8

ガータベルトにiPod®を入れて女の喜びを楽しむ。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

ニューヨーク・プレス(週刊のフリーペーパー)のグッズ紹介コーナーを見たところ、
iPod®につないで楽しめるヴァイブレーターが掲載されてあった。
OhMiBod。69ドルなり。
サイトはこちら。

dscn6547.jpg
ニューヨーク・プレスの紙面から。

エロ・プロダクトの先進国でもある日本のことであるからとっくに作られて販売されているはずだが、
ガータペルトのように、iPod®を太腿に装着できるデザインが素敵だなぁと思ったのだ。
別売りで29ドルなり。

昼は、ガータベルトの中に拳銃を忍ばせる女の殺し屋。
夜は、ガータベルトにiPod®を付けて、性欲をリリ〜ス(解放)。
41vpqkxhrbl_ss500_.jpgLa Femme Nikita『ニキータ』のサントラはどうだろうか。

なんてことを思いつつ、使用後の感想をお伝えすれば、説得力もあるというものだが、
ヘッドフォーンで聴く音楽が私の耳にはToo Muchだったので、Walk Manを(懐かしい響きだ!)持っていたが、
結局使わなかった。
それにヘッドフォーンをしたまま歩くのは、音楽がBGMになって映画の登場人物になれる特典があるのだが、
周囲の様子が分らなくなるから怖い。強盗にアタックされてしまう可能性がここではかなり高くなる。
なので、iPod®は持っていない。

OhMiBodを使用して、世界で一番自分自身を愛する者とのセックスがどれくらい「あはぁ〜ん」となるのか? 
確かめる術はないのだが、音楽のリズムに合わせて振動するならば、人の声でも振動するはず。
大好きな人の声をiPod®に入れて楽しむのもありだなぁ。

私の場合は使うネタは決まっている。
ゲイメン、ドラマqueer as folkのブライアンとジャスティンのセックス・シーンだけを編集し、音だけのトラックをiPod®に!そして、OhMiBodで楽しむ。うふふ〜。

ちょっと倒錯(!?)しているように思わないでもないが、私の興奮エロエロ・アイテムになるのは確実だ!
product-garter.jpg
私の太〜い太〜い太腿でも大丈夫だろうか?