香水をつける場所

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

私は化粧も髪型もあまりこだわらない、まるで亜米利加のストレート男のようなのだが、
そんな私に異変が起きた。
化粧と髪型にこだわるようになったのだ。

爪はグリッター(キラキラ・ラメ入り)のカル・ジェルをしているのだが、「キラキラ☆してキレイ」
と言われたり、髪の毛をくるくる巻いていると「マドンナみたいぃ~」と言われたり、
アイシャドーもグリッターをまぶしてつけていると「夜空のお星様みたいね~☆」と言われることに
快感を得てしまったからだ。
ちなみに、言ってくれるのは他ならぬゲイメンだ!

香水も普段は付けないのだが、付けるようになった。
英語では香水をつけるという動詞はTO WEARを使う。
着る・纏(まと)うという意味だ。

友達になったゲイメンへの挨拶は両頬へキスをする。
「こんにちは」も「さよなら」もハグして両頬にキスをする。
ある時、気が向いて両耳の裏側に香水を付けたことがあった。
その時に「素敵な香りぃ~~」と言われた。

それ以来、ゲイバーに出掛ける時は両耳の裏側への香水は欠かさなくなった。

***

香水を付ける場所として定番の耳の裏。
なぜ耳の裏側に付けるのかは知らなかったが、実体験で納得した次第であ~る。

西洋の挨拶では頬にキスしたり、キスしない場合でもお互いの頬をつける。
その動作中、両耳の裏側から芳しい香りが放たれる。
だから香水は耳の裏につける。

「素敵な香りぃ~~」とゲイ・ガイズから言われるのはとっても嬉しいものであ~る。

ちなみに私が持っている香水は数年前に購入したランコムのミラクルとシャネルのチャンスである。
それを交互に使っている。
美にこだわるようになったと言っても、既にある物で済ませようとするあたり、やっぱりテキトーなのだが。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

香水をつける場所」への12件のフィードバック

  1. 水無月さん、こんにちは!

    私も普段はまったく香水をつけませ〜ん。

    2丁目にも外国人が訪れるゲイバーがあるらしいですし、ストレートの外国人が行く六本木のバーに飲みに行かれる時などに、いかがですか?

    残念ながら、日本では頬に顔を近付けての挨拶がないのでニッポン男児には効果はないかもですが、外国人ならば挨拶の時に接近するわけですから!

  2. 恵さん、こんにちは!

    香水の話、勉強になります。
    私はほとんどつけないのですが
    やっぱり好みの香りの人(男女問わず)とすれ違ったりすると
    なんかドキっとします。
    1つこれってのを自分の香りとして定着させるのもいいし、
    いくつかをTPOで使い分けるのもいいですね。
    自分もお気に入りを見つけて上手にまとえたらいいなぁ。
    恵さんのミラクルとチャンス、香水売場でかいでみようっと!

  3. momoたま(←たまもいいですね。マネしてみました)
    オリジナルの香り!
    既成のでなく自分の香り!それも素敵!

    太腿の両側につけていると言っていた友達もいました。
    バスルームに行った時や、それこその時に魅惑の香りが〜!らしいです。

  4. めぐたま、私は定番の耳と手首につけてます。高級な食事に行く時はやっぱりつけません。お寿司屋さんのカウンターなんかで隣の人の香水がキツイ時はイラっとしますからね。。。たばこの香りも同様だけど。
    パリに行った時はたーくさん香り物のお店がありました。やっぱり西洋文化ですね~。今度ヨーロッパ行く時はオリジナルの香りを作ってみようと思ってます♪

  5. 888さん

    歴史の浅い亜米利加とはいえ、やはり皆さんTPOで香水をつけているようです。

    東京の満員電車できつい香水臭に吐き気をもよおしたことは数知れずですが、ニューヨークの通勤満員電車では香水キツイよ~と気にしたことはありませんね、そう言えば。

    それにレストランに食事に行くときは、軽くつけるとか、香水を全くつけないとかするようです。食事のおいしい匂いが台無しになりますから。

    クラブやバーに行くときは別です。
    私を見て~見て~感じて~!ですから、動物的にぷんぷん~匂わせてつけているみたいです。

    香水は西洋の文化。
    勘違いして乱用しているのかもしれませんね。

  6. amberさん

    お気に入りの香りを探すのに2年とは!
    す、す、素晴らしい。
    美へのこだわりを感じます。
    試供品でいいやぁ~なので、私も見習わないと。

  7. momoたんは、どちらに香水をつけていますか?
    特定の香水=その人の印象と重なって、街で同じ匂いをかいだ時に
    思い出す時があります。

  8. おしゃるさん

    ミラクル・チャンス!!
    何か奇跡的な好機(って、そのまんまの訳ですね(笑))
    が来るかな~!

    ストレートの男性では絶対気が付かない髪型の変化やお化粧を褒めてくれるので嬉しいですよね、ゲイメンは。

    なるほど!血管の上につける!納得です!

  9. 最近のガキどもは加減を知らずに香水つけるからクサいのなんのって・・。
    エレベーターなんて、そいつの匂いで一杯になっちゃうからね。
    全く、品がないったらありゃしない。
    お前らホストかっつうの・・・。
    女性も同様だね。お前は便所の芳香剤かよ、ってね。

    微かに香るくらいが丁度いいんだよ。
    俺も香りのものは好きだけど・・・。
    何事も程度問題だと思うな。

  10. 私もmomoさんと同じく香水は必需品です。
    体臭が薄い日本人にとっては、自己主張の一種じゃないかな~と思ってます(^-^)

    数年前、10年来のお気に入りの香りが廃盤になり、次の香りを探すのに2年かかりました( ̄▽ ̄;

  11. 香水は欠かせません!!自分の臭い、言わば世の中へのマーキングです。香水をつけ忘れた日なんて、出かけた直後から結構凹みます。

  12. じゃあ、2つ合わせるとミラクルチャ~ンスですね~~なんだか良いことが起こりそう!
    香水は体温の高い場所につけると蒸発していい香りがモワ~っと広がると聞いた気がします だから血管の多く集まる首とか手首とかにつけるって。
    でもお化粧を誉めてくれるって女性らしいことですよね
    しかも「お星様みたい」なんて、な~んてかわいい誉め言葉でしょう!

コメントは受け付けていません。