一難去ってまた一難とは、このことか。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

チューリップの写真を送って、Do you still love me?と言われて幸せ〜と思ったのも束の間、
ジャスティンとルームメイト氏は一緒に暮らしてることをすっかり忘れていた。

ルームメイト氏からLA時間の朝6時45分に、
「ジャスティンにあっという間に乗り換えたのね。悲しい・・・」というテキストが送られて来た。

そうだった。

私はジャスティンに、
「体外受精のためにニューヨークに来て欲しいのに、振られた男のことを気にしてニューヨークに来れないのよ。
厭になっちゃう。ルームメイト氏を好きになった私が間違っていた。
ルームメイト氏はこうるさいゲイだし・・・、皆の中心にいないと気が済まないし、誰にも良い顔しているけど、
悪口ばっかりで、あ〜あ、厭、厭」
と他にも散々ルームメイト氏の悪口を言った。

「俺がニューヨークに行くよ!!」
「本当? 本当なの?」
「本当だよ。俺が子供の父親になるよ」
「今までどうして気がつかなかったの? ジャスティン、あなたが私のことをいつも気に掛けてくれていたことを・・・! あ〜、なんで、あんな高いLA行きの航空券買ってしまったの? 私の馬鹿ぁ〜」
「俺に会いに来ればいいじゃん」
「でも、一緒に暮らしているでしょう? ルームメイト氏に会いたくない。あんな奴」とまで言った。
ジャスティンは「ニューヨークに行く!」、私は「一緒に家族になろう」と盛り上がった!

その時は真剣にそう思ったのだ。
それは絶対に酒の力だし、ルームメイト氏への当てつけだった。
翌朝、やっぱり私はルームメイト氏が好きで、忘れるなんてできなかった。
ジャスティンに悪口を言いまくったのは、レズビアンとデートしたことへの復讐に他ならない。

ジャスティンがルームメイト氏に語ったのは明らかだ。
ルームメイト氏は、何事?昨日、仲直りしたはずなのに、いつの間にかジャスティンと暮らすことになっていると
私への不信を募らせたのは想像に難くない。

***

「ジャスティンに乗り換えていない」とテキストを送った。
「じゃ、新しいゲイが見つかったの? 私は外されちゃったの?」とルームメイト氏。
「探してもいないし、誰も見つけていない」
「じゃ、新しい男はストレート?」

そういえば、怒った私は、「サンフランシスコに男(GAYとは書かずGUYと書いた)がいるので、さようなら〜」とスコットのことも言及していた。

今になって思えば友情を利用する醜い嫉妬だった。

時間帯からすると、ルームメイト氏は朝の出勤中に違いない。
運転しながら、テキストメッセージを送ってきている。
危ない。

「新しい父親候補なんていません!!」
「混乱してきたわ。後で、電話する」
とルームメイト氏からテキストが送られきたが、しばらくすると
「仕事が忙しいから電話できないわ。でも、メールでどうなっているのかメールで説明してくれない?」

私は長いメールを書いた(直訳ですみませ〜ん)。

LAには行きたいけれど、すぐには行けません。
今、携わっているプロジェクトを放ることはできないからが理由です。
だから、体外受精をするのならば、ニューヨークでしたいと思います。
妊娠するかどうかは専門医に診察してもらわないとですが、
受精のためには精子が必要で、ルームメイト氏にニューヨークに来て欲しいのです。
EXボーイフレンドのことでニューヨークに足を踏み入れたくない気持ちは分かります。

ジャスティンに「家族を作ろう」と言いました。
レズビアンとデートすると聞いて、激しく嫉妬して、あなたを怒っていましたから。
でも、ジャスティンは友達です。
ジャスティンに悪い事をしてしまいました。
友情を壊してしまったかもしれません。

サンフランシスコにもゲイ友がいます。
LAを訪ねる前に会いに行った人です。
彼はミリオネアで、彼も「父親」になりたいと言っています。
彼が金銭も協力してくれたら、私も子供も一生お金に困ることはないと思います。
じゃ、サンフランシスコのゲイを父親に選ぶ?と聞かれたら、
迷わず、NOと言います。

私は、あなたが好きだから、愛しているから、子供の父親(もし妊娠できるなら)になって欲しいのです。
それに将来、子供に胸を張って堂々とこう言いたいのです。
「パパは男を愛するゲイ。でもパパを父親に選んだのは、ママが愛している人だから・・・」

***

その夜、ルームメイト氏からテキストが来た。
「電話できなくてごめんなさいね。メグミの気持ちに添いたいけど、考えさせて欲しい・・・」

考えさせて欲しい・・・。

あっ、終わった、そう思った。
マスターベーダーに言われて、これから他のゲイにも行かず、迷わず、ルームメイト氏一本!と決意したのだが。

考えさせて欲しい・・・。

重い言葉だ。

あ〜ん。

嫉妬の代償だ。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

ジャスティンはどこまで真剣にニューヨークに来て、父親になろうと思ったのかは分からないが、
私はジャスティンをまたもや傷つけてしまったと思う。

一難去ってまた一難とは、このことか。」への1件のフィードバック

  1. 「考える」って、こんな意味深で簡単な言葉ってないですよね。言ってる側と言われてる側でのドキドキ感も違いますし。考えてくれた結果どうだった?ってことを聞かないとほ~んとにすっきりしない。どれくらい考えるの?どれくらい待てばいいの?って思っちゃう。女だからでしょうか。

    ルームメイト氏は、心が安定しているという印象があります。たまには安定には安定をで!女心って一喜一憂ですから、メンタルバランス保つのってほんとに難しいけど、最近は自分がアンバランスな時は人と連絡取らないようにしてます(笑)。

コメントは受け付けていません。