Naked Boys Singingが映画に!!日本公開は果たしてあるだろうか?

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

Naked Boys Singingというオフ・ブロードウェイ・ミュージカル。
拙著および拙ブログを読んでいただいている方ならば、すでにご存知かと。

♥知らない方のために……♥
フルチン(Full チン)で!しかも男優が振るチンで!唄って踊っている全裸〜☆!!ゲイ・ミュージカルなのであ〜る。
なんと、なんと、映画になったのだ!
タイトルは、そのまんま直球のNaked Boys Singing The Movie
ニューヨークの公開は明日!
サイトはこちら。
ゲイ映画も上映する、West VillageにあるQuad Cinemaでだ。
(ゲイのポルノ映画館ではない。上映する映画の一本が必ずゲイ映画という映画館なのであ〜る)
nbsm.jpg
あなたのタイプは? なんとなくランディーくん似の右端の男の子が私の好みだ。かわいいぃ〜!サブタイトルも粋だ。ドレスコードはなし!!

映画ももちろんフルチン(Full チン)で!振るチンかしらだろうか?

ゲイのフリー雑誌HXによると、スプラッシュで公開記念パーティーがあるとのこと。
金曜日はダンくんがバーテンダーしている日でもあるし、行きゃなきゃ!と思っている次第であ〜る!
dscn7082.jpg
どう鍛えれば、こうなるの?

***

ところで、私が大好きなナンバーはMUSCLE ADDICTION
歌詞を簡単に説明しよう。

♪筋肉は疲れていてジムに行きたくない。
♪でも、ウィリーくんだけは「行きたい!行きたい!」って言っている。
(スラングでウィリーはちんちんのこと。)
♪ワンセットを終えて、筋肉は「なんでジムに来たの〜?」と辛くて不満たらたらだ。
♪でも、ウィリーくんだけは「来て良かった!」と言っている。
♪ジムを終えて、サウナで疲れを癒す。
♪それぞれの筋肉や足や腕は「はぁ〜〜、気持ちぃいぃぃ〜」とくつろいでいるけど、
♪ウィリーくんだけは他のウィリーくんに「こんにちは!後でね!」と言っている。

もてるためには筋肉を鍛えなきゃね!という歌だ。

ミュージカルではちんちんが縦横無尽に動いていた。
はっきり言えば、勃起していないソフトの状態であったので俳優さんの動きとともに柔軟に動いていた。
まるで像さんの鼻のようであったが映画ではどう描かれているのか気になるところだ。

日本では上映される可能性は少ないと思われるので、ニューヨークにいらしている方はどうぞ!
ミュージカルは約70ドルだか、映画は10ドル75セント!
お得だ!
dscn7388.JPG
象さんの鼻の大きさや向き他は俳優さんによって異なっていた。百聞は一見にしかずであ〜る!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

Naked Boys Singingが映画に!!日本公開は果たしてあるだろうか?」への6件のフィードバック

  1. megumiさん、とても遅い反応ですみません。jack’s songの内容調べてくださりありがとうございます。
    なるほど、身体を叩いたり肉が出てきて棒で叩いたりしているのはそういう意味だったんですね。naked maidはビジネスで本当にあるって、裸の男がマイルームを掃除してくれるわけですか。それいいですね。日本でそんなビジネスする人いないですかね。最近アマゾンからCDも購入しました。1998年ロスで録音って書いてあるんで、舞台の方は随分とロングランなんですね。映画は大きな画面で観たら迫力あるでしょうね。舞台も映画も本場でみたいです。

  2. momoちゃま

    今頃になってお返事してないことに気が付きました。
    ドレスコードなし。
    裸だもん、そりゃそうだね。
    ナイスなコピーだよね!

    裸なんで衣装代がいらない代わりに役者さんにジム費(体を鍛える費用)を出しているのかなぁと思ってしまいました。

  3. mitさん

    Jack’s Song!
    副題”I beat my meat”の方で覚えていました。
    I beat my meatは直訳しますと「己の体を叩く」ですが、
    マスターベーションをするという意味なんです。

    疲れた時に自分の体を叩くとスッキリする♪
    するには学歴も博士号もいらないし、ただ集中するだけ〜♪
    それではココで見せましょう〜♪
    ……と唄って、おおぉ〜、人前で実演しちゃうのと観客はドキドキ!
    そして、俳優さんは、肉を棒で叩いたり、体を叩きます。
    それで観客が笑うんだと記憶しています。

  4. mitさん、はじめまして。

    Naked MaidはLAに本当に存在しているビジネスらしいですよ。
    Jacks Songとは?
    今手元にCDがないので分からないのですが、なんで観客が笑っているのか判明したらお伝えしますね。

    ニューヨークではロングラン上演中です。
    役者さんは映画版とは異なりますが、ニューヨーク初演から同じ方が数人います。

  5. アマゾンで注文したらDVDが届きました。とても楽しいミュージカルですね。生で観たいです。ウィリー君も楽しかったけれど、私の一番のお気に入りはKEVIN STEAという中国系の俳優がひとりで歌って踊るNAKED MAIDというナンバーです。それから、JACK’S SONGというナンバーが観客がどっと笑う箇所があって、英語が判らない私はどんな意味を歌っているのか知りたいです。こんな上質なミュージカルは日本でも上演できるようになってほしいものです。

  6. 「ドレスコードなし」って、粋だな~!日本公開はないでしょうね~。生でしっかり見てみたいです!!

コメントは受け付けていません。