうらしい。
映画を見終わった後、ニックくんから教えてもらったが、
「映画にも出ていたけど、1979年〜80年に掛けてLAのパンクシーンはかなり暴力的だった」。
LAにパンク・シーンがあったなんて全く知らなかった。
LAといえばイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』のかわいい、さわやかピンクである。

パンクは社会に反する若者の叫びの音楽(だというくらいは知っている)だ。
だから、ロンドンやニューヨークに代表されるように、冬が厳しく、生活が決して楽ではない土地だからこそ
支持されるものだと思ったが、そうではなかったようだ。

青い空にパームツリーにプール。
パンク・ロックには似つかわしくないLAの風景がパンクロカーと共に映画に登場する。

***以下、ネタバレの記述ありですので、ご注意。***

The Germsのリード・シンガー、ダービーがバンドのファンの男の子ロブと部屋のベットに一緒に座り、お互いに英語で言うところのintimacyが流れ、ダービーがキスをしようとすると
「えっ? 何? 何するんだよ」とはっきり拒否をする。
傷ついたダービーくんはバスルームに行く。

「ええええ〜?」
私は隣に座るニックくんに耳打ちする。
「ダービーってゲイ?」
「そうらしね・・・」

***

ゲイガイズといえば、ブロードウェイのミュージカル!ダンス・ミュージックと思っていたが、
そうではない。
パンク・ロッカーもいるのである。
ステレオタイプに踊らされてはいけない。

ダービーがロブくんのことは何かと気を掛けているのが分かったし、バンドのベースの女の子とロブくんが
セックスをしているのが聞こえ、つまり女の喘ぎ声が激しく、ダービーはズカズカと部屋に入り、上に乗っていた女を
ドーカーンと払いのけるのである。
嫉妬に狂う男心を見て、彼に同情する。
ストレートの男に恋しても報われない。
ストレートの女がゲイに恋して報われないと同じように・・・(泣)。

ラストは、ダービーがヘロインを故意に大量に注射して自殺願望の女性と共に彼女の家で心中する。
彼女の家にはプールがある。
彼女の部屋はプールサイドにある。

夜、キラキラ光るプールの水面が印象的だった。

***

辛く悲しい映画だった。

映画を見終わった後、映画館のロビーでジャスティンに電話した。
「The Germsの映画、観てよ」
と言ったその時、私の前を通りかかったパンクの青年に突然キスをされて、
「ジャスティン、見知らぬ人にキスされた!」と興奮しながら、映画のあらすじを説明する。

ジャスティンはバンド名は知っていたが、詳しくは知らなかった。
実は、ダービーを演じる俳優さんの立ち振る舞いと声はジャスティンに似ていて、
ジャスティンに無性に会いたくなった。

ニックくんは「誰と話したの?」と聞かれ、
「LAの友達。この映画を観るようにって薦めたの。舞台もLAだし!」と答えた。

***
What We Do Is Secretのポスター。中心に写るのはリードシンガー、ダービーである。

ジャスティンと出会って今月末で1年になる。
時が経つのは早い。
またいつか一緒の時間を過ごす時が来ますようにと祈った。

それにしても突然のキス、それもハンサム、パンクロッカーの若者にキスされて驚いたのは言うまでもない。
ニックくんのおかげで充実した一夜を過ごした。

パンク・ロッカーはゲイ?」への12件のフィードバック

  1. AMBERさん

    カウンター席(バー)ならば、ひとりでも大丈夫ですよ!

    先日、女性一人でワインを飲みながら食事をしている人がいて、
    格好いいなぁと思いました。

    ニューヨークは秋の気配です!

  2. ありがとうございます:)

    1人旅なのでディナー時のレストランは無理かなあ・・・と思っていますが、とにかく楽しみです!!

  3. 水無月さん

    吸血鬼ものに賛同してくれるとは~!
    私たち、QAFもそうですが好みが同じでしょうか? うふふふ~。

    キスされてびっくりしましたが、嬉しかったのは事実です。いやぁ~ん。
    ニューヨークでいつか、二丁目でいつかお会いできるのを楽しみにしてま~す。

  4. Amberさん
    そうなんですよ。Whole Foodsができまして、Avenue AにあるKey Foodsが
    一時期閑散としましたが、最近はお客さんが戻ってきたようです。

    Clinton Streetにも素敵なそれこそFANCYなレストランが立ち並び、ニューヨーク特集された日本の雑誌を片手にブランチしに来ているお兄さんもいて、かつての危険なピリピリした感じは消滅です!

    Pink PonyはLudlow Streetにありますが、そこから四つ東に行ったストリートが
    Clinton Streetなので足を伸ばしてみてください。

    Clinton St. Baking Co. & Restaurantは既にご存知かもしれませんが、話題のレストランです。並んでいるかもしれません。
    そんなレストランができたのですよ。驚きです!
    http://www.clintonstreetbaking.com/

  5. 恵さん、こんにちはー。

    突然パンク・ロッカーにキスされちゃったんですか???
    さすがNYだわ。
    いつかNYで恵さんにお会いできる日を夢見ております。

    ゲイな吸血鬼のストーリーいいじゃないですか!吸血鬼もの好き♪
    是非とも、ゲイルとランディくんをキャスティングして頂きたい。

  6. ‘fancy’と云う言葉がどうもあの辺りに結びつきませんが、lower eastsideにwhole foods marketが出来たと云うのを知り、なるほど変わってきているんだなあ・・・と。
    でもあの辺りは以前のあのままであって欲しい、と思ってしまいます。
    汚い!危ない!あの感じを楽しみにしています:)

    以前恵さんがお話していたあのpink ponyへ行って、真実を見てきたいと思っていますが・・・入れるか、私(^-^;

  7. shoくんのハートを射止めるほど、素敵じゃなかったんですね。
    残念。
    ゲイのヘビメタ氏にも会ってみたいですね。
    ヘビメタというよりは、グラムロックな人かな、やっぱり!

  8. akiさん

    こんにちは!
    元気になりました!憑き物が落ちたような京極堂のような表現ですが、
    まさにその表現がぴったりです。
    爽やかな気分です!
    お言葉に甘えてテキストしま~す!

    akiさんは、ニューヨークの夏をエンジョイしてますか?

  9. Amberさん

    こんにちは!
    10月までロングランで上映しているかは定かではありませんが、1時間30分くらいなのでちょうど良い長さだと思います。もしまだ上映していたら、ぜひご覧くださいませ。

    東京のように激しく変わらないニューヨークでしたが、Lower East SideやAlphabet  Cityは新しい高層コンドが立ち並び、FANCYになっているので
    驚かれると思いますよ。
    でも、汚い!危ない!あの感じは健在です!

  10. パンクロックゲイにNYであったことありますよ〜!
    動きとがか細いパンクな感じでちょっと気持ちは上がらず、でしたが…

  11. お久しぶりです。この1ヶ月で随分色々な事があったのですね。(まだ全ては読めてないのですが)
    今は元気になられたようで必要ないでしょうが、近くに住んでいるので、遠慮なくTextMSGなどくださいね。

  12. こんばんは。

    音楽の趣味がUKパンク出身の私にとって、好きな音楽+ゲイガイズ!のこの映画に非常に興味を抱きましたが、日本じゃ見られないんでしょうね。
    来月2年振り!!に渡nyの予定ですが、そんなに長い上映期間ではないですよね・・・と云う以前に、字幕なしでの英語は厳しいィ:(

    中旬から10日程、恵さんのご近所におります。
    何かお勧めのイベント・映画などありましたら、教えていただければ嬉しいです:)

コメントは受け付けていません。