4

夫の秘密。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

あなたの夫(またはボーイフレンド)の浮気が発覚!
それが仕事にも影響して辞任/辞職することになった。
あなたなら、次の3つうち、どの状況なら許せて、許せませんか?

1. 高級売春婦にお金を渡し関係を持ち、それが暴露されて辞任することになった。
2. セクハラで訴えられた夫。訴えたのは男。二人は関係があったことを認め、かつゲイであることを告白して辞職。
3. 未明、夫がERに運ばれた理由は腸が破裂。原因は馬のペニス。馬とアナル・セックスをしていることが判明。

***

1と2は最近、ニュースを賑わしているのでご存知だろう。

1.は、DCマダムことジーン・パルフリーが暴露したワシントンのエリート層らを対象とする高級売春クラブ(Escort Club)の名簿。そこに載っていたランドール・トビアス外国援助局長兼国際開発庁(USAID)長官がサービスを利用したことを認めた直後に辞任した事件。

2.は2005年8月、ゲイ・メンであることを告白してニュージャージー州知事を辞任したマグリーヴィー氏。
5月1日に前妻のディナがメモワールSilent Partnerを出版した。

友だちに質問してみたところ、3番が許せない!というよりはショックが大きくて寝込みそうだと言った。
1の売春婦と2のゲイ・メンはともに浮気相手が人間。しかし、3は相手が馬。
それも受身!それを想像しただけでも落ち込むと言っていた。
人間同士のような気持ちが通わないとはいえ、馬が相手とは………!それもゲイ!?

あなたなら、どの状況なら許せて、許せませんか?

***

昨夜、私が観た映画ZOO。 監督はRobinson Devor。
ある事件をもとに作られた映画だ。
今年のサンダンス映画祭で大賞の最終選考に残ったフィルムである。
映画館はグリニッチビレッジにあるIFCセンター。
dscn6268.jpg
ニューヨークタイムズではBEAUTIFULと賞したらしい。

ドキュメンタリーではないので登場している人物は俳優さんだが、ありがちな再現フィルムとは違う。
映像美にこだわって撮影されているからだ。叙情的で、大変美しい風景が画面に広がる。
事件だからといって三面記事的な作風ではない。

ある事件とは、2005年7月2日、ワシントン州のとある田舎の緊急救命室に一人の中年の男が
運ばれた。運んだ男はさっさと姿を消す。男は大腸が破裂したことにより出血多量で死亡。
警察の捜査により、死んだ男(45歳)はインターネットで知り合った仲間と牧場でいろいろな動物とセックスし、
その模様を撮影し、インターネットにアップロードしていたのだ。
普通、動物を相手に男性が及ぶ性行為を考えた場合、能動的だと想像するが、彼らは違った。
挿入される方なのだ。
Zoophiles(ズーフィリア)つまり人間以外の動物に性愛を感じる嗜好の持ち主で彼らは自分達をZoosと
呼んでいたらしい。映画のタイトルはここに由来している。

警察では殺人(幇助)事件として立件しようとしたが、当時ワシントン州にはBestiality(獣姦)を取り締まる法律はなく、
また動物を無理矢理、性行為に使ったことなどでも罪に問おうとしたができなかった。
死んだ男の仲間は罪に問われることはなかった。もちろん、馬も。
動物愛護者(団体)が騒いだことは想像に難くない。

死んだ男(45歳)は、ハンドルネームをMr.Handsといい、後日ボーイング社のエンジニアだったことが判明。
妻子もいた。

シアトル・タイムズの記事はこちら

***

この作品は、ドキュメンタリーでもないし、再現フィルムではないので、事細かに死んだ男が馬と何をしたかは語られていない。唯一、馬の持ち主夫婦が警察において、自分達の馬か否かを確認する際の映像で本物の映像が少し流れる程度だ。

全体的に観念的過ぎて、本題がよく分からないという批評も読んだ。
映像美に固執してメインテーマがよく分からないと私もそう思った。

私は人それぞれ嗜好が違って当然だし、嗜好が一般と異なるから非難してはいけないと思う。
それでも、私の小さな想像力を遥かに超える男性の底知れぬ性への欲望を認識しおののいたのも事実で、
流れた本物の映像にあった男の裸のお尻と馬のペニスが眼底に残像となり、死んでしまったが、当時は生きいて歓喜の声を上げていた男の声が残響として昨夜は私を悩ませた。
それは死因になったその夜の映像ではないらしい。それが救いか。

***

昨夜、友だちから電話が来たついでに、Zooの話をすると、
「私ならば夫がそのように死んでもきっと誇りに持つに違いない」と言われた。
リベラルな人間に思われていて嬉しいような、しかし、苦しいような、しかし、夫を理解しようと牧場に出掛け、
夫が愛して止まなかった馬に会いに行くであろうと思った。

***

前述の究極の3つの質問。どれも真実であった。

zoo.jpg
映画のポスター。馬の目の中に裸の男が……。