Hello from San Francisco

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!

発売日:12月14日(金曜日)
3部構成で1部300円!

女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

サンフランシスコからこんには〜!

昨日の午後、サンフランシスコに到着!
お天気は曇りだった。
ニューヨークは極寒だったので、コートにマフラーにブーツ姿の私はここサンフランシスコでは異様だった。

サマーくんのアパート付近もゲイエリアで有名と聞いていた通り、キャブを降りると早速ゲイのカップルに遭遇し
私の胸は高まる。
あ〜〜〜!サンフランシスコのゲイだ!

友達のサマーくんのアパートに行ったが、彼は仕事でいなかったので一人でしばらく過ごす。
ディナーを予約しているからとゲイ友のスコットが7時30分に迎えに来てくれた。
それも真っ赤なベンツでだ。
これまでの人生で真っ赤なベンツを見たことがない。
ニューヨークの高級ホテルでの一夜のことは前日お伝えしたが、高級ホテルに真っ赤なベンツといい、
彼はお金持ちのゲイらしい。いや、らしいではなく、お金持ちなのは確実だ。

ディナーの場所は、トランスジェンダーがバーカウンターでショーをするレストラン、アジア。
写真がアップできないのが残念だ。
後日、詳細を報告するが、その後、ゲイといえばのカストロに行く!

イェ〜〜〜イ!
誰が言ったの?サンフランシスコのゲイがいけていないって!
全然、そんなことはない。
かわいい男の子ばかり。きゃぁ〜〜!
それにクラブのミラーボール(英語で言うディスコボール)がニューヨークよりでかい!!

ゲイ友スコットと手をつないでカストロを歩く。
スコットは車のドアの開け閉めも、レストランのバーのドアの開け閉めもしてくれて感激する。
ジャスティンくんもいつもそうしてくれていた。
ゲイメンはジェントルマンが多い。

行ったゲイバーは合計6軒。
平日の火曜日でスローだと思っていたが、夜11時には大盛り上がりだった。
ゲイポルノ男優のGo-Go Boyにも出会って記念撮影。
旅の恥はかき捨てとばかりに、スコットと一緒に得意の(!?)ゲイメンもナンパし、ニューヨークに来るときは
連絡してねと電話番号をサンフランシスコのゲイと交わす。

結局、場所が変わっても変わらない自分に気がついたサンフランシスコの第一夜であった。

***

ネットカフェでアップしている。
コメントをくださった方々へ:お返事は後でしますので、ごめんなさ〜い。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

Hello from San Francisco」への3件のフィードバック

  1. 恵さん、こんにちは!

    わっ!早速サンフランシスコから更新だ~♪
    思ったとおり初日から満喫されてるようですね。
    そちらにも恵さん好みの東欧系美青年ゲイメンはいるかな?
    西海岸ゲイメン事情レポート宜しくです!

  2. ハシゴ6軒でナンパ♪
    恵さんはサンフランシスコでも健在で良かったです(⌒о⌒)

    紳士的なのは人間的にも素敵ですね。
    やはり、エスコート出来てこそ、一流・・・なんて思ってしまいました。

    また、楽しい報告をお待ちしていますね♪

  3. メグさま、エンジョイなさってるのね~
    ネットカフェから更新するほど盛り上がってるなんて
    う・ら・や・ま・し・い・わ~(笑)

    引き続き楽しんでね~

コメントは受け付けていません。