アメリカ西海岸ゲイバー巡礼の旅1

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!

発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!

女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!

*auのケータイサイトで購入できます!

***

約2年半ぶりに日本に帰国した。

逆カルチャーショックに打ちのめされたためか、想像を遥かに超えてサンフランシスコとロサンジェルスでのゲイバー・ツアーが非常に面白く、しかも連日連夜の連続飲酒がたったのか、風邪を引いて寝込んでしまった。

日本に帰国する朝、長時間のフライトに備えて睡眠をとるなんてもったいない時間の使い方はしなかった。1分でも1秒でも一緒にいられる時間を惜しんだ。

朝の5時までジャスティンくんと飲んで飲んで飲んで踊って踊って踊って語り合った。
出発時刻はお昼の12時。9時には出掛けなければならないというのに。

ジャスティンくんはLAX(空港)まで送ってくれたのだが、空港へのハイウェイは渋滞。

「間に合わないよ。日本にもニューヨークにも行かないでこのままLAにいるんだよ」と冗談ではあるが、そう言ってくれた。

このままジャスティンくんと彼のルームメイト、バービーのボーイフレンド、ケンのそっくりさんと一緒に暮らしてもかまわないと思った。
ニューヨークで女一人孤独にゲイバー巡りをしているより、彼らと暮らした方が幸せに決まっている。

しかし、幸か不幸か時間通りに着いてしまった。
今度はいつ会えるのだろうと思うと止めどもなく涙が出てきた。
ジャスティンくんは間違いなく私のベスト・フレンドだ。

プラハの君がチェコに帰る日、私の心には雲がかかり、ジャスティンくんがニューヨークを離れた時、私の胸には大きな大きな穴ができた。

鬱になり、彼らの写真を見ては涙に暮れる日々だった。そしてLAを発つ日、さらに大きな穴、クレーター級の穴が私の胸にできてしまった。

その巨大な穴の理由。

それはジャスティンくんとの別れだけではなかったからだ。
それに追い打ちをかけるようなハリケーンが私を襲来した。
プラハの君を越えるゲイガイと出会ってしまった。

性懲りもなくまたゲイマンに恋をした。

***ところで、わずか8日間の西海岸のゲイバー巡礼の旅だったが、己の体力の限界まで遊んだ=飲んだ!踊った!触った!ゲイマンを!

僭越ながら、その旅の記録をこれからお伝えしようと思っている。

***

第一日 サンフランシスコ

ニューヨークのゲイバーで知り合ったスコットが真っ赤なベンツでお迎えに来てくれたことはご報告した。
彼が連れて行ってくれたのは、asia SFというトランスジェンダーのダンサーがリップシンク(口ぱく)でショーをするレストラン。
たった1回ではあるが忘れることは不可能であろうの密度の濃い一夜を過ごしているスコット。
電話やメールで頻繁にやり取りをしていたが、いざ再会〜となって、彼が緊張しているのが手に取るように分かった。彼は車を運転するのでお酒は飲まなかったが、私がワインを1杯飲んでリラックスすると彼の笑顔にも緊張が解けた。きっと私が緊張していたのだろう。

お客さんの大半は女性で、離婚記念パーティーを開いていたグループもあった。

「男として生まれましたが、現在は女性として生まれ変わり活躍していまぁ〜す!」とMCが言っていた通り、ダンサーはトランスジェンダー。

ドラッグ・クィーン(女装)ではない。バーカウンターで踊りながら、リップシンクをする。はっきり言おう。ニューヨークより美しい。ダンサーの中で、ひときわ輝くキラキラ〜☆★の美しい女性がいた。

この美貌には見覚えがあった。

かつて私が六本木のフィリピン人のおかまバーで出会い、恋をして一緒にディズニーランドに行ったリリーだ!!

もしかしてリリー!? 

しかし、リリーはもうちょっと丸い顔だった。
目をぱちぱちして見つめる。

リアーナのアンブレラを熱演!
スコットとともに感動する!

asia2.jpg
見て!このナイスボディーを!

asiasf1.jpg
もう一度見て!

ショーが終わり、彼女に話しかける。彼女もリリーと同じくフィリピン人だった。

リリーの親戚かもしれないとあれこれ質問するが、親戚でも縁者でもなかった。アメリカ生まれのフィリピーノ・アメリカンだった。
それにしてもフィリピン人は美しい人が多い。
実はスコットもフィリピン人が大好き。その点では我々の好みは一致している。

asia4.jpg
ダンサーのひとり。彼女もエレガントで素敵だった。

asiasf5.jpg踊りもスタイルも抜群!名前を忘れてしまったのだが・・・。リリーは元気だろうか(遠い目)

***

asia SF
201 Ninth Street @ Howard StreetSan Francisco, California 94103
Phone : 415-255-2742
要予約
ヒュージョンのアジア料理。

サイトはこちら。

***

asia SFを後にして、ゲイの聖地カストロへ真っ赤なベンツをぶっ飛ばしてスコットは連れていってくれたのであった。つづく・・・。

***

久しぶりに更新しました!
多くの書き込みありがとうございま〜す!   

アメリカ西海岸ゲイバー巡礼の旅1」への5件のフィードバック

  1. 恵さん

    お帰りなさい!!

    とっても濃い~時間をLAで過ごされたようですね^^

    日本でも忙しい毎日なんでしょうか!?

    東京のハプニングバーも是非行ってみて下さい♪

    お会いできる機会を楽しみにしてます!

  2. 恵さん、こんにちは~♪
    おかえりなさいませ!体調の方はいかがですか?
    なんだか新しい恋も見つけたようで。。。
    またお話聞かせてくださいね!
    お会いできる日を楽しみにしてます♪

  3. あ~ん、待ってましたよ~!久々の日本へお帰りなさい♪
    SFの旅LAの旅、とっても有意義なものだったようですね。

  4. め・ぐ・さ・ま! おかえりー!!!!!!!!!!

    久々の日本はいかがですかぁ??チャンスがあれば一緒に酒盛りしましょう!笑

  5. お帰りなさ~い♪
    沢山の楽しい時間と共に帰宅し、その反動で風邪を・・・(><)
    少しユックリと静養し、X`masと年末年始に備えて、復活して下さいねp(^^)q

    西海岸では素敵な出逢いと出来事が沢山あったんですね!
    また色々と聞かせて下さいね~♪

コメントは受け付けていません。