5秒間のちょい役で出ているFROWNLANDがNYのIFC CENTERで上映中!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

昨年の4月、5秒間ほどだがインターネット・カフェの日本人店員で出ている映画の完成試写会について書いた。
よろしければ過去の記事をどうぞ。コレコレだ。

その映画、FROWNLAND
ウエスト・ビレッジにある映画館IFC CENTERで現在、上映されている。

インデペンデント系の映画を専門に上映する映画館だが、シアターは複数ある立派な映画館である
(一応、商業映画館であることをお伝えしたいと思った次第であ〜る)。

金曜日から一週間の予定だが、好評ならば延長もあるということだ。
ifccenter.jpg
デカデカと映画館にサインが!!

また今週号のニューヨークのレベラル意見箱、Village Voice紙も批評家によるレビューが掲載された。
ウェブ版も読めるので、どうぞ。
ゲイのライター、MICHAEL MUSTO氏がマリリン・モンローに扮している恐ろしい写真が表紙だ(笑)。
街角でVillage Voiceを見て我が目を疑ったくらいだ。
彼の(見たくない)女装よりも私の銀幕での(ど下手な)演技の方がまだましかもしれない(笑)。
villagevoice.jpg
Village Voice紙に批評家によるレビューが掲載された。

監督のロニー(Ronald Bronstein)はNYUの看板学部である映画科の大学院を修了して、ニューヨークの映画館で映写技師として働きながら
映画を撮っている。

映画は好きで撮っていても商業的に成功したいと製作する者誰もが思っていると思う。
ハリウッド的な莫大な富を得る成功を収めなくても、自分が撮りたいものを追求してインデペンデント系で成功している(カルト作品でもファンの支持を受けて興行成績が良かった)監督がいる。
デビット・リンチやジョン・ウォーターズのように。
ロニーはその仲間に入りつつあると言っていいだろう。
posterfff.jpg
「今夜、この映画を観る」とポスターを見ながら言っている人に遭遇した。

インデペンデント系の映画を上映することで有名なIFC CENTERで上映されているということは素晴らしいことだと思うし、
その映画に参加できて誇りに思う。

もしお時間があれば、どうぞIFC CENTERに足をお運びください。
6th Avenue bet.3rd & 4th streets.
地下鉄の駅West 4th Streetを出てすぐ(6th Ave.の西側)にある。
chart.jpg
ボックス・オフィス。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

5秒間のちょい役で出ているFROWNLANDがNYのIFC CENTERで上映中!」への2件のフィードバック

  1. Shoさん、観てくれるのですね!
    感想待ってます!

    私もパラノイア・パーク鑑賞しました!
    Frownlandもパラノイアなストーリーですが。

コメントは受け付けていません。