シドニーに行かなくちゃ!ゲイバーツアコンの本領発揮!?1

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

先日、あるパーティーで知り合いになった玉子さん(仮名)はシドニーを拠点にして、ニューヨークに年3ヶ月、
東京に3ヶ月住んでいる。私の憧れの生活を送っている女性だ。

来週、シドニーに帰るということで今夜、イースト・ビレッジの玉子さんの知り合いのイタリアンレストランで軽く飲んだ。
シドニーといえば、コアラでもオペラハウスでもなく、私にとってはゲイの祭典マディグラだ。
玉子さんに恐る恐るどんな様子なのかを聞いてみた。
人によってはゲイの話が好きじゃない人がいるから慎重になる。

私の最近の傾向は、どんな人にでもゲイ関連話をしてしまう。
ゲイ関連話とは、GO-GOボーイ、ブランドンくんの話であり、ホットでかわいいゲイガイズが集うヘルズ・キッチンの
ゲイバーTherapyのことを中心に、ゲイメンにどんなにintoしているかということを語ってしまう。

心配をよそに玉子さんはシドニーではゲイの友人に囲まれて暮らしているという。

「世界三大ゲイの街といえば、ニューヨーク、サンフランシスコそしてシドニーなのよ」
と玉子さん。
シドニーがそうだったとは知らなかった。
そしてマディグラのゲイ・プライドは、ニューヨークの政治的なパレードはとは趣が異なり、
祭に重点が置かれて、ニューヨークの100万倍は楽しいという。

「ゲイが好きなら、来なくちゃだめよ」。

2月はゲイ月間だそうでいろんな催しものがあるらしい。
行かなきゃ、2月のシドニーに!

ゲイ話で盛り上がり、それから、2軒目にバーホッピング!
行くのは当然、近所のいけているゲイバーだ。

そこで私たちに声を掛けて来たゲイマン。
女2人だと必ず聞かれるのが「レズビアン?」だ。
私はレズビアンではなくGMIM(GAY MAN INSIDE ME)だが、初めて会った人には
いちいち説明しない。

彼の名前はなんとジャスティン!
外見はあのQAFのジャスティンとは全く違うダークヘアでダークアイ。25歳くらいだ。
名前ですっかり好意を持った私。

彼はLAから仕事で来ているという。
楽しいゲイバーはどこ?とバーテンダーに聞いていた。
酔っている玉子さんがバーテンダーの言葉を遮り、「メグミさんが詳しいよ」とご推薦を受け、
なんとそれから私はLA出身のジャスティンにイースト・ビレッジとウエスト・ビレッジのゲイバーを案内することに。
日頃の探訪がこんなときに役に立って嬉しいと思ったことはない。

***

今夜はここまで書くのが精一杯。
写真等を載せるパワーも酔いと眠気でありませぬ。
詳細は後日。
みなさまのコメントも一眠りしてから致しま〜す。
相変わらず飲んだくれている菊楽恵であった。

***

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

シドニーに行かなくちゃ!ゲイバーツアコンの本領発揮!?1」への4件のフィードバック

  1. カンタスです!今はオーストラリア航空と一緒になったのかな??

  2. オーストラリアの航空会社で働く男の子が言ってました。オーストラリアの飛行機の乗ってるCAの80%はゲイなんだと。その彼はストレートですが、ゲイメンの方がオーストラリアの女性より気配りが上手なんだと。私も数回飛行機利用しましたが、ゲイメン祭でした(笑)。何だかみんなかわいいんです。

コメントは受け付けていません。