人を好きになることとは心が大きく揺れること。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

朝目覚めたら、頭がガンガン痛かった。
顔を洗って鏡を見たら、まぶたも顔も腫れていた。

昨夜、非常に動揺した私は友達からもらった赤ワインを開けて、飲んだ。

「酒でも飲まないとやってらんない」

体のことも考えて、それにアルコールは心の振幅が大きくなるのでなるべく飲まないようにしていたし、
大好きなゲイバーに行くのも自重する日々。
しかし、根が酒に走るタイプの、アル中気質なのでワインを飲んだ。
ガァーーーーーッと。

しばらくして、ルームメイト氏から電話が掛かってきて話をした。
しかし、何を話したのかはっきり覚えていない。
電話が来る前に、嫌味のテキスト・メッセージを送っていた。

「どうしてLA行きのチケットを買ってしまったのだろう。
どうして、あなたの子供が欲しいと思ったのだろう。
それは私が愚かだから・・・」

「デート、楽しんでね!ゲイメンは他にもいるのをすっかり忘れていました。さようなら」

かすかにある記憶では、ルームメイト氏がこう言っていたような気がした。

「100%ゲイだから、女性に性的魅力を感じることはないわ〜。
でも、普通に女性と食事をしたかったし、それに相手はレズビアンだから、私に何も感じないし、
友達よ〜!安心してぇ〜」

その後、私は何を話したのだろう。
覚えていない。
ただひとつ、ルームメイト氏とのことはもう終わりにしようと思った、という気持ちだけは覚えている。
電話を切った後、テキスト・メッセージが来たが、見る気力も失せていた。

***

私は彼がレズビアンとデートすることに激しく反応して、大きく心が乱れた。

私は、享楽的なことが基本的に好きである。
といってもバーに行ってお酒を飲んで、人と話すことである。
今、意識的に自重している。
外出しないで溜まったストレスのせいだろうか?

LAに引っ越すのは少なくても3年後〜5年後にしたいという私個人の事情がある。
この年月は、卵子も子宮も老化し、妊娠しにくくなる。
だから、ルームメイト氏にNYに飛んできてもらわないといけない。

金曜日の夜は、友人アレックスが私のアパートに遊びに来た。
彼には「LA在住のゲイマンと体外授精を考えている」ことを伝えていた。
「成功するまで、射精のためにLAからNYに飛んで来てくれるの彼は?」と聞かれた。
彼の友達が数人、体外受精で子供を持ったから何かと詳しい。
1回の射精で精液を冷凍すればいいのか思ったら、卵子を体内から取り出したら、
フレッシュ(新鮮)な精液をかけるのがいいそうだ。
彼は私がLAに引っ越すことを希望しているが、私はLAにはすぐには行けない。

実際、そこまで体外受精の話が発展した時、どうなるかはその時になってみないと分からないのが正直なところ。
もちろん来てくれたら嬉しいが。

「ニューヨークで父親になってくれるゲイを探せばいいのに」とアレックス。
ゲイカップルの話をした。
彼らはたまに子供の顔を見たいだけ、子育ても経済的サポートもしないとはっきり言った。
可能性は皆無だ。
「一組だけでしょう? 他にもいるわけだし、どこかエージェントもあるかもしれないし、
LAのゲイマンにこだわる必要もないんじゃないの?」

こだわる必要もないか・・・。
でも、こだわるのは好きだから以外になにもない。

***

そういう経緯もあって、昨夜のテキスト・メッセージ「レズビアンとデートします」に、
激しく反応してしまった。
向こうだって私にこだわっていないのだから、私だって彼に固執する必要はないのだ!と。

それに、ゲイメン&ゲイウーメンは仲が良い。
その輪に入りたくて、つまりゲイメンと仲良くなるためにはレズビアンになれないものかと
考えたこともある。この浅はかな考えは私が私たる所以であるのは否めないが。
レズビアンだと思っていた時期もあったが、私は男性にリレーションシップ(恋愛関係)を求める。
ルームメイト氏はゲイだけの世界を作っているようで私が排除されたような気持ちになった。

消えたい・・・

生理前、私は酷く落ち込む。
鬱になって、生きて行くのが厭になるのである。
PMSだ。
それもあった。
アルコールも助長し、私の心は夜、奈落の底に落ちた。

LA時間の深夜0時。
ニューヨーク時間の午前3時にジャスティンから電話がきた。
私はルームメイト氏の悪口を言い続けた。
驚いたことにジャスティンはただただ聞くだけで、一緒に彼の悪口は言わない。
ジャスティンは誰の悪口も言わない。
ルームメイト氏は女スイッチが入った時は、悪口言い放題、毒舌。

「LAに引っ越せないんだったら、俺がNYに移るよ。俺たちが家族になればいいじゃん」

たった1回のメイク・ラヴでも、相手に愛情を感じて、相手の子供を欲しいと思ってしまう。
ジャスティンは友達。
ルームメイト氏は好きな男性。
それは、たった1回だけど、心には大きいことなのだ。
しかし、ジャスティンが私のことを人としてリスペクトしてくれているように感じる。
実際そうだからなのかもしれない。

***

ルームメイト氏とのことは今後、どうなるかは分からない。
人を好きになると、好きではない人がどう言っても、どう行動しても気にならない点が、
敏感に気になって疲弊してしまう。
心がうまくコントロールできないのが、人を好きになるということ。

ところで、アメリカの医療保険の問題もある。
日本は国が行っているが、アメリカは違う。
ルームメイト氏とは結婚したくはないので(彼の夢である男性と結婚して欲しいから)、結婚していないと同じ保険には入れない。
体外受精は保険外ではあるが、幸いなことに私は医療保険があるのでルームメイト氏に
頼らなくてもいい状況にある。
選挙で民主党が勝てば、アメリカの保険は政府が運営することになるらしいが、アメリカの医療保険問題も
私の愛の行方を左右していると言っても過言ではない。

***

ご心配、お掛けしました。
元気にしてます!
コメントありがとうございました。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します

人を好きになることとは心が大きく揺れること。」への9件のフィードバック

  1. ホルモンバランスが崩れた時は、字にしてみましょう!いいかもしれない(笑)。ほんとに焼鳥やん!それで笑って解決できるかも。一番最短なホルモンバランス取り戻し方法ですね。

  2. momoたん
    ホルモンのなせる業だったのだと思います。
    ホルモンで私は落ち込みます。
    って、こう字面にすると焼き鳥みたいですが(笑)。

    ストレートにとっての同性の友達の感覚だったと私も思います。
    気がつかなかったけど。

  3. tadさん!
    ご心配ありがとうございました!
    自重していた分、爆発するかもしれませんが、その時は、せめてキャブに放り込んでくだされば・・・。

  4. もんくうさぎさん

    『人と人との関係は、切ろうと思えば意外とあっけなく切れてしまうものです。お互いに一歩譲り合うことで繋いでいけるものだと、思うのです。』
    あっけなく切れてしまいますよね。それを繋いでいくにはお互いを思いやる気持ちしかないのだと思います。それがなくて切れた関係はたくさんあります・・・。

    すぐにはLAに行けないのが辛いが私のイライラ〜、不安だったりします。でも、慌てないで、もんくうさぎさんが仰るように、ゆっくり行きます!

  5. アメリカ人ですし、ステディな相手はいないし、ましてやレズ=ゲイですので、ルームメイト氏からしたらやっぱり同性の感覚なのでは?ルームメイト氏には細やかな女心のようなものがあるので、レズの女の子やストレートの女の子と、家の装飾の話で盛り上がるかもしれないし!

    そしてジャスティンは、やっぱりいいヤツですね。さすがメグたんが見込んだ男です!

  6. 僕も恵さんの幸せを願ってます!!!お元気そうで安心しました(*^。^*)

  7. コメントを考えている間に、uiさんが言いたかったことを書いてくださいました(笑)

    人と人との関係は、切ろうと思えば意外とあっけなく切れてしまうものです。
    お互いに一歩譲り合うことで繋いでいけるものだと、思うのです。

    ルームメイト氏も、ジャスティン君も、本当に度量が大きくて優しいじゃないですか。
    ゲイだからとかは関係なく、人としての器だと思います。
    こんな魅力的な人たちと知り合う機会は、めったに無いのでは・・・。
    (ちょっと羨ましい)
    気持ちが落ち着いてから、お互いに腹を割って話せたら、また一つお互いへの理解が深まるのかも知れません。

    一緒にいれば、いずれ何かの形でぶつかるのだから、今回はその予行練習と言うことで(笑)
    結論を急がず、ゆっくり行ってみませんか・・・?

    僕も、恵さんの幸せを願っています!

    生意気な事を書いているような気がしますが、このまま勢いで投稿しちゃいます(汗)

  8. uiさん、お久しぶりです!
    お元気ですか?

    uiさんからいただきましたマンガThe BBBのように、でも赤ちゃんがいなくても3人で一緒に暮らせたらいいですね。
    子供のことになると、躍起になって空回りしてしまう私です。

    ゲイは同性に恋愛感情や性欲を感じます。
    冷静になって考えてみると、ということは、ゲイのルームメイト氏にとってレズビアンの女性は、ストレートの場合の同性の友達に当たるのではないかと思いました。
    私がuiさんに会うような感覚が、彼にとってはレズビアンの女性なのかもしれません。
    激しく嫉妬して動揺して・・・。
    もう二度と会えないかもしれません。
    了見が狭すぎでした。

    また飲んでしまいました!
    ぷはぁ〜!

  9. バタバタしていて、ちょっとブログを観れなかったら・・・(><)

    私が思うに、もしかしたらルームメイト氏は、恵さんとの事もあってレズビアンの方とデートするのでは・・・なんて思ってしまいました。

    もっと、色々と女性について知っておこう・・・とか。
    子供を持つにあたって、色々と誰かと話しをしたいけれど、ゲイメンだといまいち話しが盛り上がらないから・・・とか。
    (子供の話しなら、女性が一番盛り上がれるし、自分も一緒になって色々と話しが出来るし・・・どんな部屋にしたいかとか、どう育てたいとかetc.)

    ジャスティン君は本当に優しいと思います。
    もちろん、一緒に住んでいるルームメイト氏も。
    恵さんがL.Aで3人で暮らせたら・・・と願わずにはいられません。
    たとえ赤ちゃんがいなくても、3人で家族として生活出来るのでは・・・と。

    自宅での飲酒との事、安心してしまいました。

コメントは受け付けていません。