『サタデー・ナイト・フィーバー』と『ヘアスプレー』とトラボルタと……。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

レズビアンのパートナーと一部の世間では思いっきり勘違いされている酒子のアパートに行った。
彼女はブルクッリン在住だ。
料理がうまい。
彼女が作った美味なヘルシーな夕飯と赤ワインをいただいた後、酒子が最近入手した映画を鑑賞した。
ジョン・トラボルタ主演の『サタデー・ナイト・フィーバー』 Saturday Night Fever
初めて観る。

♪ナイト・フィーバー♪ ♪ナイト・フィーバー♪
ビージーズのテーマソングと白いスーツと右手を上げるフィーバーポーズは有名だ。
1977年の作品。

ニューヨークが舞台なのは何となく知っていたが、マンハッタンではなくブルクッリンのベラゾノ・ブリッジ(橋)のふもとのお話だった。
snf.jpg
ブルクッリンとスタッテン・アイランドを結ぶベラゾノ・ブリッジは何度も『サタデー・ナイト・フィーバー』に登場する。

酒子が「メグミさんが黙っていないシーンが登場するよ」と言う。
私が黙ることができないシーンとは、それはやはり……、ゲイ関連だろうか?

やはりその通りで、トラボルタ扮する主人公と仲間達が、ゲイのカップルをからかうシーンだった。
よくない。

酒子が言う。
「トラボルタだってゲイなのにね」
「えええ~?」

役柄と実生活が違うのはそれは当たり前だが、
知らなかった。
酒子によると去年、男とキスしているところをパパラッチされたらしい。

travoktakissing.jpg
これがその写真。ゴシップ誌で有名な『ナショナル・エンクワイヤラー』に昨年掲載。

ところで、先月公開されたが、ジョン・ウォーターズ監督のHaispray『ヘアスプレー 』のリメイク版に出演している。
それも女装して!今は亡きディヴァインが演じていた母親の役だ。
ちなみに私の恋愛遍歴だが、ボーイ・ジョージの次はディヴァインが好きになったのであった……。

haipsprayoriginal.jpg
元祖『ヘアスプレー』。左がディヴァイン。右が今はすっかり痩せたリッキー・レイク。1988年作品

***

ゲイの活動家がリメイク版『ヘアスプレー 』をボイコットしようという動きもあったらしい。
それはトラボルタがサイエントロジーの信者で、サイエントロジーにはゲイをストレートに治す(!?)プログラムがあり、ホモフォビア(同性愛嫌悪)だからがその理由だ。

リメイク版のHaispray『ヘアスプレー 』ではエグゼクティヴ・プロデュサーを務め、トラボルタに出演交渉をした我が敬愛するジョン・ウォーターズ監督はデイリー・ニュースのインタビューに対して、下記のように答えているのを発見!

Waters, an executive producer on the new film, helped corset Travolta into taking the role. “If [Travolta] was homophobic,” Waters told us, “dancing in that fat suit with as many gay people as are working on this film, he would have had a heart attack and been dead.

「トラボルタがホモフォビア(同性愛嫌悪)だったら、肉布団(ファット・スーツ)を着て踊り、大勢のゲイと一緒に働いたんだから、心臓発作で死んでいるよ」。

しかし、元信者がゲイを治すプログラムに25年に渡り約6千万を使ったが、ゲイのままだったということで、
お金の返却を求める裁判が98年にあった。ゲイからストレートになり家庭も築いているというプログラムの実績が、ジョン・トラボルダだったらしい。

……トラボルタはホモフォビア(同性愛嫌悪)ではなかったし、件のプログラムの効果もなかったようで、やはり……。

トラボルタがゲイでもゲイでなくても、ゲイであることを隠していても、Haispray『ヘアスプレー 』のブロードウェイ・ミュージカル版は寝てしまったし、リメイク版はまだ観ていないし、映画館で観なくてもDVDでいいかなぁ〜と一観客の私は思う。

『サタデー・ナイト・フィーバー』から30年が経ち、女装して母親のスタイルで人形になっている。
jt.jpg

先日、トイザラスに行ったところ、ヘアスプレーの人形コーナーができていた!
dscn6906.jpg
トラボルタ女装人形、買ってみようかな。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

『サタデー・ナイト・フィーバー』と『ヘアスプレー』とトラボルタと……。」への6件のフィードバック

  1. ちゑ さん!

    はじめまして。
    古い日記の書き込み大歓迎です!
    書き込みありがとうございます。
    トラボルタさんは先日、お子様を亡くされて心痛だと思います。

    mixiのコミュニティーは何年も止まっていて、更新していません(汗)
    更新しますって言ったのにまだしていなくてごめんなさ〜い。
    これからもよろしくお願い致します。

  2. はじめまして、と、いきなりこんなに日付の古い記事に書き込みをしてもいいのでしょうか。。
    ヘア・スプレーで、なぜジョン・トラボルタがお母さん役をやっているのか気になって調べているうちにたどり着きました。

    おどろきな裏情報まで得てしまいました(笑)

    うちには一緒にすんで9年目になる7歳の年下の相方がいます。
    Mixiもやっているので、mixiのコミュニティーDeeeeep!NY も拝見させていただきます~。

    それでは、失礼いたしました~~

  3. uiさま
    コレクターアイテムに将来なりそうな予感です!

    お人形ごっこの時は、ケンを奪い合うバービーのライバルとして
    登場させましょうかね。で、ケンが選んだのは……!?

  4. に、似ている・・・(^_^;)

    ちょっと、欲しいかも・・・と思ってしまいました♪

    やっぱり、バービーちゃんの母親役??
    いや、ライバルかな・・・。

  5. momoちゃま

    自由に生きたくとも生きれない理由があるのかも。
    自分に関する真実を世間に公表するのはスターであっても大変なことなのかもしれませんね。

  6. サイエントロジーにはそんな歌い文句みたいものがあるんですね。知らなかった~。トラボルタ自由に生きようじゃないか!
    私の仲良いゲイの方の彼氏はお坊さんでした。この前始めて教えてもらった。キリスト教では有り得ないけど、仏の心は素晴らしい!!

コメントは受け付けていません。