私を慰めてくれる場所とは・・・。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

日本に帰国。
ニューヨークよりも寒く、かつ日本家屋である実家は毎朝が禅の修行のようであり、
お風呂に入るのは滝行の如く。
肉体的には厳しいが、両親の元に帰り、悲しみはなくならないけど、癒えていくのを感じる。

***

約1年ぶりにある友人に東京で会った。
ニューヨークのゲイ・ダンス・クラブといえばのSplash
Splashに関しては何でも知っているのよ〜的な顔をしているが、その友人が紹介してくれなかったら、
Splashの存在を知らずにニューヨークに暮らしていた。
アタクシのニューヨークのゲイ道の扉を開けてくれた重要な人物だ。
ゲイの友達、フミオだ。

失恋した私を慰めてくれようと連れていってくれたのがSplashだった。
去年の3月、フミオは長年暮らした(約10年)ニューヨークを離れ日本に帰ったのだ。

しかし、フミオと共通のアメリカ人の友人(ニューヨーク在住・男・ジェフ)からフミオが私の悪口を言っている
という話を聞いたのだ。
フミオを「二度と会いたくない人物のリスト」に入れた。
ジェフはフミオと頻繁に電話で話していた。

共通の友人ジェフが私が日本に帰るのならば、フミオに渡して欲しい本があると言ってきた。
悪口を言っていると言われている者に会うのは決して気分が良いものではない。
正直に言えば、会いたくなかった。
ジェフもわざわざ言わなくてと思ったが、ジェフは言っても私が傷つくとは思っていなかったらしい。
毒舌のフミオがこう言っていたよの類いの気持ちだったとは思うが、
私は激しく傷心した。

「フミオが悪口を言っているって言っても、フミオは誰にでも辛口だし、それにアンタ(私のこと)もフミオのことボロクソに言っているじゃない。お互い様だよ。悪口を言い合うなんて、実はひそかに愛し合ってんじゃないの? アハハハ〜」
フミオがゲイであることはもちろんジェフは知っているわけで、からかわれた。

実際、フミオの悪口を共通の友人ジェフに頭に来てお返しとばかりに言いまくったのも事実だ。

悪口を言っていると言われて小学生のように「二度と会いたくないリスト」に入れたわけだが、
フミオが帰国して元気でいるのだろうのかがずっと気になっていた。
共通の友人ジェフからの渡して欲しいとお願いされた本を渡すという大義名分もある。

フミオは辛辣だし、皮肉屋だ。
だから話しをして楽しいのだ。
気にするのは止めて、フミオに会うことにした。

ところで、フミオが言った私に関する悪口とは「人生、甘えている」とか「楽して生きようとしている」とか、
そういうことだ。

***

待ち合わせは新宿駅の西口だった。
みどりの窓口でNARITA EXPRESSのスケジュールを時刻表の本で調べていると聞き覚えの声がした。
「メグミさん、お久しぶりぃ〜」

仕事帰りのフミオはスーツを着ている。
痩せ形で180mはあるだろうの長身だ。
フミオは女言葉の日本語を話すが、しなってはいない。
仕事場で女言葉を話しているのか、どうなのかは分からない。

「ねぇ〜、どこに行く?」
「居酒屋とか、日本的なところがいいぃ」とリクエスト。
「じゃぁ、思い出横丁の焼き鳥でどうぉ?」
「きゃぁ〜、いいね」

新宿西口といえば、思い出横丁。
若かりし頃の私が飲んだくれた場所だ。
有楽町のガード下、高円寺のガード近く、そして新宿西口のガード下が私にとっての三大ガード下だった。

十数年ぶりで訪れる思い出横丁は遥かにきれいになっていた。
かつては油でギトギトしていて、流しのギターもいた。
現在は働いている女の子は、若くてかわいい韓国の女性だ。

omoide.jpg
きれいになった新宿西口思い出横丁。

ビールでまずは乾杯する。
頼まれ物を渡す。

「メグミさん、この度は大変だったわねぇ〜。ジェフ(共通のアメリカ人の友人)から聞いたわよ」
「う〜ん。祖父母が亡くなってもこんなに打撃はなかったのに。心が痛いよ」
「ボクもね、父親を亡くした時、気がついたら北海道を放浪していたもん。分かるわ」

***

時間はあっという間に経ち、悪口を言われた云々ということをすっかり忘れてしまった。

「そろそろ帰らないと終電なのよ」
東京の電車運行事情は24時間ではないし、マンハッタンに比べて巨大都市であるTOKYOはタクシー料金も高く、
郊外だと数万円の世界だ。

「明日、仕事だけど朝まで飲んじゃおうかな」
「飲もうよ!飲もうよ!」
「メグミさんを慰める場所がいいわよね。じゃ、二丁目行く?」
「行きたい!行きたい!」

フミオと私は新宿二丁目に行くことにした。
前回の帰国では予想もしなかった事情により、足を踏み入れることを断念した場所。
それに最後に行ったのは、四捨五入したら20年も前だ。
月日は流れた。

靖国通りでタクシーを捕まえ、乗り込んだ。
いざ!二丁目ぇ〜へ!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

私を慰めてくれる場所とは・・・。」への12件のフィードバック

  1. がびーーーーん(古い?)。大丈夫、大好きなNYなのでまた近々行けるはず!その際は必ず飲み明かしましょうね!
    気をつけて帰ってね~!

  2. 私もmomoちゃまに会いたいです!
    でも、残念なことにニューヨークに帰っています(泣)。
    地球は狭いです。
    いつかお会いできる日が来るはず。
    もつ鍋楽しんで来てくださいね。

  3. uiさん
    春ですね!
    日本で春を迎えるのは前世紀のことでした。
    空気の感じや太陽の光が「日本だっ」と思います。

    怪我や記憶を無くさないように飲むのを心がけます。
    って、約束します!と言えないところに私の弱さがァ〜。
    でも、泥酔して死ぬはしゃれにはならないので、
    激しい心の動きがあった時は酒に走るのではなく、それに他のもので
    紛らわせないで家でじっとしていたいと思いまぁ〜す!
    uiさん、いつもご心配ありがとうございます!

    いつか(近い将来)、思いっきりお酒を飲みましょうね!

  4. 水無月さん

    今回はオフ会の予定はないんですが、
    今度はぜひ開催できればと思います。
    東京ではお会いできませんが、ニューヨークにお越しの際は、Splashにご案内しますよ!

  5. わ~、ブログが更新されてないからとっても心配してました。日本に帰ってるのですね。今週の土曜日東京に行くのです。そしてもつ鍋食べるのです。いきなりですが、めぐたん、会いたいわ!!

  6. 本当に、酔っても記憶を無くさずに・怪我をしない・・・。
    これは約束をして下さいね(><)
    (心配で、もうドキドキしてしまいますから・・・)

    日本でのパワー補充で、N.Yの日々を過ごして下さいね。
    N.Yも春ですよね。
    春は色々な物が芽生えるし、気持ちも明るくなる季節です。
    ユックリと、また色々な事に挑戦してみて下さいね。
    東京から応援していますp(^^)q

  7. 恵さんのブログに遊びに行くのがもう日課になっております(笑)
    はい、是非二丁目ご一緒させてください~!
    いつでもいいですよ♪
    今回はオフ会みたいなのは企画される予定なんでしょうか?
    その際は是非お声がけくださいね!

  8. 水無月さん、こんばんは!

    久しく更新していませんでしたが、チェックしに来ていただいているようでありがとうございます!

    ニューヨークは暖冬でしかもセントラルヒーティングなので部屋の中は常夏のハワイでした。

    今度、ぜひ二丁目ご一緒しましょう!

  9. uiさん

    寒くて、寒くてです。
    懐と気候は寒いですが、心は温かくなりました。
    元気になってニューヨークに戻れそうです。
    酔っても意識がある酔いで怪我しなそうです(笑)。

  10. 恵さん、こんばんは!

    更新してるの発見してすっごく嬉しかったです。お元気そうでよかった。
    今、同じ日本にいらっしゃるんですね~♪
    疎遠になっていたお友達とまた楽しく過ごすことができて良かったですね。
    そして久々の二丁目ですか!ご一緒したかった(笑)
    私には未知の世界なので、是非とも続き楽しみにしてます。
    NYより寒いとは意外ですがお風邪引かないように気を付けて下さいね。

  11. 懐かしい&楽しい再会が出来、良かったですね♪
    そして、念願の二丁目へ行く事も出来、本当に良かったです(⌒о⌒)

    N.Yへ戻る事が決まっても、《また帰ってこれる場所がある・・・》と思えると、またN.Yで色々な事に挑戦する事が出来るかな~と。
    いつでも、応援していますp(^^)q

    二丁目ブログ、楽しみにしていますね~!!

コメントは受け付けていません。