幸せを崩したくなる性質。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

精神的に参ると私の場合は酒に逃げるようだ。
逃げるようだと他人事のように言っているのは、逃げようと思って飲むのでなく 結果的に逃げたことになってしまった。

昨年11月以来、ヘルズ・キッチンのゲイバーに行った。
知り合いのマネージャーもバーテンダーもいなかった。
気がついたら、セキュリティーガードに肩をつかまれて、追い出された。 なんで追い出されたかも覚えていない。 余程、酔っていたのか? もう二度とそのゲイバーに行けない。
これまでバーで追い出されたことなんかなかったのに。
その後、タクシーで近所のゲイバーに行った。
初めて会うゲイメンに誘われるままに彼のアパートに彼の車で行った。
断片的にある記憶では多分クィーンズだと思う。
きれいな部屋だった。
ゲイだけど女にも興味のあるゲイで、でもバイセクシャルではないと言っていたが、 名前も顔も覚えていない彼と性的な遊びをした。
挿入はもちろんされていないが。
それから彼は私をアパートの前まで送ってくれたような記憶がある。
電話番号も交換してない。
朝目が覚めると8時半だった。
洋服を着たままで寝ていた。

私はその朝、AIDS WALKに参加する予定で、セントラルパークに8時半に待ち合わせだった。
その待ち合わせ時間に目が覚めた。 友達に前夜、飲み過ぎて行けないと言った。

恐ろしく罪悪感に苛み、ジャスティンと話して助けられたかった。
ジャスティンとよく一緒に行ったトンプキソン・パークのハレクリシュナの木の前のベンチに座って電話をした。
ジャスティンに懺悔の告白をするようにヘルズ・キッチンのゲイバーで追い出されたことや初めて会ったゲイのアパートに行ったことを告げる。

「見ず知らずのゲイのアパートに行って、そんなことまでしたの?」とジャスティンが驚く。
その後、「メグミ、俺、今、人を轢いてしまった・・・」とジャスティン。

ジャスティンは車を運転しながら私と話していたらしく、驚きの余り、なんと人を轢いてしまった。

私は、酔っぱらいながらルームメイト氏に顔も名前も覚えていないゲイガイのアパートに行って
ゲイとした事実を告げていた。

ルームメイト氏からは「あなたの酔っぱらいのメッセージを聞きました。
人は誰でも辛い時に逃げたいと思います。 しかし、今のあなたは体のことを考えればお酒に逃げるべきではなかったし、しかも他のゲイと一夜を過ごし・・・。 あなたに失望しました」 という悲しいメッセージが来た。

ジャスティンもルームメイト氏もその日に会ったゲイとセックスしているのに私が同じようなことをしたら
驚き、非難囂々だ。
それは男女の違いだからなのは理解できる。
そう女は妊娠し生み育む性だからだ。
それにAIDS WALKに参加すると決めておきながら、セクシャルにワイルドな行い。

ジャスティンもルームメイト氏も自分勝手だと怒ることは落ち着いた今だからこそ考えられるが、
酒に溺れ、ゲイバーを追い出されて、想像もしなかった行動に出た己に自己嫌悪に陥った。
何の解決にもならないのに。
身から出た錆ではあるが、ルームメイト氏に嫌われてしまった。
まさか、こんな展開になるなんて・・・。

LAでルームメイト氏と過ごした時間に戻れるものなら戻りたい。
しかし、過去は思い出せても時間は巻き戻らない。自分がした愚かなことも修正はできない。
酒のせいと言い訳してもしたのは他ならぬ自分だ。

私は幸せを崩したくなる積み木崩しの性質があるのは前々から何となく気がついていたが、
この期に及んでまさかの性質を認めざるを得ない。
幸せになるのが怖いのだ。


LAでの楽しかった時間が薄れて行く・・・。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

幸せを崩したくなる性質。」への6件のフィードバック

  1. おしゃるさん

    『長い目で見て将来こんな風になりたいな、と思う自分になるために、その都度思い返し、戒め、繰り返してはいけない!と思って行動するようにしています』

    おしゃるさんのこの言葉、身に染みています。
    私はそういうところが足りないからライターでもなんでも中途半端、成功しないんですね。
    寂しいです。

  2. uiさん

    HUGしてくれてありがとう!
    今度は本当のHUGをしてください。

    お酒に逃げているつもりはないのに結果的に逃げてしまいました。
    飲んだ翌日の後悔と罪悪感を何度も経験しているのに・・・。
    これは病気なのかもしれません。

    妊娠したいならお酒は止めるようにとお医者さんに言われましたので、これで止められそうです。

  3. momoたん
    落ち着いてきました。
    ほとんど記憶がないので、なんでゲイバーを追い出されたのかも、どんなゲイだったのかも詳細が全く分かりません。それで救われているのかもしれません。
    しかし、落ち着いたと書きましたが、やはり私の心は嵐です。
    早く凪になりますようにと自分に言っています。
    いつも助言をしてくれてありがとう!

  4. その後少しは時間が経って気持ちが落ち着きましたか?

    >私は幸せを崩したくなる積み木崩しの性質があるのは前々から何となく気がついていたが、この期に及んでまさかの性質を認めざるを得ない。
    自分の欠点、直したいところ、思い切り認めてしまいましょうよ
    認めてしまったらもう後は自分がどう変わっていきたいかを考えるだけです!
    私にも自分の大嫌いな習性があります そのために物凄く凹んだりした事はなんどもあります でもその度に「起こってしまったことは仕方がない、自分がこれから変わるしかない」と切り替えて考えるようにしています

    長い目で見て将来こんな風になりたいな、と思う自分になるために、その都度思い返し、戒め、繰り返してはいけない!と思って行動するようにしています
    ましてやめぐみさんの場合は体に関わることです
    本当に心を強く持って変わらないと、辛い思いをするのは精神的なことだけにとどまらず、肉体的、そしてめぐみさんの周りにいる人々みんなへと伝染していくんです

    きっと今回のことでルームメイト氏はほんとうにめぐみさんのことを心配したと思いますよ  心の底から心配したはずです  
    でも人間て、努力次第で変わることが出来るんです
    これから恵さんが変わっていく努力をしている所をみれば、信頼は回復できると思います 
    今まで2人の間で培われた信頼関係は、そうそう崩れてなくなってしまうものではないと思います
    恵さん、心を強く持って!乗り越えて下さい!
    遠くからだけど、応援しています

  5. お酒に逃げてしまう気持ち・・・理解出来ます。
    でも・・・その事で自分を危険にさらしてしまうのは・・・。

    前回の泥酔で頭部打撲・出血。
    この時の周囲の人達や私の気持ち・・・思い出して下さい。

    理解出来るけれど、恵さんの体は一つです。
    お酒に逃げてしまった事で、取り返しのつかない事になってしまったら・・・。
    ルームメイト氏や私の気持ちは
    《恵さんが辛い時に、側に居れなかったから・・・》
    と、恵さんを責めるのではなく、自分の行為に後悔を・・・。

    日本に一時帰国しませんか?
    私がN.Yに今直ぐ行く事は出来ませんが、日本へ帰国してもらえたら、いくらでも一緒に過ごします。
    辛い時は恵さんをHUGします!
    美味しいご飯も作ります!!
    美味しい奈良漬けも用意します!!!

    だから・・・もう、お酒で記憶をなくして・・・と言う行動はしないで下さい・・・。
    本当に恵さんが心配です。
    自分勝手な言い方になってしまいますが、もう、大切な人を亡くしたくはありません・・・。
    本当に・・・。

  6. その瞬間の幸せとは、いつまでも続くものではないかもしれません。だけど長い目で見た幸せは、自分の力で持続させなければいけないと私は思っています。

    私もめぐたん同様にお酒に走るタイプです。だけど心にもやがかかってる時のお酒は、絶対に醒めた時に後悔することをやってしまってるって毎回思うので、極力そのもやが過ぎ去るのを静かに見守るようにしています。

    めぐたんの中に色んなことがここ数ヶ月で起きて、それを一人で処理するのはとっても大変だと思います。だけどめぐたんがResくれないくらい、人気ブロガーになっても私は応援してますよ!ルームメイト氏だって、女性のめぐたんがワイルドに走ってしまったことに非難してるんじゃなくて、めぐたんの体のことを真剣に思って言ってくれてるんだと思う。子供を作りたいということで、ルームメイト氏だってめぐたんの人生に深く関わってきてるんだから、体調だったりメンタル面だったり、相手に対しての責任を真剣に考えてるのはルームメイト氏のような気がします。自分が落ち着くまでは、じっと静観してましょう。大丈夫。

コメントは受け付けていません。