恋の相手の人数カウンター。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

LAから長期出張中のゲイガイ、ジャスティンくんとSohoをショッピング。
Hugo Boss→アルマーニ→D&B

Hugo Bossでは試着を繰り返し、ファッションショー。
次に、D&Bでは、下着(パンツ)を試着。
「フィッテイングルームに一緒に行こうよ」と言うジャスティンくん。
「えええ〜!? 下着の試着にぃ〜付き合うのぉ〜?」

ジャスティンくんが店員さんに一緒に入ってもいいかと聞いたらすんなりOK。
なんと試着室に一緒に入ってる。
ジャスティンくんはもっこり(英語ではPackage/パッケージという)を上下に揺らす。
試着はパンツの上からである。
ジャスティンくんによればD&Bのパンツはモッコリ(Package/パッケージ)が大きく出るので
お気に入りらしい。
確かに、セクシーなもっこりになるようにデザインされている。揺れ具合もいやらしい。

結局、彼の買い物に付き合ったわけで、私自身何も買い物をせず。
彼は1枚30ドル、50ドルもするブランド下着を数枚購入。
ニューヨークタイムズの記事ではストレート男も下着にこだわるようになったとあったが、ゲイマンの情熱には勝てないとジャスティンくんとショッピングして思った次第であ〜る。

ニューヨークタイムズの記事から。4月19日の記事から。拙ブログのリンクはこちら

パンツにそれくらい掛ける/懸けるなんて私は想像もつかない。
稼ぎも少ないし、それよりも情熱がない。
だからセックスも遠のくのかもしれないが。


この写真はミッドタウンのアルマーニAX。どこのブランドも男性下着に力を入れている。

***

SoHoを北上し、West Villageに行く。
コーヒー屋さんの前にベンチの80年代ファッションを身に纏った2人の若者がいた。
2人ともハンサム。
「見て、見て、ジャスティンくん!いやぁ〜〜ん、私のタイプ!」と言わずにはおれなかった。
それに漂う雰囲気はゲイマンそのもの!
金髪ではなく黒髪だ。
アイスクリームを食べながら、フリーのゲイ雑誌に付いているゲイバー・マップを見ていたので、
100%SURE!
彼らはゲイだ!!!

私はゲイバーツアコンの血が騒ぎ、ジャスティンくんに「話しかけて来て」とお願いする。
アレコレ世話を焼きたくて仕方がないのだ。
友達になれたらいいな。

「ヘイ!ガイズ!どこに行こうとしてんの?」と根っから明るいジャスティンくんは迷わず声を掛ける。
英語にアクセントあるので出身国を聞くと情熱の国、スペイン!!
観光旅行中だそうだ。
「彼はゲイだけど、私はストレート」と私たちを自己紹介。

今夜、どこのゲイバーに行こうかと考えていたらしく、私はすかさずヘルズ・キッチンに行くべきと言う。
チェルシーは平均年齢が高いし、East Villageも楽しいけど、せっかく行くのなら今一番ホットで楽しいヘルズ・キッチンのTherapy、POSH、The Ritzの3軒を勧める。

それにしても、スペインのゲイ(Gay guys from Spain)は色気がある。
ヨーロピアンはいいなぁ〜と胸をときめかせるが、プラハの君を思い出して、涙が出そうになった。

***

その夜もジャスティンくんと一緒にヘルズ・キッチンに行く。
最初はVLADA。
大混雑。
長いバーカウンターと平行してソファーがあり、座って次から次へとやってくるゲイガイを鑑賞するのだ。
ジャスティンくんは私の肩を抱きながら、「あの子、かわいいぃねぇ〜」と男の子を品定めしている。
近所のゲイバーで知り合いになったディビットに会う。
相当酔っていた。
「いつも一緒にいるんだね」と言われる。

そしてTherapyに行って、POSHに行って、最近の締めであるThe Ritzに行く。
The Ritzはいつも何かがあるので期待感で胸が膨らむ。

The Ritzに行こうとすると、スペイン人のゲイ2人組に会う。
ゲイバー・ツアコンとしては嬉しい瞬間である。
私のアドバイスはためになっただろうか。
しかし、私が紹介したバーはどれも不満らしい。ニューヨークのゲイバーはおしゃれ過ぎるのだそうだ。
スペインはもっとイヤらしいらしいのだ。触り合ったり、密着したり……。
情熱の国、スペインはゲイバーも違うらしい。

***

スペイン人のゲイ2人組とThe Ritzに行く。

2人は5年も付き合っているカップルだそうだ。
ジャスティンくんは「ヘテロのカップルの20年に相当するな〜」と驚いていた。
ロベルトくん(26歳)とペドロくん(28歳)。

その夜は、インターナショナル・デーだった。
ゲイ from イギリス、ゲイ from ブラジル、ゲイ from オーストラリア、ゲイ from ロシア
と話をする。
ゲイマン from 世界各国!
やっぱりニューヨーク!
ゲイガイズも世界規模であ〜る。I ♥ New York!!

私が世界のゲイメンと話している間、ジャスティンくんは既に恋の相手を見つけていてキスをしていた。
ブチュ!ブチュ!ブチュ〜!
本当に早い!
今夜も1人で帰るんだなぁ〜とジャスティンくんのキスを見ていたが、キスを止めて、ジャスティンくんは私のところに来て「今夜は行かないよ。メグミと一緒にいるから」と言う。
半分信じて、半分信じない。
性欲のもとでは友情はかすむものだ。
だから、きっとそんなにジャスティンくんの好みではないのだ。

The Ritzの閉店は午前4時。

ロベルトくん(26歳)とペドロくん(28歳)のカップルはアドベンチャーを求めていた。
カップルが長く続く秘訣は退屈しないセックス。
刺激がないといけない。彼らはその相手を探していた。
つまり3P(英語では3Pと言っても通じない。Threesomeと言う)の相手を。

ロベルトくん(26歳)とペドロくん(28歳)のカップルとずっと話していたのは私だった。
ペドロ・アルモドバル監督のことやスペインのゲイバー事情を教えてもらっていた。
そして、かわいいぃ〜と思っていたのも私。

しかし、彼らはジャスティンくんだけを彼らの滞在先に招待した。
私も一緒に行けるのかと思ったら「お話ししてとっても楽しかったけど、女性は遠慮してもらいたい」と言われた。

ジャスティンくんは「メグミが行けないならボクも行かない」と言ったが、
「セックスが一番のゲイがセックスしないでどうするの。私、1人で帰るから大丈夫」。
それでもジャスティンくんは今回は行かないと言い張ったが、私は”GET LAID!!(エッチしてきなよ)”と言い続けた。
彼らと仲良くなったことで、ジャスティンくんの恋の相手(一挙に2名)になるのだから、
良かったのだと思いたい。そう思う事で自分を肯定したいのだ。

ペドロくんは私がGMIN(GAY MAN INSIDE ME)であることを理解してくれた。
「スペインに来るべきだよ!キミにあっているかもしれない!と言ってくれたが、最終的には女である私を拒否。
シャット・アウト!!

「じゃ、明日の朝ね。メグミのために写真撮って来るよ!」

ジャスティンくんといつものお別れの儀式をする。キスしてハグした。

3人の後ろ姿を見つめながら涙が出て来た。
ゲイマンじゃない私。
ペニスがない私を拒否する彼ら。
いつも同じことを思う。ストレートの世界に帰る潮時なのかもしれないと。

アパートに帰るキャブの中でジャスティンくんから電話が掛かって来た。
「大丈夫? 今、どこ? ちゃんと帰れる?」
「私もゲイマンになりたい。みんなの仲間になりたい」
「泣いてんの?」
声でバレてしまった。
「でも、友達だよ、ボクたち!!朝、連絡するから」
「わかった。セーフ・セックス!コンドーム忘れないね!楽しんできて」

ジャスティンくんの恋の相手の人数カウンターは増え続けているが、私は過去のまま止まっている。


3Pと言っても通じませんので、ご注意を!!!

***

朝になってジャスティンくんから電話。
「今も泣いている?ブランチおごるからさ〜」。

ゲイガイとセックスはできないが、でもジャスティンくんと一緒にいるのは本当に楽しい。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

恋の相手の人数カウンター。」への10件のフィードバック

  1. Han-Koh Chungさん

    KEN DOLLは安いのですと6ドルで販売されています。
    手頃な価格なのが嬉しいです。
    おみやげにもどうでしょうか?

    実家には5月に帰る予定です。
    帰国した際、二丁目でオフ会が出来たらなぁと思っています。
    台北に足を伸ばすのは無理ですが、いつか行きたいと思っていますので、お会いできるといですね〜。

  2. ケンのお人形、何時かアメリカへ行った時のおみやげとして是非購入したいです。

    菊楽恵さんは日本の実家へ帰ったりしますか?

  3. Han-Koh Chungさん

    バービーのボイフレンドの名前はKEN!
    私が熱中している人形です。
    写真の3体とも発売の時期が違うのですが、全てKENです。
    最近はKENしか出ていませんが、他にBlaine、Alanという男の人形がマテルから発売されています。

    ヨーロッパも南米からも日本からも台湾からもたくさんの人たちが来ていますよ。LAはどうだろう? 
    もちろんゲイガイズも世界各国から来ています!

  4. スペイン、ポルトガル、イタリア、メキシコやキューバはラテンの情熱が魅力的ですよね。

    アメリカも東海岸や西海岸もラテン文化の影響を受けていますよね。

    サンディエゴやマイアミはエキゾチックで憧れですよね。

    下着の広告ってイケメンやマッチョをよく起用しますよね。

    3Pのイメージ図ですが、男の子のバービー人形って種類が多いですか?

    セックス・アンド・ザシティのシャーロットのゲイの親友のアンソニーは毒舌でユーモアで辛辣な物言いはいつも私を笑わせてくれます。

    ニューヨークもロサンゼルスもやはりヨーロッパから来た外国人って多いんでしょうか?

    リトル・ハバナやリトル・アルメニアやリトル・イタリアなどがアメリカに存在するようです。

    人種の坩堝ですよね、アメリカは。

  5. Hi Black Crayon-san,

    You were at the Ritz, Vlada and Therapy on Saturday!!!! Wow! I am so surprised at the fact!

    We might passed by each other.
    But the order that we went to was diffrent. We went to Vlada, Posh,
    Therapy (Actually I run into the famous people) and The Ritz.

    If you see a Japanese woman (oriental women) who is looking at gay men with the shining eyes ( I can’t stop doing it)there next time, please say Hi to her. She might be me!!

    Yes! I know some Japanese gay guys here in New York but not many as American.

  6. 水無月さん、こんにちは!

    スペインのゲイ・カップルは黒髪、ブランドンくん系で、しかも2人とも185cmはある長身でしたので、水無月さんの好みかもしれません。ハンサムです!

    ゲイガイになりたいとその夜ほど思ったことはありません。
    仲間外れにされた気分でした。
    仲間になれない世界を好きな自分が勝手に疎外感を持っているのだと分かっていてもチャレンジしたい気持ちは変わりません。

    ジャスティンくんとのショッピングはストレートの男性と行くより断然楽しいです。ストレートの男性は買い物に付き合うのが大嫌いですからね。思い出しましたが、過去、それで何度喧嘩したことか。

  7. まめさん、こんにちは!

    いつもコメントをくださる、おしゃるさんから教えていただきましたので、サイトを見まして萌え~萌え~しました。

    下着への思い入れは見習わなければならないと思いました。
    私も美しくなりたいですが、おっぱいを大きく見せてもゲイメンは興奮してくれませんから困ったものです(笑)。

    確か、ハリス・アランくんはカナダのロック歌手なんですよね?
    CDも持っているのですか?

    日本に里帰りしましたら伊勢丹のメンズ館に行かなくちゃ~!
    それと、リバティーカフェ。
    mixiにコミュニティーがありましたよね。
    里帰りしたら寄る場所にひとつに数えています。
    これも楽しみです。

    その昔、よく2丁目に通っていたのですが、お店の名前も忘れてしまい、記憶をたどるた旅もしたいと思っています。

  8. wow… megumi-san no nightlife te crazy da ne. haha. chotto yakimochi.

    I’m terribly boring compared to this. It’s funny though cause I was actually at the Ritz, Vlada and Therapy on Saturday and on Sunday was in Soho (sorta) near D&G at the Phillip Lim store. We could have passed each other. =)

    Megumi-san te nihonjin no gay no shiriai toka imasuka?

  9. 恵さんこんにちは!
    ジャスティンくんとのショッピング、なんかいい雰囲気~♪
    「勝負下着」って女性だけじゃなくゲイメンもなのね。
    下着も試着ってできるんですね。

    スペインからの2人の可愛いゲイメン、見たかったです。
    ジャスティンくんたちの世界にいると楽しい反面、恵さんが女である(心はゲイメンでも)ってことを痛いほど実感させられてしまうのですね・・・。読んでて切ないです。それにしてもジャスティンくんは優しくていい子ですね。

    まめさんのおっしゃってる「リバティー・カフェ」、QAFにハマっていろいろ検索してる時に見つけました。すっごく興味あったんですが2丁目っていまだ足を踏み入れたことがなくて・・・。

  10. 日本のゲイの間で人気があるのは、TOOTというブランドの下着ですが(ご存知ですか?)、これも同じように股間が強調される作りで、初めて着た時には自分のサイズが変わったかのような錯覚に陥ってしまいました(笑)。これも値段が3.000円~と高めなのですが、1度試したらもう他のじゃ物足りない気がします。

    新宿伊勢丹の下着売場なんか明らかにゲイの人たちばっかりで、だからこそどんなに高価な下着でも飛ぶように売れていくのでしょうね(大事な小道具ですから)。伊勢丹のメンズ館はゲイでもってるのかもしれないなんて気さえしてきます。

    ところで、「Queer as folk」を見たいと思ったきっかけは、アメリカ版はハンター役のハリス・アランくん、イギリス版はネイサン役のチャーリー・ハナムくんを見たいという不純な気持ちからでした。見始めたらそんなことはどうでもいいくらいに、ドラマ自体にハマってしまいましたが。
    そういえば最近2丁目にはオーナーさんが大のQAFファンだという、リバティー・ダイナーならぬ、リバティー・カフェといお店がオープンしましたよ(まだ行ったことはありませんが)。

コメントは受け付けていません。