何よりも悲しいこと。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

プラハの君と私が呼ぶ、チェコ共和国はプラハ出身のゲイガイは、LA 出身でニューヨークに長期出張中の
ジャスティンくんとヘルズ・キッチンのゲイバーPOSHに行った時に知り合った。

ジャスティンくんとプラハの君はセックスしている。
しつこいようだが、俗に言う肉体関係がある。

だが、しかし、セックスした後も普通に会うことができて、気まずい雰囲気がない。
ぎこちなさも全くないし、お互い「やったよ……。それで……?何か?」
という感じで私にとってはそれがとっても不思議だ。

好きになってしまうなどの感情の問題は発生しないのだろうか?
2人に別々に聞いてみたら「かわいいとは思うけど好きにはならない」と、ほぼ同じ返答だった。
それに、お互い好きなタイプではないのが結論だ。
ジャスティンくんは小柄な黒髪が好きだし、プラハの君はTシャツがはち切れそうな筋肉マンが好きだ。

2人ともニューヨーク滞在中に十数人いや数十人とセックスをしている。
その間に私は敢えて公表しなくても明白なのだが、0(ゼロ)だ。

***

ところで、プラハの君からテキスト・メッセージが送られて来た。
ボーイフレンドと別れたと言う。
慰めるべく国際おこげ賞受賞賞品であるNaked Boys Singing The Movie
観に行くことにした。

彼と観に行ったのは大正解だった。
「おおおおぉお〜!うぅあぁぁ〜!ペニスがいっぱいだぁ〜!!」
と狂喜乱舞していたからだ。

複数のペニスを観て喜ぶのはゲイメンしかいないとつくづく思った。
ストレートの男性は泌尿器科の医師以外、見たくない、触りたくないと思っているはずである。
レズビアンの女性にとっては論外かもしれない。
ストレート女性もゲイメン同様にペニスは好きだが、あくまでも好きな男性のペニスであって、一般の男性性器は
視覚的にはグロテスクと思っている。
その証拠に、積極的にポルノ雑誌を購入して男性のペニスを鑑賞して楽しんだりはしない。
女性は視覚的な生き物ではないからだと思う。

ペニスが一番大きい俳優が登場する度に私の耳元で「大きい」と囁き、一番、筋肉モリモリの俳優が出てくると
「やりたい」と私の耳元で囁き、何度も何度も「ペニスを見てメグミは濡れたか?」と私の耳元で囁いてきては
私の手を握り、自分の股間を握っている。

銀幕に広がる全裸の俳優とペニスを観て興奮したというよりもプラハの君が接近して耳元に囁きかけてくることで
私の耳に吐息がかかり、興奮した。

耳は感じる。

ところで、映画の観客は私たちを含め10人程度で、私以外は全て男性であった。

nbsm.jpg
喜ぶ人と観るのがいい。

***

映画を観た後、映画館の近所にある、ゲイ・ダンス・クラブSplashに行く。
近所にいるのなら、バーテンダーのダンくんに挨拶しなきゃと思ったからだ。

プラハの君はダンくんについて「バーテンダーにしておくのはもったない。俳優とかモデルになればいいのに」
と発言。
ダンくんの美しさは一般人のではない。ブラピと同じくお金が稼げる美なのだ。

プラハの君は亜米利加人のボーイフレンドとSplashで出逢い、Splashのミュージカル・ナイトで別れを告げられたらしく
胸が痛い場所だと言っていた。

ダンくんに挨拶しただけでSplashを後にする。
次は、ヘルズ・キッチンのPOSHに地下鉄に乗って行く。
私たちにとっては思い出のPOSH。
私達が出会った場所である。

プラハの君はビールを飲みながら「別れるって言われた後、彼はボクのをフェラチオしながら泣いていたんだ。
キミはいつも落ち込んでいて不平不満ばっかり。それにどうぜ離ればなれになるし、辛過ぎるって……」。

両親からの援助があるとはいえニューヨークで暮らすには十分ではない。
亜米利加人のボーイフレンドがプラハの君の生活の全てを面倒みていたという。
そして別れても彼が母国に帰るまでは住む所も食べ物もお小遣いもくれるという。
なんていい人なのだろう。
別れてからも一緒のベットには寝ているがセックスは二度としないと宣言されたらしい。
それが悲しいとプラハの君は嘆いていた。

プラハの君のクチビルが切れていた。
どうしたのか?質問してみると、振られた彼は自暴自棄になって、通りでぶつかった誰かに殴られて唇を切り、
顔面血だらけになって一晩ストリートに寝たという。
一瞬、ヘイト・クライムかと思ったが、そうではないらしい。
そ、そ、そんな激しいことをするように見えないが、藝術家は激情家なのかもしれない。

***

POSHの次にTherapyに行く。
ペパーミント嬢のショーがあるのだ。
プラハの君はもしかしたら元彼が来るかもしれないと言っていた。元彼もペパーミント嬢のファンらしいのだ。
予想は的中。元彼が他のゲイ友と登場。

プラハの君は私を後ろから抱えるように座っていたのに、彼の顔を確認したら
「やっぱり大好きだ!!」と言って、さっさと元彼のところへ〜!

こういうのは慣れている。
怒ったり、がっかりしたりするだけ無駄と言い聞かせるが、そうは言っても悲しい。
プラハの君の元彼は筋肉隆々のヒスパニックだ。
やっぱり好き!と彼が言うのも頷ける。彼のタイプだからだ。

結局、ひとりでペパーミント嬢がホストを務めるカラオケ・ショーを観ながら、
ジャスティンくんにテキストメッセージを送る。
「プラハの君と会ったけど、元男登場でひとりぼっち。さみしいよ〜。セラピーにいるよ」
「まだ仕事中。ボクも行きたいけど楽しんでくれ」と返事をくれたのがせめてもの救いだ。

10-18-07_0017.jpg
ペパーミント嬢のテーマソング(!?) Aquariusにのって登場する!

ペパーミント嬢のショーが終わり、プラハの君は元彼とキャブに乗ってさっさと2人が住むアパートに帰ってしまった。
愛するプラハの君が幸せならそれでいいや。
ジャスティンくんで慣れているとはいえ、ひとり取り残されるのは寂しい。

***

それにしても、こんな悲しい気持ちになるのもプラハの君とジャスティンくんがニューヨークにいるからで、
彼らが去った後、私はひとりぼっちになり、この悲しい気持ちも過去になってしまう。
それが何よりも悲しいことに気が付いた。

現在進行形ではなく過去形になる……。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

何よりも悲しいこと。」への2件のフィードバック

  1. momoたんの仰る通りでございます。

    どっちも寂しいけど、セックスをしているのとしてないのでは気持ちが違いますよね。
    ボーイフレンドになった人が故郷に帰り、遠距離恋愛になって、どこまで続くか? 
    友達は途絶えてもお互いが会いたいと思ったらまた会えます。

    全然、質問の答えになっていませんね(笑)。

  2. プラハの君、内なる感情が爆発したのでしょうね。芸術家は付き合うの難しいからな~。生活する時間帯ややってることも違うし。

    う~ん、日に日に切なさが増していきますね。ぴったり合う友達が帰るのと、彼氏が帰るの、、どちらが寂しいでしょう??

コメントは受け付けていません。