ゲイバー・ツアコン!ヘルズ・キッチン編

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

LAからビジネスで来たジャスティンくんとのヘルズ・キッチンのゲイバー巡り。
既にAlter Boyzを鑑賞した後にウィルくんと一緒に済ませているで、私もどこにどこのバーがあるかはしっかり
記憶されている。

Therapyの次ぎに行ったのはPosh。ヘルズ・キッチンで最初にオープンしたバーらしい。

Therapyは通常より人がいなかったが、Poshにはたくさんのゲイメンが!
ドアを開けた途端、びっくりのすし詰め状態。
前回ウィルくんと来た時はそうでもなかったのに。

中に入ると、私のタイプの青年を発見!
身長は185cm。髪はブロンドの坊主頭!典型的なオヤジと罵られようが惹かれるのだから仕方がない。
それに私はバズ・カットと言われている坊主頭が好きなのであ〜る。
白いシャツが眩しい。
ジャスティンくんの耳元で囁く。
「彼、私のタイプ!」

体が勝手に彼にスルスル〜引き寄せられる。

“You are so handsome”とうっとりしながら彼に声を掛ける。私は酔うと積極的になる。
「ありがとう」という彼の返事にはアクセントが!
お国を聞くとチェコはプラハ出身だという。
やっぱりゲイガイでも東欧に惹かれる運命なのだ。
そう私は東欧出身の男性が好き。ストレートの男性でも必ず好きになるのは東欧出身だ。
陰鬱で眉間にシワを寄せているような文化を背負っているところが好き!(アホだね)

ちなみにTherapyではピノ・グリージオを2杯飲んでいる。
最近は歯がお歯黒にならない白ワインを愛飲している。
dscn6938.jpg
白はお歯黒にならないからいい。

***

「あなたはゲイなの?」
ゲイバーにストレートの男性がいるわけない。そう分っても真相を確かめなければならない。
「うん。そうだよ」。
「なんでゲイなの? 神様は酷い!」
と大げさに悲しむ。
ちょっと酔っているのでドラマが入っている。
どうせ何にも発展しないのが分っているのに。

一人で悲劇のヒロインになっている間にジャスティンとプラハくんは意気投合。
今度、会おうと電話番号を交換している。

私はいつものように阻止。
グレゴリーくんのようなことが二度とあってはいけない!
しかし、そうは私が勝手に言っても彼らは女性とはメイク・ラヴをしたいとは思わないゲイ・ガイズ。

「私が先に見つけた!彼とセックスしたい!好き!好き!」とプラハくんに抱きついた。
ここまで来たら、そうするのが菊楽恵流。

抱きついている私を無視してゲイメン同士の挨拶(なのか?)が始まった。
プラハくんとジャスティンくんはお互いの股間に手を当ててサイズを確認。
ジャスティンくんが「メグミ、touch it!(触れ〜)」。

立派なもので、クラクラ〜。
マイケル・ルーカス(ポルノ男優)にも負けずとも劣らず。
もかして勝っている!?
マイケル・ルーカスも東欧はロシア・モスクワ出身だ。

プラハくんは「なんだかこの状況に興奮している」と言っていた。

*まだマイケル・ルーカス(ポルノ男優)のDVDは鑑賞していない。
しかし、チェルシーのポルノ・ストアでマイケル・ルーカスの実物大ペニス(ディルドー)が販売されていたので
知っているのであ〜る。

***

Poshではドラッグ・クィーンのショーが行われていたが、ジャスティンくんはドラッグ・クィーンが好きじゃないと言う。
理由は女だから。
で、Poshを後にしてThe Ritzに行く。
「今、何もなかったら何もないよ」とジャスティンくんはプラハくんとのことを冷静に言う。
「でも、素晴らしいモノだったなぁ」。

ゲイメンはその瞬間でセックスしなかったら今後は何もないのが常だという。

プラハくんとのアレコレを聞きたかったな……。
残念。

実は、その夜、プラハくんが私の夢に出て来た。
私の耳元で彼が囁いたのだった。
夢に現れるまで私のタイプのかわいい男性だった。
dscn6786.jpg
プラハくん……。

The Ritzでの出来事は明日!
また新たな出逢いがあったのであった!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

ゲイバー・ツアコン!ヘルズ・キッチン編」への8件のフィードバック

  1. momoちゃま
    「あらぬ想像」。私はこればっかりでございます(笑)。
    体の芯から湧き出る欲望を久しぶりに感じましたが、ストレートの男性に感じないのがこれまた問題です。ふぅ〜。

  2. えぇ、もちろんあらぬ想像も致しました(笑)!子宮が勝手に疼きますな~。

  3. shinoさま

    「出会いの一歩は、まず“声を掛ける!”でございます(笑)。」
    ほんと、そうでした。
    ビール・ゴーグルのパワーでせび声を掛けてみてください!
    きっと思わぬ出逢いがありますよ。
    ご報告待ってま〜す!

    プラハの君のことは近い将来お伝えしようと思っています。
    彼のハンサムな顔を思い出すと涙が出て来ます。

  4. momoちゃま

    あらゆる想像の中には「あらぬ想像」も入ってますか(赤面)?
    くだらない質問で失礼しました。
    ウエスタン・ヨーロピアンとは違いますよね。東欧の雰囲気がたまりませ〜ん。

  5. 菊楽さま

    「デアデビル」のベン・アフレックは、先日見直した「グッド・ウィル・ハンティング」の時とは別人の様なキュートなお顔が私にはたまりませんでしたが、菊楽さまはムキムキのいい体に目が行ってますね~(笑)。

    出会いの一歩は、まず“声を掛ける!”でございます(笑)。
    それが無いと、な~んにも先に進みません!!!
    まずは、その一歩をこなせる様に、ちょっと勇気を出してみたいなぁ~と♪

    で、「プラハ君」から『プラハの君』へと扱いが数段上がったにも拘らず、“切なくて寝込んでしまいそう”とは・・・一体何が・・・・。
    聞きたくて、聞きたくてムズムズしておりますが、なんだか聞いちゃいけない雰囲気が・・・。
    今は聞きませんので、しばらくしてから蒸し返してもいいですか?(笑)

  6. プラハ行きた~い!!憧れのプラハ!!東欧の人は男性も女性も美しいですよね。プラハ君、立派なものお持ちでしたか。めぐちゃまのブログ読みながら、お昼休みですがあらゆる想像をしちゃいました。ありがとう♪

  7. shinoさま、こんにちは!

    「デアデビル」はヘルズ・キッチンが舞台だったんですね。
    観てみまぁ〜す!
    それにしても「デアデビル」はいい体ですねぇ〜。惚れ惚れ〜!

    「行け!行け!go!go!」だなんて!
    そんな感動するなんて言っていただいて赤面でございます。
    しかし、かなり臆病で大胆なことができない!声を掛けて終る程度です。

    ビール・ゴーグルの感度はワイン2杯だったのでそんなに実物とはかけ離れていなかったです。実は、ブログには書いてはいませんが、プラハ君改めプラハの君と2回程デートをしました。結果。切なくて寝込んでしまいそうです。

  8. 菊楽さま

    先日、友人が「漫画だと思ったら十分楽しめる!」との解説付きで貸してくれたDVDが「デアデビル」だったのですが、何と!舞台が“ヘルズ・キッチン”だったので、「お~、ここが菊楽さまのお庭なのね~」と、ちょっと違う意味で感動しながら鑑賞いたしました♪

    しかし、いつも感動するのは菊楽さまの「行け!行け!go!go!」の大胆なチャレンジ精神でございます(笑)。
    私も見習わねば!と思う今日この頃です!!!
    で、今回のプラハ君へのビール・ゴーグルの感度は如何だったのでしょうか?

コメントは受け付けていません。