大きくなくて良い場合もある。S.スタローン主演のポルノ『イタリアの種馬』を鑑賞。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

LES(Lower East Side)にある映画館サンシャイン・シネマでは金曜日と土曜日の深夜12時から新旧の面白い映画を上映している。

先日上映されたのはItalian Stallion
「イタリアン・スタリオン」
訳せば『イタリアの種馬』

種馬から連想する言葉といえば、でかいチンチンと絶倫だ。
ということで、タイトルから想像できるようにズバリ!
鑑賞してきたのはポルノ映画だ。

29993.jpg

1970年製作で、主演はなんと!ロッキーことシルヴェスター・スタローンだ!!
当時は全くの無名だった。

1人で行って来た。
すっかりゲイバーにもポルノ映画鑑賞も1人でできる立派な大人になった!
威張れることか!?(笑)

***

本編が始まる前に、70年代風のお姉さんがフィルムの編集道具の前にして映画の説明をする映像が流れた。

撮影されたもののお蔵入りになってしまったポルノ映画だったが、『ロッキー』の大成功で再編集されてItalian Stallion『イタリアの種馬』として上映されたそうだ。
24歳の若きシルヴェスター・スタローンへのギャラは200ドルだったそうだ。

マドンナも売れない時代はポルノに出演していた。
安いギャラとはいえお金はもらえるし、演技はできるし、何もしないよりはポルノとはいえども有益だったと思う。

***

ポルノなのでストーリーはあってないようなものだが、『イタリアの種馬』についてお伝えしよう。

舞台は雪が積もった冬のニューヨーク。
スタローンが雪の中のランニングしたり、雪玉と作って投げたり、ジャングルジムに登ったりとプロモーション・ビデオ風。

次はガールフレンドのキティとのシャワーシーン。
シャワーシーンは昔からの定番らしい。

石けんを双方の体になすり付けている。
ムキムキの肉体美だ。石けんもつるりんと滑っていく。
しかし、まだまだ肝心な部分が映されない。
見えそうで見えない。陰毛は見えるのだけど。
dscn7202.jpg
シャワーシーンの写真が掲載されているチラシから。

そして場所をベットに移し、スタローンがキティの上に覆い被さる。
キュッと引き締まったお尻が大画面に映し出された瞬間、大きなため息が一斉に・・・

「はぁ〜♡♡♡♡♡」

ため息を漏らしているのは会場にいるゲイメンだ。

お尻の割れ目から見えそうで見えない肝心な部分。

そして、ついにAt last、英語で言うところのボール(タマタマ)が見えた!
お尻のほっぺの間から伸び切ったタマタマが!!

ポロロロ〜ン。

その瞬間、会場は歓声と拍手に包まれた。

「スタローンの金玉だ!!!!!」

***

感想:全裸で性器のアップはあるものの現在では当たり前の挿入シーンはない。セックスも疑似だった。
性的に興奮するというよりは大笑いして興奮した。
レズビアンも乱交シーンもあったが、演出が滑稽で場内大爆笑。

製作されたのは1970年。
ヘアスタイル、踊り方やインテリアが60年代の影響を引きずりながらもセヴンティーズだった。
みんなでヒッピー風に裸で踊ったり、衣装がスケスケのピンクの下着だったり、台詞が棒読みだったり、
真剣に演技しているのだろうが現代ではコメディーになってしまった。

『イタリアの種馬』という題名はロッキーの成功後に付けられたそうだ。
鍛えられた素敵な肉体ではあったが、銀幕に映し出されたスタローンの息子くん(御チンポ)は、ロン・ジェレミーのようにポルノ界の大スター男優として確立できるほど立派な「種馬サイズ」ではなかった。
それにポルノ映画としてもエッチ度が足りなかった。お蔵入りもうなずける。

きっとそれが幸いしてポルノ男優街道をまっしぐらに突き進むことなくハリウッドに進出できたのかもしれない。

「大きいことは良いこと」と言われるが、そうじゃないこともこの世にはあるということだ。
小さくて良かったのである。

dscn7191.jpg
映画館に貼ってあったポスター。たれ目がかわいい。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

大きくなくて良い場合もある。S.スタローン主演のポルノ『イタリアの種馬』を鑑賞。」への8件のフィードバック

  1. いや~、その場内満場一致での大拍手!一緒に体感したかった!

  2. おしゃるさん、こんにちは!

    >後ろから見えるタマタマ、萌え萌え~ですよね笑。
    ホント、萌え〜萌え〜です。
    スタローン氏のはほんのりピンクでした。

    男子がパンチラを目撃した時と同じ感動なんでしょうか(笑)?

  3. 200ドルですか!ポルノやAVはお金の為に出るイメージがあったけど、それだけではないのですね
    >ポロロロ〜ン。その瞬間。会場は歓声と拍手に包まれた。
    笑えました
    まってました!ご拝見~~~みたいな感じですね! 
    後ろから見えるタマタマ、萌え萌え~ですよね笑

  4. こんにちは Black Crayonさん

    ゲイバーに行って緊張して5分で帰ってきたとコメントに書かれていましたので、
    ゲイガイなら緊張しないだろうと思ったのでストレートの男性だと勘違いしたのです。
    失礼しました。
    最初の訪問では私もどんなバーでも1人で行った時は緊張します。
    言葉は難しいですね。
    傷ついていないといいのですが。

    Gomennasai for my misunderstanding.

    You wrote that ” kanari kinchou shite, 5 minutes later kaetta…”
    So I thought: if someone were a gay guy, he wouldn’t feel be nervous at a gay bar.
    This is my misunderstanding!
    But You were alone there once so you became nerves.
    The same thing happens to me whenever I go to bars alone at the first visit.

    The language is so difficult.
    Hope I would not hurt you.

コメントは受け付けていません。