節約とゲイバーと今一番欲しいものと。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

夜な夜なゲイバーに行くにはお金がかかる。
カバーチャージ(入場料)がないとしてもだ。
カクテルやワインは1杯7.50から8ドル、ビールは6ドル。
それに1杯に付きバーテンダーにチップを1ドルを上げるのが相場だ。
で、1杯に付き9ドル。

バーに行って飲まないのはつまらない。
私は酒を飲む。
バーホッピング(はしご)も大好きだ!
1軒で終るなんて、そんなのつまらない。

ストレートのバーに行って A man男性と出会えば、ドリンクを買ってくれるから、お金はかからない。
それは「下心=やりたい」があるから、私の希望をできるだけ叶えて、少しでも私の脚を開かせようとお金を
使ってくれる。
ストレート男の下心を利用してただ酒を飲む酷い女であることは否めないが、「飲みたい~」と甘えることができて、
しかもストレート男がまだ私に酒をおごってくれるという事実から男性から女としてどれくらい判断されているのか?
自分の女としての魅力度合いを判定しているというのが正解かもしれない。
「あっ、まだ私ってイケテル!?」を身を持って知りたいのだ。

ゲイバーで知り合ったゲイガイがご馳走してくれることはまずない。
それは私を酔わせても彼らにとって性的に何の得がないからだ。
私がゲイメンにおごって口説くべきなのだろうが。

ところで、「お金がよく続くね~」と言われた。
よくやるねぇ〜的な批判が込められているのは言うまでもない。

人間、好きなことには関しては心血を注ぐことができる。
「お金がよく続くね~」と私のゲイバー通いに関して批判的に言う人だって自分の好きな事に関してはお金を掛けている。人それぞれ、違って良いのである。
男が男を好きでも、女が女が好きでも、両方でも、人それぞれ違っていいのだ。

稼ぎも少ないうえに遊びたい!となると日常生活において節約に心がけている。
スタバなどでコーヒーは絶対買わないとか、水もお店で買わないとか、本は図書館で借りるとか。
見栄を張らないとか。

チリも積もれば山となる。
1ドルの節約の積み重ねがゲイバーでの1杯となるのであ~る。

ゲイガイズに囲まれて踊ると心がざわざして、ゲイガイズのキスを見て興奮して、ゲイガイズとセックスの話をして盛り上がり、ゲイガイズに触れては男を感じ、ゲイガイズのバックに私がTOP役として腰を振り振りセックスの真似事をして彼らと交わって気分になって……、幸せを噛み締め、さらに性的興奮を得ている。

私の心の泉を涸らさないためにもゲイバーに行くことは大切なのであ〜る。
私のセクシャリティーがそこにあると言ってもいいかもしれない。

***

しかし、ゲイバーのために節約!節約!の状況下で欲しい物がある。
買いたい!
それはこの本。
piereerebokkcover.jpg
Pierre & Gilles

写真家のピエールと画家のジルの2人のコラボレーション30周年を記念した作品集だ。
表紙を飾っている。
2人は私生活でもパートナーのゲイカップル!

人形のようにレタッチされた顔と少女漫画を彷彿させるロマンティックなお花とエロティックな雰囲気に
私の心がワクワクする。
マドンナも彼らの手にコラージュされている。
pg1.jpg
あ~ん!感嘆の声を上げてしまう。ピエールとジルの作品から。

私のバービーとケンの絡み写真は彼らの影響を多大に受けているのであ~る。
って全然似ても似つかない私の作品ではあるが。
mojaa2.jpg
↑これは菊楽恵の作品であ~る。って誰も間違えないか(笑)。

↓ついでにコレも拙作品であ~る!
myface3.jpg

ゲイバー・ホッピングをしばらく中止して買おうか。
そんなできない。
もっと稼げるようになれば問題は解決するのだが。
あ~あ、いつも貧乏で困った。
悩んでいる。

pg2.jpg
水兵さんも彼らのモチーフによく登場する。In the Navy♪ゲイ・チックだ!

節約とゲイバーと今一番欲しいものと。」への4件のフィードバック

  1. uiさん

    励ましの言葉をいつもありがとうございます!

    お金に縁のない人生は自分のサガなのか、選択なのか。
    でも、好きなものは諦めず、好きだから続けていこうと思います。

  2. 好きな事をして生ける・・・。
    これは素晴らしい事だし、難しい事。
    でも、そう思って進んで行こうと思う恵さんを応援したいと思いますp(^^)q

    私の父もそうです。

    やっぱり、芸術家はそうなんだな~っと思います。
    敢えて苦しい道を選択する事がある・・・とも。

    でも、1人ではないですよ!
    恵さんの事を想っている人が1人、東京に居る事を忘れないで下さいね♪

  3. uiさん!こんちは!

    どう飲み代を捻出するか?
    これはきっと死ぬまで悩むことなんだろうなと思います。
    人並みの幸せ(マイホーム、マイカー、マイダ〜リン)は私の辞書にはないことをやっと自覚したら、楽になりました。

    でも、好きなことを続けて行こうと思っています!

  4. 好きな事の為に節約をする・・・。

    辛い事の様にも思えるけれど、
    《これを乗り越えれば、あの楽しみが・・・♪》
    と思えば、辛さも乗り越えられるし、その時が来たら嬉しさが倍増になりますよね!

    Pierre & Gilles
    彼らの作品かな?っと思う、作品を観た記憶がありますね。
    (何処でかは思い出せませんが・・・二丁目のショップかな?)
    綺麗で観てみたい一冊ですね。

    恵さんの芸術の為に出資してくれる人と出逢えたら・・・。
    将来への投資って事で、オネダリをしてみるのも良いかもp(^^)q
    そして、そのお礼にゲイバーツアーをしてあげれば、きっと相手も恵さんを深く知る事が出来て良いかもしれませんね♪

    やっぱり、恵さんの作品良いですよね~(⌒о⌒)♪

コメントは受け付けていません。