夢は、ゲイメン・キャッスル!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

アメリカ人の男友達ヘンリーは俳優だが、俳優といっても商業ベースに乗った俳優ではない。
しかし定期的に公演はしているし、フリンジ・フェスティヴァルにも選ばれたりしているし、
俳優活動はずっと続けている。
こういう類いの俳優は大抵貧乏である。ヘンリーも貧乏だ。

ヘンリーには兄がいる。
ヘンリーの兄が住むアパートに遊びに行ったことがある。
ウエスト・ビレッジにあり、恐ろしく広く、映画に出て来るような梯子付きの壁中が本棚の部屋もあり、
こういう生活をしている人が本当にいるんだと驚いた。

ヘンリーの兄は妻子がいる。
妻は大学の英文学の教授だ。
ウエスト・ビレッジのアパートの他に、ハンプトンの海岸にはサマー・ハウスがあり(夏用の家である)、
アップステート(ニューヨーク州の北部)にも家がある。
ハリウッド映画のような設定だが、現実だ。

ヘンリーの兄のようなライフ・スタイル、マンハッタンにアパート、サマー・ハウスにアップステートにもお家があることが、私の憧れのニューヨークのライフ・スタイルである。

イースト・ビレッジの狭く、汚いアパートを抜け出し、夏の週末はハンプトンに、そして秋の週末は
アップステートの家に、平日はウエスト・ビレッジのアパートで暮らす!
まぁ!なんて素敵!

憧れにしてはいけない。
こうなりたいライフ・スタイルである。

ヘンリーの兄の友人は、裕福なビジネスマンばかりだそうで、私に紹介してもいいとい言われた。
チャンス到来である。

ヘンリーに私の条件を言った。
金持ちならば誰もでいいとう訳ではない。

「ストレート! 非ゲイ! 子供が来年までに欲しいから、子供が欲しくて家を即購入できる人がいい」

ヘンリーは「分かった!OK」と言ったが、こう付け加えた。
「でも、ひとつだけアドバイスがある」
「なに?なに?」
「男がやりたい!セックスのことしか考えていないという事実を知るのは厭でしょう?」
「うん、厭だ!」
「それと同じように、来年には子供と家!と男には言ってはいけないよ。
アナタを愛しているということを言わないとダメだよ」

***

男はゲイもストレートもセックスの事で頭がいっぱいだけど、女性から「愛しているのはアナタだけよ」と言われたい生き物なのだ。女は恋愛体質のようで子育てになったらかなり即物的になる。
子供のためならばの愛だの恋だのと言っていらなれないのだと思う。

***

愛して愛されたいけど、裕福なビジネスマンの背後にあるドルマークと不動産を見ながら心を躍らせ、
心の中では「子供〜」と叫びつつ、「愛しているのはアナタだけ」を言うことを面倒臭いと思う。
だから、ダメなのかもしれない。
自分が欲しいものを得るためには努力を惜しんではいけないと分かっていてもだ。

***

『マンハッタンにアパート、サマー・ハウスにアップステートにもお家があることが、私の憧れのニューヨークのライフ・スタイルである・・・』と書いたが、それは、それで私の希望だが、どのお家にもゲイガイスがいてくれたらと思う。
それを許してくれるストレートの夫!
それが理想!!

しかし、私の本当の願いはプレイボーイ・マンションのゲイ・バージョンである。
ハンサムでキュートなたくさんのゲイ・ガイズと私のお城、メグミ・キャッスルで暮らすのである。
私に恋愛感情を持ってくれなくてもいい。
またゲイに恋をして、苦しむかもしれないが、ゲイメンに囲まれて暮らすのも私の夢である。

夢は、ゲイメン・キャッスル!」への2件のフィードバック

  1. 玲さん

    はじめまして。
    書き込みありがとうございます!

    メグミ・キャッスル築城のあかつきにはぜひご招待します!
    私も開城の日の実現を夢見て日々精進します(笑)
    開城の日はイベントも開催する予定です。
    ジョージ・マイケルに、リッキー・マーティンに、マグナスくんに、
    コンサートを開き・・・!
    きゃぁ〜!失礼しました!

  2. はじめまして
    いつも楽しく拝見しています。
    お元気になられたようで、安心しました。
    私も金さえあればこの際、子供を持つのにダンナなんざ要らないのではないかと良く思いますが・・・。
    メグミキャッスル・・・素敵です。
    築城のあかつきは是非お伺いしたいです。

    なにはともあれ、健康第一です。
    またおじゃまします。

コメントは受け付けていません。