行かないわけにはいかなかった。

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

つい先日行ったPOSHでは乱心の如くかなり酔ってしまい、反省した私。
乱心するくらい楽しかったのだ。
ドラッグ・クィーンのお姉さんと若者がキスしていちゃいちゃしているところに乱入したり、
まさに「殿、ご乱心ですぞ」と言われかねない行動に次々と出てしまった。

自戒の意味も含めて今週末は大人しくしていようと思ったが、体がむずむず。
行きたい!ゲイバーに!
囲まれたい!ゲイメンに!
この欲求は底なし沼のようなのだ。

でも、ひとりで今夜は行きたくない。
そういう日もあるのだ。

ゲイバーで知り合い、ハロウィン・パーティーにも招待してくれたゲイガイ、ラリーに電話する。
ちなみに、彼はジャスティンくんのことをかなり気に入っていた。
「久しぶり〜!元気?」と明るい声。
恐る、恐る訊ねる。
「もし今夜、どこかに行くんだったら一緒に行ってもいい?」
「もちろ〜〜ん」
ラリーの親友のゲイガイ、ジョージも一緒にいてヘルズ・キッチンのゲイバー、The RITZに行くことになった。

***

The RITZの土曜日は芋を洗うようにゲイメンでいつも混雑している。
入場を待つゲイメンの列ができるくらいだ。
音楽がいい。
今宵は飲み過ぎ禁止と自分で戒めビール1杯に止める(偉いと自分を褒める)。

ラリーは「ジャスティン、元気?」と聞いてきた。
「来月、会いに行くよ」と報告。
「それは絶対、楽しいね。ジャスティン、本当にハンサムだった。キュートだよね。でもLAは遠いよ」
と明らかにジャスティンの顔を思い浮かべながら言っていた。

The RITZではジャスティンの一夜の恋人とも遭遇。
LAに帰ったとはいえ、まだまだ彼の残り香がニューヨークのゲイバーにある。

dscn0091.jpg
The Ritzのラウンジはダンスフロアーになる。RihannaのDon’t Stop the Music!が流れると大盛り上がりだ。

***

ラリーもジョージも次はSplashに行くという。

ス、ス、ス Splash!

最近、すっかりつまらなくってしまったSplash。
だが、しかし、今夜は特別なのをゲイのフリーペーパー、NEXTの広告で知っていたのだが、
女性は40ドルという法外な値段の入場料を支払わなければならない。
40ドルの価値はあるかもしれないが、私はやはり法外な値段なので一緒に行くことを諦めた。
ビール1杯では理性もまだ働いている。

ラリーとジョージがキャブに乗る私に「SAYONARA」と見送ってくれた。

ところで、なんで今夜のSplashが特別なのかといえば、この広告が載っていたからだ。
そう大好きなGO-GOボーイのブランドンくんが全面広告だったのだ。
久しくお姿を拝見していない。
見たい!会いたい!が、40ドルは高額だ……。

でも、久しぶりにThe RITZに行き、スモークが焚かれている中ゲイメンに囲まれ幸せな夜であった。

brandon_splash.jpg
かわいい顔でナイスボディー。やはり彼はニューヨークNo.1のGO-GOボーイであ〜る。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

行かないわけにはいかなかった。」への2件のフィードバック

  1. uiさん

    ブランドンくんは本当にかわいいぃ〜♥

    男性は15ドルなのに、女性は40ドルです!
    この格差はゲイバーだからです。

    行きたかったけど、払えないっス(泣)!!

  2. 久々の登場ですよね。
    しかし40$とは凄い!!

    気の合うお友達とのバーは楽しいし、嬉しいですよね♪

コメントは受け付けていません。