真の男気とは。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

人は確信が持てない時に、他のものに頼ったりする。
受験の時の滑り止めのようなものだ。
本命があるのだが、本命に行けるかどうかが不安。
本命に行けなかった時の安心だ。

実は、私は滑り止めともいえる安心を探した。
ゲイはロサンゼルスだけでなくニューヨークにもいる。
ルームメイト氏以上のゲイに出会えて我が子の素敵な父親になってくれるかもしれない。
できれば、子供をマンハッタンの私立の一流の学校に入れてくれるような二人とも高収入のゲイ・カップルなんかは
どうだろうと夢を描いた。

そう思うと、不思議なことにそういう方向に動く。
インターネットの掲示板でゲイカップルが父親になりたいので、レズビアンカップルを求むというのを見つけたのだ。
私は、「早速、レズビアンではありません。ストレートのシングルですが、ゲイとの間に子供が欲しいと考えています」と
送ってみた。
翌日、返事が来て、「レズビアンである必要はありません。ストレートの女性でもOKです」と書かれてあった。
そして彼自身のことが紹介されてあった。
アイリッシュ系とイタリアン系がミックスの白人。
今年36歳。7年の付き合っているパートナーがいる。
4年間結婚していたが(ゲイであることを隠していたのだろう)、離婚。
生まれも育ちもニューヨークでファイナンシャル系の仕事をしている等々。

かなり好条件だと思った。

「私の夢は二人の父親と母親である私と子供の4人で一緒に暮らしたいと思っている。出産後、1年間は働けないので、その分、生活のサポートをして欲しい」と私の夢を書き、はっきりした希望を書いた。

***

私は、ニューヨークのゲイカップルとコンタクトを取っていることをジャスティンに伝えた。
ジャスティンはだまっていなかった。
そうルームメイト氏に言ったのだ。
ルームメイト氏から電話がかかってきた。
「他にもコンタクト取っているらしいわね」
「ジャスティンが言ったのね。東海岸のゲイの状況はどうなのかのリサーチで・・・」と苦しい言い訳をした。
「オプションってことね。ま、いいけど」と不機嫌そうな口調だった。

「う〜ん。でも、あのね、とにかく不安なの」
「本当に子供が欲しいの? 欲しいなら一緒に暮らそうってずっと言ってるじゃない」
「いわゆるストレートのカップルじゃないから、私のこともサポートしてくれるかどうかも気になるし・・・。
出産して子育てしたら働けないし・・・」
「そういうこと!? 働かなくていいじゃない。私が面倒みるわよ」
「えっ」
「ニューヨークにいる人みたいに大金は稼いではいないけど、それくらい大丈夫よ」
「サポートしてくれるの?」
「当たり前じゃない」
「子供ができたら、20年間は責任があるのよ。それでもいいの?」と私。
「20年どころじゃないわよね。一生よね〜。」
その通りだとルームメイト氏の言葉で子供への責任を感じさせられた。

「子育てをしたいのよ。スパーム(精子)の提供だけじゃイヤなのよ。」
「男の人と結婚したくないの?」
「そりゃ、したいけど、ゲイは移ろいやすいから、分からないわ〜。女性を信用してる。アナタをね。
心配しなくていいのよ。メグミは子育てしながら、家にいて好きなことしてればいいわよ」

こんなに男らしい言葉を言われたことがなかった。
ただし、英語のお姉言葉だが。
今まで付き合ったストレートの男は子供に関して及び腰だったし、俺に任せろ的な言葉も言われたことがなかった。
働かなくていいだなんて!
男らしいと思った。

***

件のニューヨークのゲイカップルのメールが来た。

「パートナーと一緒に住んでいるところに女性を住まわせたくない。
経済的にひとりで育てることは可能ではないのか?
子供ができた後、デイケアに預けて働くことは考えていないのか?
レズビアン・カップルならば、出産後、一方が働いていて経済的にも安定している。
父親にはなりたいし、子供の成長にかかわりたいが、一緒に育てるということは考えられない」

そうニューヨークのゲイ・カップルは精子を提供したいが、一緒には苦労したくはないのだ。
良い所取りで済ませたいのだ。
「ヘイ!レズビアン!精子欲しいんだったらやってあげてもいいぜ!その代わり、時々会わせろよ!でも金は出さないぜ」
そう言っているように見える。
彼らの態度は不快そのものだ。

滑り止めを作ろうと思った自分の卑劣さを恥じた。
ルームメイト氏のやさしさを感じて涙した。
ルームメイト氏のようなゲイには出会えないのかもしれない。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します

真の男気とは。」への12件のフィードバック

  1. Shoさん
    素敵な映画のご紹介ありがとうございます。
    調べたらまだレンタルはされていないようなので残念です。
    ぜひ観たいです。
    実は、shoさんの言葉「恵さんが今観たら泣いてしまうと思います。」で泣いてしまいました。(;_;)

  2. おしゃるさん
    彼の愛を信じて行けるかどうかは、分かりません。
    愛の種類が違うと感じるからです。
    でも、言えることは、彼のことをずっと愛していけると思います。

  3. momoたん
    身を委ねたいですが、実はもう一人の私が言っています。
    「委ねちゃダメ」だと。
    というのは、経済的に独立した女性であるべきだと思う自分がいます。
    私が先に死ぬことばかり考えていますが(ルームメイト氏、かなり年下です)、彼が先に死ぬかもしれないし、それに何よりも自分自身に自信が欲しいのです。

  4. uiさん
    そうですね。
    他を知ってより彼の偉大さが分かりましたが、
    一難去ってまた一難です。

    べったら漬けをuiさんと一緒にLAで食べたいのですが。

  5. Akiさん
    かけがいの無い存在・・・そうだといいのですが。
    GAYであることもルームメイト氏に惹かれる要因です。
    しゃべり方に身のこなしに、気の使い方。
    あ〜ん、ノックアウトです!

  6. 水無月さん、こんにちは!
    ゲイメンは男ですが、ストレートの男性よりもロマンチックですよね。だからこそ、ストレートの男性が気恥ずかしくて言えない言葉が出るのでしょうか。

    保険が欲しかったんです。
    安心が欲しかったんです。

  7. 物理的な距離が、不安定な部分をより危うくしてしまいますよね。
    LA…

    僕は今日、映画観てしばらくしてから泣きました。
    『shelter』っていうhere!で放送された映画です。
    Californiaの海がそれはそれはきれいで…
    東欧系な男もお姉も出ませんが、恵さんが今観たら泣いてしまうと思います。
    http://movies.nytimes.com/2008/03/28/movies/28shel.html

  8. こんにちは!
    誰もが出会いたくても早々出会えないステキな人に恵さんは出会ったんですよ!
    きっとルームメイト氏もそう感じているはずです。
    彼の愛をど~んと信じてこれから進んでいけるか否か…めぐみさんはどう思いますか?

  9. うぉ~!!!ルームメイト氏、やっぱり必要な時には男ですね!その言葉待ってました!男を知り尽くした上での彼ならではのかっこいい発言!ルームメイト氏に身を委ねてみてはいかがでしょうか??そんなに心が広い男性が、この世の中にいるだろうか。ほとんどの人はNYのゲイカップルのように、いいとこ取りだけなんじゃないのかな。めぐたまを知ってて、そこをサポートしてくれて、そして一生涯かけて子供の面倒を見て行きたいって。素晴らしい男だ。

  10. 別のカップルとの接触で、ルームメイト氏の想いを聞く事が出来、良かったですね。
    そして、恵さんが一番不安に思っていた事を解決する事が出来、本当に良かったです!

    やはり、動かない(動けない時)は、違う方向から進んで行くのも一つの手段ですね。

    こうなると、やはりハリウッドの豪邸での住み込み家政婦の必要な無くなりそうなので、日本料理を作る友人としてL.Aへ遊びに行かせて下さいねp(^^)q
    恵さんの好物のべったら漬けを持参します♪

  11. ルームメイト氏の愛を感じます。
    ルームメイト氏からするとGayである事が好きな恵さんが、かけがいの無い存在なのでは?と思います。
    お互いの人生のタイミングも合っているのもポイントですよね。

  12. 恵さん、こんにちは!

    滑り止めをしたいというその複雑な気持ちわかります・・・。
    何事も絶対は有り得ないから不安になりますよね。
    でも!今回ばかりは無用では?ルームメイト氏は真のデキた男です!
    私の周りのストレートの男子よりよっぽど男らしい。
    そんな人に想われてる恵さんが超羨ましいですよ。
    女性が本当は言って欲しい言葉、全部言ってくれてません?

コメントは受け付けていません。