ゲイメン50人と女ひとり・・・これこそ愛されている証拠!?

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

ルームメイト氏におやすみのテキストを送ったら直ぐに電話が掛かってきた。
「今ね、新しいお家にいるのよ。鍵をもらったの」と声のトーンがいつもよりも高い。
「あっ、声が響いている!ソコ、大きいんだね」
「きゃぁ〜、本当ね。響いている。エコ〜、エコ〜、エコ〜」と騒いでいるルームメイト氏。

私は車も買ったことはないし、もちろんアパートも賃貸だし、財産になるようなものを一度も購入したことがない
貧乏人ではあるが、車や家を購入したらとっても嬉しいんだろうなと思う。

「アナタが来た時、パーティーするからね。ゲイメンを招待してね。楽しみね〜」とルームメイト氏。
「レズビアンは来るの?」
「お友達はいるから呼べば来るけど・・・。レズビアンも呼ぶ?」
「レズビアンもいいかも〜」と本場The L Word『Lの世界』を堪能!?と妄想の世界に走る。
「え〜? レズビアンは女よ。女は招待しないわよ。ゲイメン50人に女はメグミ、ひとり!!」と断言する。
「女は私ひとり!?」
「当たり前じゃな〜〜い」
「またレズビアンに嫉妬して、大変なことになっちゃうかもしれないし・・・。ハハハ〜」と私。

そう私はルームメイト氏がレズビアンのお友達とLAのゲイ・レストラン、ABBEYで食事をしただけなのに、
激しく嫉妬して食事を邪魔すべく5分おきにテキスト・メッセージを送り、赤ワインのボトルを一気にあけた。

「ゲイ・ハーレムをアナタのために作るんだから〜」

***

ゲイメン好きな私にとって、『ゲイメン50人と私』はルームメイト氏が私をケアしてくれる、愛してくれている証拠以外の何ものでもない!?

胸を熱くして、ルームメイト氏を抱擁する想像をして、体が熱くなった。

やっぱり大好き!!


ゲイメン50人と私!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

ゲイメン50人と女ひとり・・・これこそ愛されている証拠!?」への4件のフィードバック

  1. おぉ~、相手を想像して熱くなる、子宮が疼く感じ、たまりません!!!
    好きなんだね、めぐたま、好きなんだよ。

  2. ayaniaさん

    サンフランシスコはお天気なんですね。
    青空にはばたくレインボー・フラッグを思い出しています。
    ニューヨークはまだまだ肌寒いですし、人はやさしくないです(笑)。
    カリフォルニアに私も行きたいです。

    日本人はゲイもストレートも同じくおしゃれですが、アメリカははっきり分かれている傾向にあると思います。日本人でも不器用な人がいるように、おしゃれじゃないゲイメンもいますが。

  3. いいなぁーーーーーー!!!!本当にうらやましいです…(泣
    想像すると、鼻血ブーですねww
    あー、私もたくさんゲイ友を作りたいです。香港出身の子が言うには、「本当に、アメリカのゲイはかっこいい人が多い」らしいので。。
    ちかも、ロスとなると…ほんと、いいなぁぁぁぁ☆

    サンフランシスコは連日晴れ続きで、日差しが強いです!
    こっちの人はみんなフレンドリーで、とても楽しいですよー♪

コメントは受け付けていません。