浮気はしてもいいけど、決して言わないで!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

『もしかして癌・ガン・CANCER!?』

その重圧に堪えてたつもりでいても、気が付けば泥酔してゲイバーで見知らぬゲイに誘われるままに彼のアパートに
車で行った。私は酔った勢いで、その日出会ったゲイとしたことを一部始終をルームメイト氏の留守番電話に残していた。その真意は嫉妬して欲しかったのだと思う。

「そんなのこと止めろよ」と平手打ちされるような、そんなドラマチックな展開を期待したのだ。
彼の愛を確かめたかったのだ。
ゲイは女性には恋愛感情を抱かないとは理性で分かっていても己の体を張って確かめたかったある。
子供ぽっいかもしれないが、その時の私にはそれしか方法が見つからなかった。

今回のLA訪問で、私は一滴もお酒を口にしなかった。

あの日の泥酔ワンナイト・スタンド事件以来、断酒!
お酒を楽しめるラインを遥かに越えてしまう己に嫌気が差し、それにこれ以上、お過ちを犯してまでお酒を飲みたいとは思わなくなったことと母になりたいと願うのにお酒に溺れてよいものかと思うように至ったし、それにルームメイト氏に嫌われるのが何より怖かった。

今回の滞在の最後の日、ルームメイト氏にこう言われた。

「実は前回来た時に酔って突然ヒステリクに泣き出すし、それに1週間後には酔って浮気をして変なメッセージを残すし、この人、大丈夫かしら? こんな人が私の子供の母親になんて思えないって思ってね、ジャスティンに言ったのよ、
お酒を飲むとあんなに精神的に不安定になるの?って。ジャスティンは、知らないって言っただけどね」

うっ、げっ・・・。

やっぱり相当酷かったのだ。

うっ、反省。

しかし、その一方で、一瞬、もうなんて勝手なの?という気持ちがよぎったのも事実だ。
お酒を飲まなかったら、ゲイのルームメイト氏とセックスはしていないはずだ・・・。
あの時、泥酔はしていなかったし、相当酔っていたわけでもないが、お酒の力がなかったら・・・
というのは事実である。
自分はインターネットで出会ってデートしているのに、私には貞淑・貞節であることを求める。

「ガンの疑いがあって辛い時だったのは分かるわ。辛くてお酒に走ったのよね。
それに今回、お酒は飲まなくて、泣いたりもしないし、ずっと笑顔で過ごせて楽しかった。
ニューヨークでは遊んでいるみたいだけど、次から次へと相手を変えるなんて本当のゲイマンになったみたよ。
浮気してもいいけど、女性なんだから、浮気したことは隠して、男性に忠実にして欲しい」

「浮気はしません。ルームメイト氏に貞操を誓います・・・」
と心から言った。

「男性に忠実にして欲しい」
この言葉が正直言って意外だった。
ゲイメンのルームメイト氏が女性に対して、ストレート男性と同じようなこと思うとは。
セックスに対してオープンマインドで、女性に対してリベラルに違いないと思ったのは私のそうであって欲しいという希望だったのかもしれない。
そうだ、ゲイは男なのである。
母である女性は男とはセックスしない性のない女性であって欲しいという男性の希望なのかもしれない。
セックスしないと母にはなれないのだが、聖母マリアな如く性とは全く関係のないところに母はあって欲しいのである。
私の場合はセックスしないで母になる方法ではあるが、母は夜、娼婦のようにもなるのだが。

空港ではルームメイト氏が入れるぎりぎりの場所でお別れのハグをして、手を振って別れを惜しんだが、彼は最後の最後まで「浮気はしてもいいけど、私には絶対言わないで」と繰り返し言っていた。

ルームメイト氏的には何度も何度も言うくらいだから気にしているだと思った。

***

カリフォルニアでは同性婚が合法になった。

ルームメイト氏は早速インターネットに「夫を求む」と出会い系に自分のアドを出したという。
冗談半分とは言ってたが、半分は絶対真剣だろう。
すると20名の応募があって、一人と早速デートしたとメールが来た。
真剣に付き合う気にはなれないけど、2、3回会って様子を見ようかなとメールには書かれてあった。

自分は夫探し、私には貞淑・貞節を求める。

これって、これって、これってと思う私がいる。
だからゲイ、ストレートに限らず、恋愛事はうまくいかないのだろうか。

ここはじと我慢すべきなのだろうか?
精子をもらうために彼のうきうきメールや電話を黙って見過ごすべきなのだろうか?

もんもんと今夜も悩み苦しむ・・・。


カリフォルニアで同性婚が合法化され、次はニューヨークか!という声も聞こえる。


レンボーフラッグは3ドルでウエスト・ハリウッドで売られていた。ルームメイト氏のお庭ではためく。

浮気はしてもいいけど、決して言わないで!」への4件のフィードバック

  1. akiさん

    実際、治療を開始したらリーガル的な問題を話し合ってと思っていますが、夫を持ちたいと思っていること・・・。
    これが私を苦しめています。
    夫と一緒に子供を育てたいと思うのが人として自然な気持ちだと思うのです。
    もし子供が授かったら、シングルマザーで育てようと思っていますが、共に子育てというのは夫になる人によるとは思っています。

  2. momoたん

    私に話してOKだと思っているのは私がそう言ったから。彼がどんな人と付き合うのかは私にも影響するからと思って言ったのだけど、自分を苦しめることにもなってしまいました。好きという感情があるからで仕方がないかもしれないと思いつつ嫉妬に苦しんでおります。

  3. 実はCAの合法化についてのNEWSを聞いたときから気になっていました。

    ルームメイト氏が男性と結婚する可能性があるのであればなお更、恵さんとの関係、子供の事に関してはそれなりに話し合った方が良いと思います。

  4. 女も同じく、「僕、浮気しました。今日は○○とデートなんだ~」なんて言葉聞きたくないですよ!忠実にあってほしいって、忠誠を誓えってことなのかな。そりゃ武士の世界だな。だけど恩義があっての忠誠ですからね。

    ルームメイト氏は自分の習性を知ってるめぐたんには、そんなことを話しても大丈夫だと思ってるのかな。しかしめぐたんがそれを言うのはダメ。矛盾してるな。
    ここは一つ、ゲイと女性。という概念でなく、男の女という概念で考え直さなきゃいけないし、ルームメイト氏にもそれを理解させなきゃいけない気がするんですが。

コメントは受け付けていません。