女だけでニューヨークのゲイバーに行くならば……

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

最近、コメントをくださる方がニューヨークのゲイバー探訪に来るというコメントをいただいた。
内容からすると女性4人のグループらしい。

おすすめするのは、SPLASHだ!
GO-GO BOYSがパンツ一丁でバーカウンターで踊るダンスクラブ!
バーテンダーもパンツ一丁でお酒をサーヴしてくれるし、しかもハンサムばかり。
それに世界各国のゲイメンがやってくる!
女性にもやさしい!
ニューヨーク・ゲイバーの入門編といえるクラブだ。
dscn6842.jpg
ゲイバーにミラボールは欠かせない。

***

私が大好きなのはキャンパス・ナイトの木曜日。
ベルアミ・ボーイズ的なかわいい少年!少年!GO-GO BOYSが踊っている。
キャンパス・ナイトのキャプテンは大大大好きブランドンくんだ。
dscn7216.jpg
お誕生日パーティーの時のパネル@SPLASH

bb4190702.jpg
今年の始めの頃のブランドンくん@SPLASH

***

木曜日以外は、ムキムキのGO-GO BOYS/GUYSだが、キャンパス・ナイトとは全く異なって
それはそれは鍛えられた筋肉質の肉体とびっくりするような立派なもっこり(英語でいうpackage)が見られる。
キャンパス・ナイトは少年的なのが売りなので、立派なもっこり(package)を期待してはいけないが、
かわいいさで悩殺されるだろう。

躊躇することなく、パンツにチップの1ドル札をはさもう。
ハグ(抱き締めてくれる)してくれるだろうし、記念撮影もしてくれるだろう。
中には立派なもっこり(package)をさわらせてくれるGO-GO BOY/GUYもいる。
dscn7091.jpg
最初は勇気がいるが、慣れるととっても楽しいチップ入れ〜@SPLASH

しかし、土曜日は女性の入場料が40ドル。高額だ。
平日(月から木)は夜10時前であれば入場料は無料。10時以降は5ドル。
金曜日に関しては実は行ったことがないので分らない。

私は貧乏なので9時55分に入店する。最近は木曜日しか行っていないが。
GO-GO BOYSが登場する10時半から11時以降まで時間を潰すのが常だ。

ドリンクはカクテルが9ドル。
バーテンダーにはチップ1ドルを渡すのが相場だ。
私はいつも大大大好きなダンくんから飲み物をオーダーする。
彼がバーテンダーをしているのは水・木・金だ。
dscn7082.jpg
ダンくんも本当に美しい。@SPLASH

*** 

*** 楽しい一夜を過ごすために気を付けて欲しいこと!***

私が気を付けていることなので参考になればと思う。

***ID***

21歳以上であることが入店の条件。
どこのバーでもID提示を求められる。
アメリカ連邦法により決められている飲酒年齢が21歳からからだ。
パスポートのコピーの場合、入店を断れる場合があるので気をつけよう。
IDチェックは厳しい。

***トイレ***

SPLASHはストリート・フロアーの1階と地下のバーという構成になっている。
トイレは地下にあるが、男女兼用でしかも、鍵がない。
それはセックス防止だと思われる。
ドアは自分で押さえるか、友達に押さえてもうらうのがいいだろう。
女性がトイレで用を足しているのを見られても変な興奮をされたりされないゲイバーではあるが、
人としてやはり見られるのは辛いものものだ。

男子用の小水トイレはドアがなく、しかもバーサイドから磨りガラスで影になって映るような仕掛けがあり、
セクシーである。

***酔っぱらいやセールス目的の男に声を掛けられたら……***

酔った妙な男がつきまとってくる場合があったり、GO-GO BOY/GUYを生業としているストレートの男性から
声を掛けられ、「君の自宅でストリップするよ」とセールスを持ち込まれたりする場合があるが、無視するのが得策だ。
どうしても酷い場合は、店内にセキュリティーという黒いTシャツを着た男性がいるので苦情を言おう。

***コート・チェック***

冬は厚着なのでコートをコート・チェック(クラーク)にたのもう。
SPLASHでは地下1階にある。
ひとつのアイテムで2ドルだ。ただし、財布やIDなどの貴重品はバックなどに入れて肌身離さず持っておこう!

***バックについて!!日本ではないことを認識しよう!***

ハンドバックを椅子に置いて席を立っても何もないのが日本だが、ニューヨークは違う。
ニューヨーカーは誰もバックを自分の手から放したりしない。
絶対は放してはいけない。どんなに酔ってもしてはいけない。
これまでSPLASHで物を盗られたりしたことはないが、それはニューヨークの常識だからだ。

***

SPLASH

50 West 17th Street (bet.5th Ave and 6th Ave)
New York, NY 10011
212-691-0073
サイトはこちら。 

***

大和撫子4人がSPLASH!
きっとゲイメンの目を引き、声を掛けられると思う。
日本贔屓で、日本語を勉強しているゲイメンであり、それはもちろん、ナンパの目的はないが。
ぜひニューヨーク・ゲイバー経験を楽しんでいただきたい。
私のブログの存在も無駄ではなかったことになる。

ゲイメンドラマQAFのファンであれば、バビロンと重なる点は多く、ブライアンが!ジャスティンが!
踊っている錯覚におちいり、感動すると思う。

brian_1.jpg
ブライアンが!ジャスティンが!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

女だけでニューヨークのゲイバーに行くならば……」への10件のフィードバック

  1. ダンっていうひとめちゃめちゃ美形すぎます><この人ゲイなんですか??
    信じられない位かっこいいんですけど・・・・漫画にでてくる王子様みたい・・・
    やっぱり外人の美形は絵になりますね~私もいきたいです

    • risaさん
      コメントありがとうござます!
      ダンさんは写真以上に実物は素敵です〜
      でも、今は残念ながらSplashで働いていないかもしれません。

  2. momoたま

    若い肌は美しいです。
    しかし、年齢を重ねているからこそ醸し出て来る美しさがあります〜!
    映画SEX AND THE CITYも楽しみですね!

  3. キャリー見たの~、めぐたまうらやましい!!!すっごい細いのが想像つきます。

    そうです、女性は歳を重ねてこそほんとの美しさが出るのです。なのに日本のテレビなんて、若けりゃいいって感じですよね。若い子なんていくら少子化と言えど、毎日生まれてますから。日本の男性もなぜ分からないかな~って不思議に思います。歳を重ねたからこそ、若い子に負けるわけない迫力と存在感、美しさを持った女性はたくさんいますからね!

  4. momoたま

    映画SEX AND THE CITYが現在、ニューヨークで撮影中。
    先日はニューヨーク市立図書館で撮影があったそうです。
    みんな、歳をとったので『よぼよぼ〜AND THE CITY』と悪口を言う人もいますが、女性は歳を重ねてこそ本当の輝きがでるのに失礼しちゃいます。
    私も以前、そこでサラ・ジェシカ・パーカーを見ましたが、細いのに驚きました!

    キャッ!ためになったのね。
    嬉しゅうございます。

  5. おしゃるさん!

    思わず力が入って書いてしまいました!!
    少しでも不安が取り除ければと思いまして。
    トイレが男女兼用でしかも鍵がないのは本当に驚きでした。

  6. 水無月さん、こんにちは!

    シャツを脱いで踊るジャスティン〜。あのシーンはいいですね〜。
    ブライアンは骨抜きにされることも知らずにフラフラ〜と行ってしまいました(笑)。

    来月の中旬に帰国しまぁ〜す!

  7. めぐたま今度はhow to ゲイバー系の本を出したらいかがでしょう??女子は買いますよ~!!

    話は変わりますが「package」。最近買ったSATCのDVD全巻を見直してたら、サマンサがオフィスに来る郵便配達のお兄さんに手に持ってるpackageと下の方を指して、そのpackageも欲しいわ。と言ってました。めぐたま英会話が役立つ時でした!!ありがとう!!

  8. こんな詳しい情報もめぐみさんならでは~~
    行く方がうらやましい!
    本当にいきたーい!

  9. 恵さん、こんにちは!
    ちょっとご無沙汰しておりました。

    私もNY行きたい!SPLASH行きたいよ~!
    バビロンと似てるだなんて尚更行かなくちゃ!!
    やっぱり木曜がいいわん♪

    貼り付けて下さった画像はS1E3でジャスティンがブライアンを
    振り向かせたシーンですね~!!う~ん、やっぱりいい!

    日本にはいついらっしゃるんですか~?

コメントは受け付けていません。